彼女の導き

公開日: ちょっと切ない話 | 仕事 | 恋愛

彼女(フリー写真)

もう2年も前の話になる。

当時、俺は医学生だった。彼女も居た。

世の中にこれ以上、良い女は居ないと思う程の女性だった。

しかし彼女はまだ若かったにも関わらず、突如として静脈血栓塞栓症でこの世を去った。

その時の自分は相当、精神不安定に陥っていたと思う。

葬式の時、彼女の母親が俺にこう告げた。

「あの子、亡くなる直前にあなた宛にこんな言葉を言ったわ…」

『○○君は優しいね。

私が死んだら相当落ち込むかもしれないけど、落ち込んじゃだめだよ。

ずっと一緒なんだから。

私のような人を沢山救ってね』

そして、そのまま眠るように亡くなったらしい。

その彼女の言葉を聞いた俺は、涙が溢れ出して来た。今までに無い涙の量だった。

彼女の最後の言葉が俺の事で、つまり俺の事が一番大切だったなんて思うと、余計に涙が溢れて来た。

俺はその時、亡き彼女に誓った。

お前の命は絶対に無駄にしない、と。

そして今現在、俺は心臓外科医を勤めている。

もうあんな悲しい結末は経験したくないからでもあり、彼女に誓ったからでもある。

時々彼女は、俺の夢の中に出て来て、とびっきりの笑顔を見せてくれる。

その最高の笑顔は、俺の活躍を祝福してくれる。

そして俺を立派な医師になるための道に導いてくれるのだ。

関連記事

オフィス(フリー写真)

苦手だった部長

その時の部長は凄く冷たくて、いつもインテリ独特のオーラを張り巡らせている人だった。 飲みに誘っても来ることは無いし、忘年会などでも一人で淡々と飲むようなタイプ。 俺はよく怒…

日記帳(フリー写真)

天国の恩人

私はキャバクラ嬢でした。 家がとても貧乏で、夜に働きながら大学へ行きました。 そんな私の初めてのお客様。 Yさん、70歳のお爺ちゃんです。 彼はとても口下手で、…

子供の寝顔(フリー写真)

お豆の煮方

交通安全週間のある日、母から二枚のプリントを渡されました。 そのプリントには交通事故についての注意などが書いてあり、その中には実際にあった話が書いてありました。 それは交通…

スケッチブック(フリー写真)

手作りのアルバム

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった。 だから写真の代わりに、母さんが色鉛筆で俺の絵を描いてアルバムにしていた。 絵は決して上手ではない。 た…

電車内から見る駅のホーム(フリー写真)

おとうさんという言葉

その日は約束の時間ぎりぎりに、舞浜駅のホームから階段を降りた。 雑踏の中には元妻と、ミニリュックを背負った小学3年生の息子が待っていた。 半年ほど見ない間に一回り大きくなっ…

ハート(フリー素材)

残りの一年

彼女に大事な話があるからと呼び出した。 彼女も俺に大事な話があると言われて待ち合わせ。 てっきり別れると言われるのかと思ってビビりながら、いつものツタヤの駐車場に集合。 …

夫婦の手(フリー写真)

空席に座る子

旦那の上司の話です。亡くなったお子さんの話だそうです。 主人の上司のA課長は、病気で子供を失いました。 当時5歳。幼稚園で言えば、年中さんですね。 原因は判りません…

東京ドーム(フリー写真)

野球、ごめんね

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。 学も無く技術も無かった母は、個人商店の手伝いのような仕事で生計を立てていた。 それでも当時住んでいた土地にはまだ人…

花(フリー写真)

綺麗なお弁当

遠足の日、お昼ご飯の時間になり、担任の先生が子供たちの様子を見回って歩いていた時のことです。 向こうの方でとても鮮やかなものが目に入って来ました。 何だろうと思い近寄って見…

バラの花束(フリー写真)

大きなバラの花束

接客を何年か担当してくれていた優秀な女性スタッフが、その店を辞めることになった。 店長は、一生懸命仕事をしてくれた彼女に何かお礼がしたかった。 いよいよ彼女の最後の出勤の日…