隣の席の喪失と救い

公開日: ちょっと切ない話 | 仕事 | 悲しい話

ビル

ある日、私の隣に座っていた会社の同僚が亡くなりました。彼は金曜日の晩に飲んだ後、電車で気分が悪くなり、駅のベンチに座ったまま息を引き取ったのです。55歳という若さでした。

私たちは皆、彼が過労で亡くなったと知っていました。その時、私は遠方で家族の葬儀に参加しており、同僚のお通夜に参列することはできませんでした。しかし、その夜に急いで東京に戻り、翌日、本来休みであるはずの日に会社へと足を運んだのです。

上司からの指示で彼の机に飾る花を買いに行きました。「社員が亡くなったので」と花屋に伝えると、突然涙が溢れました。そんな経験は初めてでした。美しいが香りの強い花は、今も私がその香りを嗅ぐと涙がこぼれます。

彼が持っていたカバンには仕事の資料が山のようにあり、彼のPCには未完の仕事が残されていました。私を含む三人で仕事を分担しましたが、追いつくことはできませんでした。多くは単純な作業でも時間がかかるものばかり。私は彼に何度か声をかけていました。「手伝うことがあったら言ってくださいね」と。しかし彼はいつも笑って「じゃあ考えておくね」と答えるだけでした。膨大なデータを集計しながら、涙がこぼれました。もっと強く仕事を分担していれば、彼はまだ生きていたのではないかと後悔しています。

そのうち、彼の家族が会社に彼の荷物を取りに来ました。小柄で華奢な奥様と真面目そうな女子大生の娘さん。彼女たちは一人ひとりに丁寧に挨拶しました。私の番になると、奥様は私の名札を見て微笑みました。「夫がよく話していました。『仕事がないか?何でも言ってね』と言ってくれる真面目で優秀な女性がいるんだって。あなたのことですね。夫はあなたにとても感謝していました」と。会社で、他の部署の人もいる中で、涙が止まりませんでした。ありがとう、そんな風に思ってくれていたなんて。

もうすぐ三回忌です。あの時以来、私は部員の仕事量を注意深く見守り、誰かが過労にならないよう、可能な限り自分で仕事を引き受けるようにしています。ある日、亡くなった同僚の仕事を引き継いだ別の男性から言われました。「あなたがいなかったら、私も仕事で追い詰められて死んでいたかもしれません。冗談じゃない、本当に。だから、ありがとう」その言葉を聞いて、やっと救われた気がしました。

関連記事

指切り(フリー写真)

幸せをありがとう

「いっぱいの幸せをありがとう。 私は幸せ者だ。 だって最期にあなたの顔を見られたから。 これも日頃の何とやらなのかな?」 病室のベッドで手を握りながら彼女は言…

病院(フリー素材)

大好きなおじいちゃん

私は昔、いらんことばっかりしてたね。 私は兵庫県で、おじいちゃんは鹿児島に住んどった。 盆休みやお正月の長い連休は、よく遊びに行ってたね。 毎回遊びに帰る度にいっつ…

恋人同士(フリー写真)

大切なペンダント

中学2年生の時、幼馴染のKという女子に恋心を抱いていた。 しかし、Kは俺よりも数倍かっこいい男子と付き合っていた。 俺がかなう相手でもなく、彼女自身がそれを伝えてきたので…

太平洋戦争(フリー写真)

少年の志願

俺は今、介護福祉士として働いている。 妹が今度修学旅行で鹿児島へ行くらしく、職場でその話をしていたら、利用者さんの一人が 「鹿児島か…」 と暗く呟いた。 その方…

ビーチを歩くカップル(フリー写真)

初恋と友情

親友に第一子が生まれたとメールが届いたので記念に投稿します。 親友の嫁が俺の初恋の相手。 親友も親友の嫁(以下Aとします)も俺も同じ小学校、同じクラスで、Aは小学3年生の時…

ハート(フリー素材)

残りの一年

彼女に大事な話があるからと呼び出した。 彼女も俺に大事な話があると言われて待ち合わせ。 てっきり別れると言われるのかと思ってビビりながら、いつものツタヤの駐車場に集合。 …

桜(フリー写真)

地元の友だち

話は遡ること3年前。 桜が開花し始めた頃、俺は自殺を考えていた。 大した理由ではないが、失恋、借金や勤めていた会社が倒産した事が重なり、全てに失望していた。 コミュニ…

教室(フリー写真)

虐め

友達が自殺した。 理由はよくある『虐め』。 俺は気付いていた。 友達が虐められてたことには気付いていた。 でも自分までそうなるのが嫌だったから、最後は他人の振り…

カルテを持つ医師(フリー写真)

医者になれ

高校一年生の夏休みに、両親から 「大事な話がある」 と居間に呼び出された。 親父が癌で、もう手術では治り切らない状態であると。 暑さとショックで頭がボーっとして…

宮古島

沖縄の約束

母から突然の電話。「沖縄に行かない?」と彼女は言った。 当時の私は大学三年生で、忙しく疲れる就職活動の真っ只中だった。 「今は忙しい」と断る私に、母は困ったように反論して…