私は幸せでした

夫婦の手(フリー写真)

文才が無いため酷い文になると思いますが、少し私の話に付き合ってください。

24歳の時、私は人生のどん底に居ました。

6年間も付き合って婚約までした彼には、私の高校時代の友人と駆け落ちされ、父親が死に、後を追うように母も自殺。

葬式やら何やらで会社を休んでいる間に私の仕事は後輩に回り、残された仕事はお茶汲みと資料整理。

そしてついに彼に逃げられたことが会社に広まり、私は笑い者でした。

もういっそ死んでしまおう。

そう思ってからは早かったです。

アパートへ帰り、元彼のネクタイで首吊り用の縄を作り、

『人生が嫌になったので自殺します』

と遺書を残し、首に縄を掛けました。

ああ、終わる。

私の人生は何だったんだろう。

そして立っていた椅子を倒そうとした時でした。

「ガチャッ」

突然アパートの扉が開き、知らない男の人と目が合いました。

その時の私は相当、間抜けだったと思います。

その男の人も同じように間抜けな顔をして、この状況に困惑していました。

「お、降りてください!!」

すぐにその人は靴も脱がずに部屋に上がって来ました。

私を抱き上げ縄を外すと、私をジッと見つめました。

「部屋を間違いました」

それだけ言うと、その人は静かに部屋から出て行きました。

私は突然のことに脱力し、そのまま眠りに就きました。

次の日はいつも通り仕事に行き、いつも通り雑用を任され、いつも通りの時間が過ぎて行きました。

ですが、いつも通りではないことが一つ。

アパートへ帰ると、私の部屋の前に誰か立っているのです。

それが誰なのかはすぐに判りました。

その人は私を見ると軽く頭を下げ、私の元へ歩いて来ました。

「昨日はすいませんでした。僕の部屋はあなたの上の階なのですが、昨日は酔っていて…。

何かお詫びがしたいです。お暇ですか?」

その人は優しく素直な人でした。

私と同い年だったこともあり、いくつかの飲み屋をはしごする内に打ち解けて行きました。

初対面のはずが、会話が途切れないのです。

五軒目を出た時には、二人とも真っ赤な顔をしてフラフラしていました。

駅前のベンチに二人で座り、また他愛も無いことを話し始めました。

「君と居ると楽しいよ」

「私も楽しい」

「だから、死なないで」

彼の声は真剣でした。

色々な話をしましたが、私が自殺しようとしたことについて、彼が何か言ったのはこれが初めてでした。

「もう分からない、私が生きている意味も、何のために生きていけば良いのかも」

婚約者のこと、両親のこと、会社のこと…。

私が話している間、彼は黙って聞いていました。

私が涙で言葉を詰まらせると、彼は優しく背中を撫でてくれました。

「なら、僕のために生きてください。

僕はあなたのために生きて行きます」

今考えると、こんなことを言ってしまう彼も、大泣きしながら頷いた私も、酔っていたのです。

普通なら初対面の女にこんなことは言わないし、私だって初対面の男の言葉を信じるはずがありません。

でも彼は、私を幸せにしてくれました。

どちらも一人暮らしだったため、夕飯はどちらかの部屋で食べるようになりました。

私は料理が得意ではありませんでしたが、彼の料理は絶品でした。

そして半年が経ち、私の誕生日がやって来ました。

仕事から帰ると、あの日のように彼が部屋の前に立っているのです。

「おめでとう、一足先におばさんだね」

彼はそう笑いながら、大きな花束をくれました。

その日を境に、正式に付き合い始めました。

私の部屋を解約し、彼の部屋で一緒に暮らし始め、私は彼に甘えて仕事を辞めました。

それからは掃除と洗濯と料理、毎朝の彼のお弁当作りが私の仕事になりました。

そしてまたその半年後、仕事から帰って来た彼が、百点満点の答案用紙を見せるようなキラキラした目で

「貰ってきちゃった」

と、婚姻届を私に見せて来ました。

一週間後には、彼のご両親に挨拶に行きました。

お義母さんもお義父さんも、とても良い人たちでした。

