お袋からの手紙

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 | 心温まる話 | |

親子(フリー写真)

俺の母親は俺が12歳の時に死んだ。

ただの風邪で入院してから一週間後に、死んだ。

親父は俺の20歳の誕生日の一ヶ月後に死んだ。

俺の20歳の誕生日に、入院中の親父から手紙を渡された。

黄ばんだ封筒を開けると、セロハンテープの跡がくっきり写っている。

中を読むとお袋からの手紙だった。

『パパになったたけしへ』と題された手紙には、俺が生まれた時のことから、中学の入学した頃までのことが書いてあった。

生まれた子が俺で良かったって。

短い間だったけど楽しかったって。

感謝してるって。

でも、ゴメンって。

だからあなたの子供には、あなたと同じ思いはさせないで頂戴って。

泣きながら読んでいる俺に親父が謝った。

すまんなって。

でも、何を謝ることがあるのか。

お袋が死んでから親父は俺のために一生懸命になってくれた。

遊びにも連れて行ってくれた。

反抗期の息子に何を言われても黙っていた。

俺は知っていた。

お袋が死んだ直後、親父の手に出来た沢山の包丁傷の痕。

あれほど好きだったゴルフを止めたこと。

いつの間にかタバコも止めてたな。

こっちこそゴメン。

ダメな息子でゴメン。

俺は普通の人より早く両親を亡くしているけど、他の誰にも負けないくらい幸せだ。

家族3人で過ごした思い出は、何よりの宝物。

父さん、母さん、ありがと、ほんとにありがと。

関連記事

桜(フリー写真)

春一番と親切なカップル

春一番が吹き荒れた日。 本当に物凄い強風で、その日は朝から店の看板が倒れたりトラブル続きで、ずっと落ち着かず疲れ切っていた。 そんな時、若いカップルのレジをしていると、彼氏…

女性の後姿(フリー写真)

宝物ボックス

俺が中学2年生の時だった。 幼馴染で結構前から恋心も抱いていた、Kという女子が居た。 でもKは、俺の数倍格好良い男子と付き合っていた。俺が敵う相手ではなかった。 彼女…

カフェ

遠くて近い二人

私はファミリーレストランでのひとときを静かに過ごしていました。 目の前のテーブルには、スーツ姿の中年の男性と、鮮やかな制服の女子高生が座っていました。 男性は痩せており、…

ラーメン(フリー写真)

母ちゃんとラーメン

今日、俺は珍しく母ちゃんを外食に誘った。 行き先は、昔からよく行く馴染みのラーメン屋だった。 俺は味噌ラーメンの大盛り、母ちゃんは味噌ラーメンの並盛りを頼んだ。 「昔…

朝焼け空(フリー写真)

自衛隊最大の任務

「若者の代表として、一つだけ言いたいことがあります…」 焼け野原に立つ避難所の一角で、その青年は拡声器を握り締め話し始めた。 真っ赤に泣き腫らした瞳から流れる涙を拭いながら…

空(フリー写真)

祖父の恩人

仕事でどうしようもないミスをしてしまい、次の日に仕事に行きたくないと鬱ぎ込んでいた時の事だ。 家に帰りたくなく、仕事帰りにいつもは乗らない電車に乗って他県まで行ってみた。 …

インドネシアの朝焼け(フリー写真)

インドネシア建国の神話

1602年、オランダはジャワ島に東インド会社を設立し、植民地経営を始めました。 首都のジャヤカルタはバタヴィアに改称され、以降350年間に渡って、オランダは東ティモール以外の領…

散歩する親子(フリー写真)

家族三人で過ごした思い出

私の母親は、私が12歳の時に亡くなりました。 ただの風邪だったのに、入院してから1週間後にはもういなくなってしまったのです。 そして、父親も私が20歳の誕生日の1ヶ月後に…

プログラミング(フリー素材)

パパの一時間はいくら

プログラマーの父は、今日も仕事で疲れ切って遅い時間に帰って来た。 すると、彼の5歳になる娘がドアのところで待っていたのである。 彼は驚いて言った。 「まだ起きていた…

吹雪(フリー写真)

ばあちゃんの手紙

俺の母方のばあちゃんは、いつもニコニコしていて、かわいかった。 生んだ子供は四姉妹。 娘が全員嫁いだ後、長いことじいちゃんと二人暮らしだった。 そして、じいちゃんは2…