膝枕

公開日: 心温まる話 | 恋愛

オフィスの机(フリー写真)

昔、飲み会があるといつも膝枕をしてくれる子が居たんだ。

こちらから頼む訳でもなく、何となくしてもらう感じだった。

向こうも嫌がるでもなく、俺を膝枕しながら他の奴らと飲んでいる、という感じ。

別に付き合っている訳でもなかった。単なる会社の同僚。

可愛かったけど。

セクハラという言葉が世間に広まり始めた頃、俺も上司から

「宴会であまり破目外すなよ」

とサラッと言われたんだ。

すぐに『あの子、本当は嫌だったんだな…』と少し凹んだ。

上司に相談するほど嫌われていたのかってさ。

宴会で膝枕しなくなって暫く経ち、一人で年末に休日出勤していた時、たまたまその子が会社にやって来たんだ。

どうも昨日貰ったカレンダーを忘れていたらしい。

もう良い大人だから、例の事件からも特によそよそしくはならなかったんだけど、やはり二人きりだと気まずい。と言うか会話し辛い。

だから最初にちょっと挨拶しただけ。

それで、その子がカレンダーを取ったからもう帰るのかと思ったら、こっちに来たんだ。

『何か用か?』とは思いつつも、こちらからは話し掛けずにパソコンを見ていたら、

「あのさ」と話し掛けてくる。

「何?」とこちらも普通に返すと、

「最近、膝枕してこないよね?」と言ってきた。

『嫌がってるのはお前だろ』と思いつつも、

「いや、セクハラ話題になってるし(笑)」

と返すと、営業所内の喫煙エリアにあったソファーの方へ行って座り、膝をポンポンと叩く。

「何やってんの?(笑)」と聞いたら、

「おいで」って。

それが今の嫁さん。

関連記事

渋滞(フリー写真)

迷彩服のヒーロー

一昨年の夏、私は5歳の息子を連れて、家から車で1時間の所にある自然博物館の昆虫展へ向かっていました。ムシキングの影響で、息子はとても楽しみにしていました。 あと数キロと言う地点で…

終電の車内(フリー写真)

親切の輪

終電の発車間際に切符なしで飛び乗り、車掌さんが回って来た時に切符を買おうと財布を出そうとしたが、財布がなかった。小銭入れもない。 どこかで落としたのだろうか。 途方に暮れた…

母(フリー写真)

母のビデオテープ

俺は小さい頃に母親を亡くしている。 それで中学生の頃は恥ずかしいほどグレた。 親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探していると、一本のビデオテープがあった。 俺は…

恋人(フリー写真)

彼女の遺言

大学時代の同級生仲間で、1年の時から付き合っているカップルが居ました。 仲良しで、でも二人だけの世界を作っている訳ではなく、みんなと仲良くしていました。 私は女の方の一番の…

プリン・ア・ラ・モード(フリー写真)

誕生日会と親友

僕が小学4年生の時、10歳の誕生日会を開くことになった。 土曜日に仲の良い友達みんなに声を掛けた。 「明日来てくれる?」 みんなは、 「うん!絶対行くよ!」 …

彼女(フリー写真)

忘れられない暗証番号

元号が昭和から平成に変わろうとしていた頃の話です。 当時、私は二十代半ば。彼女も同じ年でした。 いよいよ付き合おうかという時期に、彼女から私に泣きながらの電話…。 「…

結婚指輪(フリー写真)

ずっと笑っていてね

去年の夏、彼女が逝きました。 ある日、体調が優れないので病院へ。 検査の結果、癌。 余命半年と診断されました。 最期まで「もっと生きたい」「死にたくない」とは言…

空(フリー写真)

才能の代わりに

小学生の時、少し知恵遅れのA君が居た。 足し算、引き算などの計算や、会話のテンポが少し遅い。でも、絵がとても上手な子だった。 彼はよく空の絵を描いた。抜けるような色合いには…

手紙(フリー写真)

亡くなった旦那からの手紙

妊娠と同時に旦那の癌が発覚。 子供の顔を見るまでは…と頑張ってくれたのだけど、ちょっと間に合わなかった。 旦那が居なくなってしまってから、一人必死で息子を育てている。 …

赤ちゃんの足を持つ手(フリー写真)

ママの最後の魔法

サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 その時、サキちゃんはまだ2歳だった。 「あなた、サキのためにビデオを3本残します。 このビ…