灯り続ける希望の光

キャンドル

24歳の時、僕は会社を退職し、独立を決意しました。上司の姿から自分の未来を映し出し、恐れを感じたからです。しかし現実は甘くなく、厳しい毎日が始まりました。25歳で月収7万円、食事は白飯にふりかけのみ。そんな生活が始まりました。

当時、6歳年下の彼女がいましたが、彼女は東京で学生生活を送っていました。彼女はバイト代を使い沖縄まで会いに来てくれましたが、デートはいつもファミレス。僕は仕事に追われ、彼女に十分な時間を割くことができませんでした。

彼女の20歳の誕生日、僕には贈り物をする余裕はありませんでした。しかし、彼女への愛を形にするため、手作りの『キャンドル』をプレゼントしました。彼女はそれを嬉しそうに受け取り、今でも最高のプレゼントだと言ってくれます。

その後、7年が経ち、僕は香港で新しい人生を歩んでいます。仕事もうまくいき、日々充実した時間を過ごしています。しかし、今日は特別な日。彼女、いや、今は『奥さん』の27歳の誕生日です。苦しい時期を共に乗り越えた彼女に感謝の気持ちでいっぱいです。

彼女と過ごした辛い日々、涙と笑顔の日々。彼女がいたから、今の僕がある。彼女を信じ、彼女に信じられたからこそ、今の幸せがある。もう二度と彼女に寂しい思いをさせない。これからも二人で力を合わせて乗り切る。彼女がいてくれるだけで、僕にはそれが最高の『幸せ』なのです。

関連記事

卒業証書(フリー写真)

忘れられない生徒

高校教師です。 私が教えていた生徒に問題児の女の子が居ました。 彼女は成績も悪くなく、資格取得にも一生懸命なのですが、その原動力は強過ぎる学歴コンプレックスらしく精神も病ん…

手を取り合う友(フリー写真)

友達からの救いのメール

僕の友達が事故で亡くなった。 本当に突然のことで何が何だか解らず、涙など出ませんでした。 葬式にはクラスのみんなや友達が沢山来ていました。 友達は遺影の中で笑っていま…

新郎新婦(フリー写真)

結婚式場の小さな奇跡

栃木県那須地域(大田原市)に『おもてなし』の心でオンリーワン人情経営の結婚式場があります。 建物は地域の建築賞を受賞(マロニエ建築デザイン賞)する程の業界最先端の建物、内容、設…

おばあさん(フリー素材)

ばあちゃんいつまでもげんきでね

ばあちゃんの痴呆症は日に日に進行し、ついに家族の顔も分からなくなった。 お袋のことは変わらず母ちゃんと呼んだが、それすらも自分の母親と思い込んでいるらしかった。 俺と親父は…

空の太陽(フリー写真)

祖父が立てた誓い

三年前に死んだ祖父は、末期癌になっても一切治療を拒み、医者や看護婦が顔を歪めるほどの苦痛に耐えながら死んだ。 体中に癌が転移し、せめて痛みを和らげる治療(非延命)をと、息子(父)…

病院(フリー素材)

大好きなおじいちゃん

私は昔、いらんことばっかりしてたね。 私は兵庫県で、おじいちゃんは鹿児島に住んどった。 盆休みやお正月の長い連休は、よく遊びに行ってたね。 毎回遊びに帰る度にいっつ…

母の絵(フリー写真)

欲しかったファミコン

俺の家は母子家庭で貧乏だったから、ファミコンが買えなかった。 ファミコンを持っている同級生が凄く羨ましかったのを憶えている。 小学校でクラスの給食費が無くなった時など、 …

柴犬(フリー写真)

犬のきなこ

10年以上前、友達が一匹の柴犬を飼い始めた。 体の色が似ているからと言って、その犬は『きなこ』という名前になった。 友達は夕方になるとよく『きなこ』を散歩させていた。 …

ちまきと柏餅(フリー写真)

ロクな大人

この前の、子供の日。 夫の親、兄弟、親戚、一同が集まった席で、いつものように始まった大合唱。 「一人っ子は可哀想」 「ロクな大人にならん」 「今からでも第二子は…

桜

失われた春

あれは今から1年半前、大学3年になったばかりの春のことでした。 大学の授業が終わり、帰り支度をしているときに、携帯電話が鳴りました。 着信画面に映ったのは、彼の親友からの…