桜色の約束

公開日: 心温まる話 | 恋愛

桜

かつて、自分を嫌な人間だと思い込んでいた僕がいました。

僕には自信がなく、容姿にも、頭の良さにも恵まれていなかった。それでいて、人を欺くことを厭わない小心者でした。

誰もが僕を避けるわけではありませんでしたが、僕に関心を持つ人もいなかったのです。

そして僕は、それでいいと思っていた。

そんな僕の人生が変わったのは、ある女の子との出会いからでした。

彼女は高校の同級生、僕の隣の席の女の子に過ぎませんでしたが、彼女の笑顔が僕の世界を変えたのです。

卑怯な僕は、彼女に好かれたい一心で、虚偽を重ねてしまいました。

彼女はそれに気づかずに、僕の話に耳を傾けてくれました。

ただ彼女がこちらを向いてくれるだけで、僕の心は温かくなりました。

僕たちは徐々に親密になり、やがて交際を始めました。

交際を始めてからの僕の心には、一つの決意がありました。もう嘘はつかない、隠し事はしないと。

しかし、僕はそう簡単に変われるわけもなく、相変わらず嘘をつき続けていました。

交際して半年が過ぎた頃、桜を見に行く約束をしました。

その日、僕はテストで赤点を取ってしまい、補習が待っていました。

彼女にそんな姿は見せたくなくて、「習い事がある」と嘘をつきました。

彼女は疑うことなく、僕の言葉を信じたのです。そしてお花見は一日延期されました。

お花見の当日、彼女は集合場所で怒りに満ちていました。

補習のことは、すでに彼女の耳に入っていたのです。

「なぜ嘘をついたの?」彼女は涙を浮かべながら問いました。

「私は君の成績なんて気にしていないのに。嘘が嫌いだと言ったでしょう?」

彼女は走り去り、満開の桜の木の下には、彼女の涙が散らばっていました。

それはもしかするとただの水滴かもしれませんが、僕にとっては彼女の涙だと感じました。

かつてなら人に嫌われても構わないと思っていた僕ですが、彼女に愛想を尽かされることほど恐ろしいことはなかったのです。

僕は自分の行いに自業自得と感じながらも、幸せを手放したくなかったのです。

数日後、僕は彼女に謝りたくて彼女の家を訪れました。

すると彼女は僕に頭を下げて、「怒りすぎた」と謝りました。

桜は彼女の一番好きな花で、そのために怒ったと彼女は説明しました。

彼女は謝るべきではありませんでしたが、僕はその優しさに涙が止まりませんでした。

その日以降、僕たちはより深い関係を築いていきました。

僕は嘘をつかないよう、心から努力しました。

彼女はそれを感じてくれたようで、僕たちの関係は以前にも増して強固なものになりました。

そして、次の春、僕たちは改めて桜の下で約束を交わしました。

その約束は、「お互いを信じ、支え合う」というものでした。

僕たちの恋は、桜色の約束に守られながら、今も続いています。

関連記事

家族の手(フリー写真)

幸せな家族

私は長女が3歳になった時に長男を出産した。 長男が生まれるまで、私と長女は殆どずっと一緒に居た。 夫が居ない平日の昼間は、二人だけの時間だった。 でも子供が二人になる…

母の絵(フリー写真)

欲しかったファミコン

俺の家は母子家庭で貧乏だったから、ファミコンが買えなかった。 ファミコンを持っている同級生が凄く羨ましかったのを憶えている。 小学校でクラスの給食費が無くなった時など、 …

犬(フリー写真)

天国のアビーへ

米国の4歳の女の子が愛犬の死を受け、神様に手紙を送ったという話が、米ニュースサイトのニュースバインで紹介された。 このエピソードは、女の子の母親から送られて来たメールを見た記者…

カップル(フリー写真)

人の大切さ

私は生まれつき体が弱く、よく学校で倒れたりしていました。 おまけに骨も脆く、骨折6回、靭帯2回の、体に関して何も良いところがありません。 中学三年生の女子です。 重…

スマートフォン

父の遺した言葉

私は今、高等学校3年生です。父がこの世を去ったのは10月26日のことでした。 父は、私が心から尊敬し、誇りに思える素晴らしい人でした。彼の死に際して、母と妹は慟哭しました。 …

ラグビー場(フリー写真)

ラグビーと恩師

私は高校時代に万引きをして、人生観が変わりました。 中学から好きだった野球を続ける為に、有名な強豪校に希望して入りました。 しかしボールを触らせて貰えず、毎日ボール拾いばか…

手を繋いで歩く夫婦(フリー写真)

たった一つの記憶

私の夫は、結婚する前に脳の病気で倒れてしまい、死の淵を彷徨いました。 私がそれを知ったのは、倒れてから5日も経ってからでした。 夫の家族が病院に駆け付け、携帯電話を見て私の…

警察官の方(フリー写真)

人と人との出会い

何年か前の、5月の連休中のこと。 あるご夫婦がライトバンのレンタカーを借り、佐賀から大分県の佐伯(さいき)市を目指して出掛けた。 佐伯市からは夜23時に四国行きのフェリーが…

雨(フリー写真)

真っ直ぐな青年の姿

20年前、私は団地に住んでいました。 夜の20時くらいに会社から帰ると、団地前の公園で雨の中、一人の男の子が傘もささず向かいの団地を見ながら立っていました。 はっきり言って…

日記帳(フリー写真)

天国の恩人

私はキャバクラ嬢でした。 家がとても貧乏で、夜に働きながら大学へ行きました。 そんな私の初めてのお客様。 Yさん、70歳のお爺ちゃんです。 彼はとても口下手で、…