桜色の約束

公開日: 心温まる話 | 恋愛

桜

かつて、自分を嫌な人間だと思い込んでいた僕がいました。

僕には自信がなく、容姿にも、頭の良さにも恵まれていなかった。それでいて、人を欺くことを厭わない小心者でした。

誰もが僕を避けるわけではありませんでしたが、僕に関心を持つ人もいなかったのです。

そして僕は、それでいいと思っていた。

そんな僕の人生が変わったのは、ある女の子との出会いからでした。

彼女は高校の同級生、僕の隣の席の女の子に過ぎませんでしたが、彼女の笑顔が僕の世界を変えたのです。

卑怯な僕は、彼女に好かれたい一心で、虚偽を重ねてしまいました。

彼女はそれに気づかずに、僕の話に耳を傾けてくれました。

ただ彼女がこちらを向いてくれるだけで、僕の心は温かくなりました。

僕たちは徐々に親密になり、やがて交際を始めました。

交際を始めてからの僕の心には、一つの決意がありました。もう嘘はつかない、隠し事はしないと。

しかし、僕はそう簡単に変われるわけもなく、相変わらず嘘をつき続けていました。

交際して半年が過ぎた頃、桜を見に行く約束をしました。

その日、僕はテストで赤点を取ってしまい、補習が待っていました。

彼女にそんな姿は見せたくなくて、「習い事がある」と嘘をつきました。

彼女は疑うことなく、僕の言葉を信じたのです。そしてお花見は一日延期されました。

お花見の当日、彼女は集合場所で怒りに満ちていました。

補習のことは、すでに彼女の耳に入っていたのです。

「なぜ嘘をついたの?」彼女は涙を浮かべながら問いました。

「私は君の成績なんて気にしていないのに。嘘が嫌いだと言ったでしょう?」

彼女は走り去り、満開の桜の木の下には、彼女の涙が散らばっていました。

それはもしかするとただの水滴かもしれませんが、僕にとっては彼女の涙だと感じました。

かつてなら人に嫌われても構わないと思っていた僕ですが、彼女に愛想を尽かされることほど恐ろしいことはなかったのです。

僕は自分の行いに自業自得と感じながらも、幸せを手放したくなかったのです。

数日後、僕は彼女に謝りたくて彼女の家を訪れました。

すると彼女は僕に頭を下げて、「怒りすぎた」と謝りました。

桜は彼女の一番好きな花で、そのために怒ったと彼女は説明しました。

彼女は謝るべきではありませんでしたが、僕はその優しさに涙が止まりませんでした。

その日以降、僕たちはより深い関係を築いていきました。

僕は嘘をつかないよう、心から努力しました。

彼女はそれを感じてくれたようで、僕たちの関係は以前にも増して強固なものになりました。

そして、次の春、僕たちは改めて桜の下で約束を交わしました。

その約束は、「お互いを信じ、支え合う」というものでした。

僕たちの恋は、桜色の約束に守られながら、今も続いています。

関連記事

犬(フリー写真)

良い犬の話

良い人じゃなくて、良い犬の話。 知り合いのお爺さんが愛犬と山道を散歩していて、途中のベンチで座って一休みしていたら…。 蛇(名前は忘れたが毒を持っている)がお爺さんに齧り付…

野球ボール(フリー写真)

父と息子のキャッチボール

私の父は高校の時、野球部の投手として甲子園を目指したそうです。 「地区大会の決勝で9回に逆転され、あと一歩のところで甲子園に出ることができなかった」 と、小さい頃によく聞か…

カルテを持つ医師(フリー写真)

医者になれ

高校一年生の夏休みに、両親から 「大事な話がある」 と居間に呼び出された。 親父が癌で、もう手術では治り切らない状態であると。 暑さとショックで頭がボーっとして…

ラグビー場(フリー写真)

ラグビーと恩師

私は高校時代に万引きをして、人生観が変わりました。 中学から好きだった野球を続ける為に、有名な強豪校に希望して入りました。 しかしボールを触らせて貰えず、毎日ボール拾いばか…

シロツメグサ

手話で結ぶ絆

私たちの娘は3歳で、ほとんど聞こえません。 その現実を知った日、私と妻はただただ涙に暮れました。繰り返し泣きました。 難聴という言葉が娘を別の世界の生き物に見せてしまうほ…

カップル(フリー写真)

震災で亡くした彼女

俺の彼女は可愛くて、スタイルが良くて、性格も良くて、正に完璧だった。 高校に入る前に一目惚れした。 彼女も俺に一目惚れしたらしく、向こうから告白してくれたので、喜んで付き合…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

人に優しくあるためには

私は事故に遭い、足が不自由になってしまいました。 車椅子なしでは外出も出来ませんし、トイレも昔のようにスムーズに行うことが出来ません。 そんな私から友人たちも離れて行きまし…

赤い糸(フリー写真)

同級生との再会

私はその日、両親、妹と住宅展示場に来ていました。 家を新築する予定となり、両親はここのところ住宅展示場巡りをしていました。 私はなかなか予定が合わず、住宅展示場に来るのはこ…

カップル(フリー写真)

書けなかった婚姻届

彼女とはバイト先で知り合った。 彼女の方が年上で、入った時から気にはなっていた。 「付き合ってる人は居ないの?」 「居ないよ…彼氏は欲しいんだけど」 「じゃあ俺…

カップル(フリー写真)

秘密で手話を

待ち合わせた彼女を待っていて見かけたのは、大学生風のカップルだった。 男の子が女の子の正面に立って、何かしきりに手を動かしていた。手話だ。 彼はやっと手話を覚えたこと、覚え…