変わらないもの

公開日: ちょっと切ない話 | 友情

友情(フリー写真)

俺たち小学校から高校までずっと一緒だったよな。

高卒後、俺は就職、お前はフリーター。

学歴社会の昨今、

「俺たちゃ負け組じゃねぇよな!がんばろうぜ!」

と、よく鼓舞し合ってたな。

25歳になった頃。

俺が初めての役職に就いた日、嬉しくてすぐに連絡したよな?

その時、お前の言った言葉。

「そんな普通な生き方、楽しいか?」

俺は悲しくて、頭に来て言ったよ。

「25歳でフリーターやってるお前には解らねぇよ」

あの日から、俺たちは連絡を取らなくなって、もう14年か…。

お互い39歳なんてオッサンだな。

実は、来年娘が中学生になるんだ。

俺もそれなりの役職にステップアップしたよ。

「お前はどうだ?」

なんて聞かないよ。

その身なりをみれば、久々の訪問理由も想像がつく…。

何も聞かないさ。

持って行けよ。

普通の40歳の給料2ヶ月分は入ってるからさ…。

「…スマン」

お前の呟きも聞こえないふりをするよ。

さあ、帰ってくれ。

金は返さないでいいから…。

家族に見られたくないんだ。

こんな姿の親友がいるなんて知られたくない。

近所の目もある…。

何度も振り返り、頭を下げて小さくなって行くお前を見ながら思った。

俺はいつから人目を気にするようになったのかな…。

親友を厄介者扱いするような人間になったのかな。

俺たちゃ負け組じゃねぇよな。

がんばろうぜ。

恋人同士(フリー写真)

彼女のために出来ること

まだ一年程前の事です。 彼女がこの世を去りました。病死です。 その彼女と出会ったのは7年前でした。彼女はその頃、大学1年生でした。 彼女には持病があり、 「あと…

手を繋ぐ恋人(フリー写真)

握り返してくれた手

今から6年前の話です。 僕がまだ十代で、携帯電話も普及しておらずポケベル全盛期の時代の事です。 僕はその頃、高校を出て働いていたのですが、二つ年上の女性と付き合っていました…

河川敷(フリー写真)

白猫のみーちゃん

私がまだ小学生の頃、可愛がっていた猫が亡くなりました。真っ白で、毛並みが綺麗な可愛い猫でした。 誰よりも私に懐いていて、何処に行くにも私の足元に絡み付きながら付いて回り、寝る時も…

レトロなサイダー瓶(フリー写真)

子供時代の夏

大昔は、8月上旬は30℃を超えるのが夏だった。朝晩は涼しかった。 8月の下旬には、もう夕方の風が寂しくて秋の気配がした。 泥だらけになって遊びから帰って来ると、まず玄関に入…

夕陽(フリー写真)

親父からの感謝の言葉

俺の親父は我儘な人だった 小遣いは母親から好きな時に好きなだけ貰い、そのくせ下手なギャンブルでスっては不機嫌な様子で家に帰って来て、酒を飲みまくり暴れるような人だった。 幸…

パソコン(フリー写真)

母からのメール

私が中学3年生になって間もなく、母が肺がんであるという診断を受けたことを聞きました。 当時の自分は受験や部活のことで頭が一杯で、生活は大丈夫なのだろうか、お金は大丈夫なのだろう…

老夫婦(フリー写真)

夫婦の最期の時間

福岡市の臨海地区にある総合病院。 周囲の繁華街はクリスマス商戦の真っ只中でしたが、病院の玄関には大陸からの冷たい寒気が、潮風となって吹き込んでいたと思います。 そんな夕暮れ…

夕日と夫婦(フリー写真)

どうしてですか(゚Д゚)ゴルァ!

どうして私がいつもダイエットしている時に、(・∀・)ニヤニヤと見つめやがりますか(゚Д゚)ゴルァ! どうして私が悪いのに、ケンカになると先に謝りますか(゚Д゚)ゴルァ! …

兄弟(フリー写真)

最強最高の兄ちゃん

両親は俺が中学2年生の時、交通事故で死んだ。 俺には4つ上の兄と、5つ下の妹が居る。 両親の死後、俺は母方の親戚に、妹は父方に引き取られて、兄は母方の祖父母と住んでいた。 …

赤ちゃんの足を持つ手(フリー写真)

ママの最後の魔法

サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 その時、サキちゃんはまだ2歳だった。 「あなた、サキのためにビデオを3本残します。 このビ…