切ない勘違い

公開日: 悲しい話

赤ちゃんと母(フリー写真)

私は他の人よりちょっと多くの体験をしてきたと思います。

高校生の時、青信号で自転車で横断中、左折して来たトラックに真正面から撥ねられました。

自転車ごと跳ばされショックの中起き上がると、私の前に停めたトラックの運転席から顔を出したドライバーに助けられるどころか「危ないだろ!!」と、怒鳴られました。

その後、ボロボロの私はトボトボ家に向かっていると、片側通行止めのため停まっている先程のトラックを発見しナンバーを控え、無事捕まりました。

当日はショックで痛みは感じなかったのですが、次の朝は起き上がる事ができませんでした(全身打撲との診断)。

二十歳の時、お腹がじわじわと痛くなり、一晩眠れずに便秘だと思い込み、仕事へ行く前に薬局で下剤を買わなきゃなどと考えていると、朝方痛みで朦朧となり階段から転げ落ちました。

驚いた父親に病院に連れて行かれると腹膜炎を起こしており、原因は卵巣嚢腫。

お腹を縦に30センチも切りました。

卵巣は残しましたが、妊娠の可能性はほぼ無いとの診断でした。

22歳の時、子供は望めない事を承諾してくれた彼と結婚。

しかし、1年後に何と妊娠しました。

驚きと喜びで病院へ行くと、子宮外妊娠でもなく正常。「奇跡だね」と担当医も喜んでくれました。

まさか自分が親になれるなんて、彼を父親にできるなんて!

二人で泣いて喜びました。

しかし…子宮がんの検査に引っかかり、最初は担当医も体調で出る事があるけどほぼ再検査したら大丈夫だからと言われ一安心。

ですが、事態はどんどん悪化します。3度の検査をして、子宮がんでした。

がん細胞が多すぎて、一番ひどい皮膚を採取できているかどうかも分からない。

その時、妊娠3ヶ月。

「このままあと7ヶ月子供が生まれるまで放って置いたら、あなたの身体がどうなるか分かりません。

すぐに子供をおろして手術することをお勧めします」

まさに天国から地獄…。

結果、担当医や家族と何度も何度も話し合いの結果、流産を覚悟した上で、部分麻酔で手術中何度も病理検査をしながら、子宮の入り口を取れるところまで取ってもらい、元気な女の子を無事出産。

術後予定していた抗がん剤治療もなく、何事もなかったかのように普通の母親になることができました。

命に関わるような事はこの3つですが、他にも小さい外科の手術は2つ受けています。

でも、痛い思いはするものの私はとっても元気です。

私は何て運が良いのだろう。何があっても絶対神様が助けてくれる。

なんて恵まれているのか…。

と、ずっと思ってい生きて来ました。

ところがある日、ある人に

「何て不幸な人生なの!普通そんな経験、その若さでありえない。よく頑張ったね」

と言われ唖然…。

運が良いんじゃなくて、悪かったのかと、初めて気付きました。

関連記事

手を繋ぐカップル(フリー写真)

最初で最後のキス

私が小学生の頃、初めて人を好きになりました。 上級生だったのですが、誰にでも分け隔てなく優しい人で、誰もが彼を好いていました。 そんな彼がどういう訳か、地味な私を好きになっ…

瓦礫

震災と姑の愛

結婚当初、姑との関係は上手く噛み合わず、会う度に気疲れしていた。 意地悪されることはなかったが、実母とは違い、姑は喜怒哀楽を直接表現せず、シャキシャキとした仕事ぶりの看護士だっ…

公園(フリー写真)

一緒に遊んでくれた女の子

これは私が小学三年生の頃の話です。 両親が離婚して母子家庭となり、一人で居るのが怖かった私は、しょっちゅう児童館へ行っていました。 学童保育という手もあったのですが、当時は…

手を繋ぐカップル(フリー素材)

可愛い彼女がいた

俺には可愛い彼女がいた。 性格は素直でスタイルも良かったが、周囲からは 「え、あの女と付き合ってるの? お幸せに(笑)」 と、よく馬鹿にされた。 彼女は頭が非常…

女の子の後ろ姿

再生の誓い

私が結婚したのは、20歳の若さでした。新妻は僕より一つ年上で、21歳。学生同士の、あふれる希望を抱えた結婚でした。 私たちは、質素ながらも幸せに満ちた日々を過ごしていましたが、…

椅子と聖書(フリー写真)

特攻隊員の方の手紙

お母さん、とうとう悲しい便りを出さねばならない時が来ました。 晴れて特攻隊員に選ばれ出陣するのは嬉しいですが、お母さんのことを思うと泣けて来ます。 母チャン、母チャンが 私…

手を取り合う友(フリー写真)

友達からの救いのメール

僕の友達が事故で亡くなった。 本当に突然のことで何が何だか解らず、涙など出ませんでした。 葬式にはクラスのみんなや友達が沢山来ていました。 友達は遺影の中で笑っていま…

日記帳(フリー写真)

彼の遺した日記

2年間、付き合っていた彼に振られました。 それはもう、最後は彼が言ったとは思えないほどの酷い言葉で。 どんなにまだ好きだと言っても復縁は叶わず、音信不通になってしまいました…

ポメラニアン(フリー写真)

愛の形

私はあるペットクリニックに勤めています。 そこで起こった悲しい出来事をお話します。 ※ 40代くらいの男性がポメラニアンを連れてよく来ていました。 その人が購…

津波で折れ曲がったベランダ

愛に気づくまで

普通とは少し異なる家庭で育った。 幼い頃から、常に我慢を強いられてきたと思っていた。 普通であるべきだと考えていた。 兄は軽度の知的障害を抱え、母はADHDだった。…