お袋からの手紙

親子(フリー写真)

俺の母親は俺が12歳の時に死んだ。

ただの風邪で入院してから一週間後に、死んだ。

親父は俺の20歳の誕生日の一ヶ月後に死んだ。

俺の20歳の誕生日に、入院中の親父から手紙を渡された。

黄ばんだ封筒を開けると、セロハンテープの跡がくっきり写っている。

中を読むとお袋からの手紙だった。

『パパになったたけしへ』と題された手紙には、俺が生まれた時のことから、中学の入学した頃までのことが書いてあった。

生まれた子が俺で良かったって。

短い間だったけど楽しかったって。

感謝してるって。

でも、ゴメンって。

だからあなたの子供には、あなたと同じ思いはさせないで頂戴って。

泣きながら読んでいる俺に親父が謝った。

すまんなって。

でも、何を謝ることがあるのか。

お袋が死んでから親父は俺のために一生懸命になってくれた。

遊びにも連れて行ってくれた。

反抗期の息子に何を言われても黙っていた。

俺は知っていた。

お袋が死んだ直後、親父の手に出来た沢山の包丁傷の痕。

あれほど好きだったゴルフを止めたこと。

いつの間にかタバコも止めてたな。

こっちこそゴメン。

ダメな息子でゴメン。

俺は普通の人より早く両親を亡くしているけど、他の誰にも負けないくらい幸せだ。

家族3人で過ごした思い出は、何よりの宝物。

父さん、母さん、ありがと、ほんとにありがと。

渓流(フリー写真)

お母さんと呼んだ日

私がまだ小学2年生の頃、継母が父の後妻として一緒に住むことになった。 特に苛められたとかそういうことは無かったのだけど、何だか馴染めなくて、いつまで経っても「お母さん」と呼べない…

家の居間(フリー写真)

妹を守る兄

兄が6歳、私が2歳の頃に両親が離婚した。 私にその当時の記憶は殆ど無く、お父さんが居ないことを気にした覚えもありませんでした。 小学生に上がる頃に母が再婚し、義理の父が本当…

結婚式(フリー写真)

前彼の祝福

学生時代、彼氏を事故で亡くした。 引き摺りまくって、もう新しい彼氏も結婚も要らないと荒み、誘いも蹴り告白も断った。 お一人様の老後を設計していたのだけど、ある日いきなりご縁…

子猫(フリー写真)

こはくちゃん

彼女を拾ったのは、雪がちらほらと舞う寒い2月の夜。 友人数人と飲みに行った居酒屋でトイレに行った帰り、厨房が騒がしかったので『何だ?』と思ったら、小さな子猫を掴んだバイトが出て来…

炊き込みご飯(フリー写真)

母の炊き込みご飯

俺は小学生の頃、母の作った炊き込みご飯が大好物だった。 特にそれを口に出して伝えた事は無かったけど、母はちゃんと解っていて、誕生日や何かの記念日には、我が家の夕食は必ず炊き込みご…

天国(フリー写真)

思いやり

地獄にある食堂のテーブルの上には、沢山の美味しそうなお料理が乗っています。 食事の時間になると、地獄に居る人間達が食堂に続々と入って来ます。 彼らはいつも愚痴ばかりで不平…

電車内から見る駅のホーム(フリー写真)

おとうさんという言葉

その日は約束の時間ぎりぎりに、舞浜駅のホームから階段を降りた。 雑踏の中には元妻と、ミニリュックを背負った小学3年生の息子が待っていた。 半年ほど見ない間に一回り大きくなっ…

春の路地(フリー写真)

命よりも大切な友達

お前は俺にとって、命よりも大切な友達だ。 小学校2年の時、友達も居なかった俺の誕生日に、プレゼントとしてチョロQを持って来てくれた。 その時の600円というのは、俺達にとっ…

ラグビー場(フリー写真)

ラグビーと恩師

私は高校時代に万引きをして、人生観が変わりました。 中学から好きだった野球を続ける為に、有名な強豪校に希望して入りました。 しかしボールを触らせて貰えず、毎日ボール拾いばか…

花屋さん(フリー写真)

助け合い

会社で、私の隣の席の男性が突然死してしまった。 金曜日にお酒を飲み、電車で気分が悪くなって、途中下車して駅のベンチで座ったまま亡くなってしまった。享年55歳。 でも、みんな…