切ない勘違い

公開日: 悲しい話

赤ちゃんと母(フリー写真)

私は他の人よりちょっと多くの体験をしてきたと思います。

高校生の時、青信号で自転車で横断中、左折して来たトラックに真正面から撥ねられました。

自転車ごと跳ばされショックの中起き上がると、私の前に停めたトラックの運転席から顔を出したドライバーに助けられるどころか「危ないだろ!!」と、怒鳴られました。

その後、ボロボロの私はトボトボ家に向かっていると、片側通行止めのため停まっている先程のトラックを発見しナンバーを控え、無事捕まりました。

当日はショックで痛みは感じなかったのですが、次の朝は起き上がる事ができませんでした(全身打撲との診断)。

二十歳の時、お腹がじわじわと痛くなり、一晩眠れずに便秘だと思い込み、仕事へ行く前に薬局で下剤を買わなきゃなどと考えていると、朝方痛みで朦朧となり階段から転げ落ちました。

驚いた父親に病院に連れて行かれると腹膜炎を起こしており、原因は卵巣嚢腫。

お腹を縦に30センチも切りました。

卵巣は残しましたが、妊娠の可能性はほぼ無いとの診断でした。

22歳の時、子供は望めない事を承諾してくれた彼と結婚。

しかし、1年後に何と妊娠しました。

驚きと喜びで病院へ行くと、子宮外妊娠でもなく正常。「奇跡だね」と担当医も喜んでくれました。

まさか自分が親になれるなんて、彼を父親にできるなんて!

二人で泣いて喜びました。

しかし…子宮がんの検査に引っかかり、最初は担当医も体調で出る事があるけどほぼ再検査したら大丈夫だからと言われ一安心。

ですが、事態はどんどん悪化します。3度の検査をして、子宮がんでした。

がん細胞が多すぎて、一番ひどい皮膚を採取できているかどうかも分からない。

その時、妊娠3ヶ月。

「このままあと7ヶ月子供が生まれるまで放って置いたら、あなたの身体がどうなるか分かりません。

すぐに子供をおろして手術することをお勧めします」

まさに天国から地獄…。

結果、担当医や家族と何度も何度も話し合いの結果、流産を覚悟した上で、部分麻酔で手術中何度も病理検査をしながら、子宮の入り口を取れるところまで取ってもらい、元気な女の子を無事出産。

術後予定していた抗がん剤治療もなく、何事もなかったかのように普通の母親になることができました。

命に関わるような事はこの3つですが、他にも小さい外科の手術は2つ受けています。

でも、痛い思いはするものの私はとっても元気です。

私は何て運が良いのだろう。何があっても絶対神様が助けてくれる。

なんて恵まれているのか…。

と、ずっと思ってい生きて来ました。

ところがある日、ある人に

「何て不幸な人生なの!普通そんな経験、その若さでありえない。よく頑張ったね」

と言われ唖然…。

運が良いんじゃなくて、悪かったのかと、初めて気付きました。

夕日が見える町並み(フリー写真)

幸せだった日常

嫁と娘が一ヶ月前に死んだ。 交通事故で大破。 単独でした。 知らせを受けた時、出張先でしかも場所が根室だったから、帰るのに一苦労だった。 でもどうやって帰ったの…

公園(フリーイラスト)

友達の大切さ

幼稚園の頃から仲が良かった親友が居た。 俺たちはいつも4人で遊んでいた。 どんな時も、一緒に遊んでいた。 彼女についての相談をしたり馬鹿言ったり、喧嘩したり。 …

家族(フリー写真)

娘への遺言

レミオロメンの「3月9日」という曲が流れる度に、私は泣きそうになります。 両親は、私が10歳の時に事故死しました。 あの日は家族旅行に行っていました。 帰り道、高速…

夕日(フリー写真)

戦時中のパラオにて

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人が居た。 「あそこでみんな、死んで行ったんだ…」 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人は呟いた。 ※ 太平洋戦争の時、その島には日本軍が進駐…

青空(フリー写真)

彼女に会いに行きたい

俺も元カノを亡くしたよ。もう何年も前だけど。 中学の頃に親父が死んでも大して泣かなかったが、これはボロ泣きした。 彼女とは3年ちょい付き合って、俺の我侭で上手く行かなくなり…

公園(フリー写真)

一緒に遊んでくれた女の子

これは私が小学三年生の頃の話です。 両親が離婚して母子家庭となり、一人で居るのが怖かった私は、しょっちゅう児童館へ行っていました。 学童保育という手もあったのですが、当時は…

終電(フリー写真)

精一杯の強がり

彼とは中学校からの付き合いでした。 中学校の頃から素直で、趣味などでも一つのことをとことん追求するような奴でした。 中学、高校、大学と一緒の学校に通い、親友と呼べる唯一の友…

カップル(フリー写真)

最後の時を過ごす二人

従兄弟が大腸癌で亡くなった。27歳だった。 その彼女は、従兄弟が癌と判ってから、仕事もあったのに毎日病室を訪れ付き添っていた。 結婚の約束もしていたんじゃないかな。 …

朝焼け空(フリー写真)

自衛隊最大の任務

「若者の代表として、一つだけ言いたいことがあります…」 焼け野原に立つ避難所の一角で、その青年は拡声器を握り締め話し始めた。 真っ赤に泣き腫らした瞳から流れる涙を拭いながら…

手を取り合う友(フリー写真)

友達からの救いのメール

僕の友達が事故で亡くなった。 本当に突然のことで何が何だか解らず、涙など出ませんでした。 葬式にはクラスのみんなや友達が沢山来ていました。 友達は遺影の中で笑っていま…