お兄ちゃん

公開日: 兄弟姉妹 | 子供 | 家族 | 心温まる話 | 長編

結婚式(フリー写真)

この間、友人の娘の結婚式に出席した。

私と友人は高校からの友達で、かれこれ30年以上の付き合いで、その娘の事も知っている。

その子の結婚式という事で電話が来て出席する事にした。

しかしその子、本当は友人の娘ではなく、友人が20歳の時に生まれた妹だ。

なぜ妹を娘としていたのかと言うと、友人が21歳の時に両親が事故で他界。

家族は兄妹二人となり、親の居ない家族として育てるよりも、片親ではあるが父親の居る家族として育てた方が妹のためにもなるのではと、彼なりに判断したからである。

当時その事で友人から相談された時、私は凄く反対した。

確かに妹の事を考えればそれが良いのかもしれないが、お前自身はどうなるのか?

21歳やそこらで子供一人、しかも片親として育てる事は、幾ら何でも無理があり過ぎる。

母親の事を尋ねられたらどう答えるのか?

そもそも戸籍を見られた際に気が付く。

祖父の元で育ててもらった方が良いのではないか?

それに友人自身の将来の結婚などの事もどうするのか?

それらの事を友人に尋ねると、友人は父親母親方の祖父は既に病気で他界、親戚に預けるのも嫌。

それ以前に自身、両親が他界し辛い時に妹の笑顔に救われた。

この子が無事育ってくれるのならば、自分の幸せは二の次でも構わない。

そう言われたら私自身何も言い返せず、ただ

「辛い道なのかもしれないが、頑張れ」

としか言えなかった。

それから友人は家事と仕事、妹の育児とで一生懸命だった。

私も「何か手伝える事はないか?」と時折聞いてはみたものの、酒に付き合い話を聞くぐらいしか出来る事は何もなかった。

私の知る限り、その子が友人が父親ではなく兄という事を知っている様子はなく、また友人からそのような話を聞いた事もなかったので、上手く行っているのであろうと思っていた。

その子の結婚式も順調に新郎の会社の方、友人のスピーチなど全てが順調に進んでいた。

そして新婦が手紙を読み始めた。

よくある内容の父への手紙である。

「お父さん、今まで本当にありがとう」

そう言って娘さんは泣いていた。

泣きじゃくっていた。

しかしそこで事態は変わった。

娘が一向に続きを読まないのである。

そして首を横に振りながら何か訴えている。

何が起こったのか解らず、周りはざわつき始めた。

次の瞬間、彼女の口から

「お兄ちゃん」

という言葉が出てきた。

私は口から心臓が飛び出るかと思った。

きっと友人もそうに違いない。何せ顔色が一瞬にして変わっていた。

彼女は全て知っていたようである。

何でも高校生の時、書斎を整理している際に偶然友人の日記を見つけ読んだらしく、その時に自分が娘ではなく妹である事を知ったようである。

彼女は言葉にならないほど、泣きながら友人に感謝の言葉を言っていた。

そしてそれと同時に謝罪もしていた。

自分のせいで兄の人生を狂わせてしまった。

本当にごめんなさいと何度も謝っていた。

友人は、

「それは違う。俺の人生はつまらないものじゃない。

お前がこんなに大きく育ってくれた。

それだけで俺には十分だ」

そう言っていた。

俺も自分の事ではないのにも関わらず涙が流れていた。

そうして周りから拍手が送られ、何事もなかったかのように式は進んで行き、結婚式は終わった。

私は友人とその後、居酒屋へ行き酒を飲みながら話をした。

話をしながら友人は妹の事を思い出し、涙を流していた。

私はその時、友人に「お疲れ様」と言ってやった。

友人は笑いながら「いえいえ」と言い泣いてた。

友人が今一番楽しみにしているのは、孫が生まれる事らしい。

白猫(フリー写真)

猫の導き

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら、痩せてガリガリの子猫が庭にいた。 両親にせがんで家に連れて帰り、その猫を飼う事になった。思い切り可愛がった。 猫は太って元気になり、…

ラムネ(フリー写真)

笑顔でいるんだ

俺が小学生の頃、家のすぐ近くにお好み焼屋があったんだ。 その店はお婆さんが一人でやっているお店で、細々と続いていた。 俺はその頃いじめられててさ、でも家に帰っても家族には何…

朝焼け空(フリー写真)

自衛隊最大の任務

「若者の代表として、一つだけ言いたいことがあります…」 焼け野原に立つ避難所の一角で、その青年は拡声器を握り締め話し始めた。 真っ赤に泣き腫らした瞳から流れる涙を拭いながら…

桜(フリー写真)

進学を願ってくれた母

僕の家は兄弟三人の母子家庭です。 母子家庭という事もあり、母は何も言わなかったけど家庭は火の車でした。 電気が止まった時も。 ガスが止まった時も。 中学の校納金…

手紙(フリー写真)

神様に宛てた手紙

四歳になる娘が字を教えて欲しいと言ってきたので、どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。 ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。 「○○ちゃんから…

家族の影(フリー写真)

家族で笑った思い出

数年前に、実家の一家の大黒柱である父が倒れた。 脳梗塞で、一命は取り留めたものの麻痺が残ってしまった。 母は親戚(成年後見人)に上手いことを言われて離婚させられた。 …

海の父娘(フリー写真)

例え火の中でも

私の両親は小さな喫茶店を営んでいます。 私はそこの一人娘で、父は中卒で学歴はありませんが、とても真面目な人でした。 バブルが弾けて景気が悪化して来た頃、父は仕事の暇な時間に…

乾杯(フリー写真)

俺の夢

僕達兄弟には元々親が居らず、養護施設で育ちました。 3つ上の兄は、中学を出るとすぐに鳶の住み込みで見習いになり、その給料は全て貯金していました。 そのお金で僕は私立の高校を…

月明かり(フリー写真)

お月さんの下で

昨日、彼女の家の犬が死んだ。 彼女の家は昔、彼女の兄貴が高校生という若さで自殺してから、両親も彼女もうつ病になって酷い状態だったらしい。 そんな時に引き取って来た犬だったそ…

豚骨ラーメン(フリー写真)

父の記憶

俺の父は、俺が6歳の時に死んでしまった。 ガンだった。 確か亡くなった当時の年齢は34歳だったと思う。 今思えばかなりの早死にだった。 呆気なく死んでしまった…