愛と犠牲

コスモス

数年前、私が中学2年生のときに、私たち兄弟の両親は交通事故で亡くなりました。私たちは三兄弟で、私は真ん中の子、4歳上の兄と5歳下の妹がいます。

事故後、私は母方の親戚に、妹は父方の親戚に引き取られ、兄は母方の祖父母と暮らしていました。

あれから一年が経ち、久しぶりに兄から連絡がありました。彼は高校を卒業して、私たち三兄弟で再び一緒に暮らそうと提案してきました。兄は本来なら一流大学に進むはずでしたが、進学を諦めていたのです。

「大学はどうしたんだ?」と尋ねると、兄は笑って、「全滅だった。そこは触れないでくれ」と答えました。

私が中学3年生、妹が小学3年生だったため、当然、親戚はこの提案に反対しました。しかし、私たちは再び兄弟で一緒に暮らすことを望んでいたので、親戚を説得し、ついに許可を得ることができました。

その後、私たちは兄弟三人で一緒に住むことが叶いました。兄は私たちのために昼夜問わず働き、私たちが貧乏だと感じさせないように努力し続けました。兄は常に私たちを第一に考え、私たちに小遣いまでくれていました。

しかし、幸せな時間は長くは続きませんでした。兄は先月、交通事故で亡くなってしまいました。

兄の葬式では、私も妹も慟哭しました。葬式が終わり、人々が帰った後、叔母が夕飯を持って来てくれたとき、兄についての衝撃の事実を知りました。

両親が亡くなった後、兄は親戚に頭を下げて私たちの面倒を見るよう頼み、自分のバイト代を毎月送って、私たちの小遣いにしてほしいと頼んでいたのです。そして、私たちと一緒に住むために、京都大学の進学を諦めて就職していたのでした。

兄の犠牲と愛情の深さを知り、私は泣き崩れました。兄がいつも私たちのために尽くしてくれたこと、自分の夢を犠牲にしてまで私たちを支えてくれたことに、心から感謝しました。

兄は私たちに最強最高の存在であり、彼のようになれるように頑張ります。妹のことも大切にし、兄の愛を受け継いで生きていきます。

ありがとう、兄さん。あなたの愛と犠牲は決して忘れません。

関連記事

蛍(フリー写真)

蛍は亡くなった人の魂

祖父が死んで、もう12年になる。 幼い頃から、 「蛍は亡くなった人の魂だから、粗末に扱うな」 と祖父に教えられてきた。 ※ 去年の8月15日の夜、父と俺とで家族総…

夫婦(フリー写真)

奥さんの日記

嫁の日記を盗み読みしたら、いつも昼飯は納豆ご飯やお茶漬けしか食べていないことが判った。 友達とファミレスに行くのも月に一度と決めているらしい。 俺に美味しい料理を食べさせた…

終電の車内(フリー写真)

親切の輪

終電の発車間際に切符なしで飛び乗り、車掌さんが回って来た時に切符を買おうと財布を出そうとしたが、財布がなかった。小銭入れもない。 どこかで落としたのだろうか。 途方に暮れた…

工事現場(フリー写真)

鳶職の父

公用で M高校へ出かけたある日のことだった。 校長先生が私達を呼び止められ、 「もし時間がありましたらお見せしたいものがありますので、校長室までお越しください」 と…

フライト(フリー写真)

相手を思い遣る心

国内線のCAとして、多い時で一日に 2,000人以上のお客様と接してきた私は、 『人の思いや気持ち(内面)は、日常の行動(外面)に現れる』 ことを学びました。 12…

卵焼き(フリー写真)

親父の弁当を捨てた

小学1年生の秋に、母親が男を作って家を出て行き、俺は親父の飯で育てられた。 当時は親父の下手な料理が嫌で堪らず、また母親が突然居なくなった寂しさも相まって、俺は飯の度に癇癪を起こ…

飛行機雲(フリー写真)

飛行機雲のように

「空に憧れて、空を駆けてゆく あの子の命は、飛行機雲」 その歌の通りでした。 小さい頃から、 「僕、ぜーったいパイロットになるからね!」 と言っていたあ…

シャム猫(フリー写真)

父親と猫のミル

家にはもう十年飼っていた猫が居たんだ。 家の前は昔、大きな広場で、その猫はその広場の片隅にある車の中で寝ていた子猫だった。 俺と姉ちゃんでその猫を家の庭まで連れ帰って来ちゃ…

夕陽(フリー写真)

親父からの感謝の言葉

俺の親父は我儘な人だった 小遣いは母親から好きな時に好きなだけ貰い、そのくせ下手なギャンブルでスっては不機嫌な様子で家に帰って来て、酒を飲みまくり暴れるような人だった。 幸…

花火(フリー写真)

花火とプロポーズ

2012年の夏。 付き合って2年になる彼女がいた。 彼女とは中学の同級生で、成人してから付き合い始めた。 同窓会で2年振りの再会。 お互いにどんな性格なのか、趣…