結婚の挨拶に行くと、彼から聞いていたのか

「色々大変だったわね」

と涙を流してくれ、

「息子をお願いします」

と深々と頭を下げられました。

本当に温かく、私を娘のように可愛がってくれました。

新しい両親が出来、幸せになれました。

私は婚姻届にサインしながら彼に聞きました。

「私もあなたを幸せにしたい。

あなたの為なら何でもするから、何か恩返しをさせて?」

彼は少し考えた後、優しく笑いながら言いました。

「僕より先に死なないで」

結婚式は挙げませんでした。

相変わらず、ずっと狭いアパートで二人暮らしです。

私は子供が出来ませんでした。

私は彼にも、両親にも子供の顔を見せることが出来ず、悔しかった。

しかし、誰も私を責めませんでした。

私はいつの間にか、優しい人に囲まれていました。

幸せで、本当に幸せで、気が付くと、彼と出会って十年が経っていました。

私はだめな嫁でした。

上達しない料理とお弁当を毎日食べさせ、結局子供も出来ず、彼に甘えてばかりでした。

しかし彼は、私の料理を残さず食べてくれ、いつもありがとうと言ってくれました。

誕生日の花束も忘れたことはありません。

私を気遣い、休日は彼が家事をしてくれました。

私は幸せでした。

私は今、病院のベッドの上に居ます。

先月癌が見つかったのですが、既に発見が遅く、良くて一年だろうと言われました。

彼は毎日見舞いに来て、私の手を握ってくれます。

一度死のうとした私への罰でしょうか。

まだまだ彼と居たいのに、私は彼より先に死んでしまうのです。

幸せにしたいと言ったのに、そんな簡単な約束も守れないのです。

本当に私はだめな嫁ですね。

優しい彼を毎日泣かせてしまうなんて。

長々とすいませんでした。

休み休み書いていたら、こんなに長くなってしまいました。

最後にもう少しだけ。

さくらです。

優、あなたに出会えて、あなたの家族になれて幸せです。

私を見つけてくれてありがとう。

優の優しさが、私を救ってくれました。

約束、守れなくてごめんなさい。

先に向こうで待ってるね。

優はおじいちゃんになってから、来てください。

愛しています。

いつかあなたの元に届くことを祈って。

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…

ブランコ(フリー写真)

母ちゃんの記憶

母ちゃんは俺が4歳の時、病気で死んだんだ。 ぼんやりと憶えている事が一つ。 俺はいつも公園で遊んでいたのだが、夕方になるとみんなの母ちゃんが迎えに来るんだ。 うちの母…

手を組む女性(フリー写真)

恋人からの手紙

昨日、恋人が死んじゃったんです。病気で。 そしたらなんか通夜が終わって、病院に置いて来た荷物とか改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛ての手紙が入ってたんです。 で、よく…

手紙を差し出す女の子(フリー写真)

パパと呼ばれた日

俺が30歳の時、一つ年下の嫁を貰った。 今の俺達には、娘が三人と息子が一人居る。 長女は19歳、次女は17歳、三女が12歳。 長男は10歳。 こう言うと、 …

手編みのマフラー(フリー写真)

オカンがしてくれたこと

俺の家は貧乏だった。 運動会の日も授業参観の日さえも、オカンは働きに行っていた。 そんな家だった。 ※ そんな俺の15歳の誕生日。 オカンが顔に微笑みを浮かべて、…

手を繋ぐ恋人(フリー写真)

握り返してくれた手

今から6年前の話です。 僕がまだ十代で、携帯電話も普及しておらずポケベル全盛期の時代の事です。 僕はその頃、高校を出て働いていたのですが、二つ年上の女性と付き合っていました…

子猫(フリー写真)

こはくちゃん

彼女を拾ったのは、雪がちらほらと舞う寒い2月の夜。 友人数人と飲みに行った居酒屋でトイレに行った帰り、厨房が騒がしかったので『何だ?』と思ったら、小さな子猫を掴んだバイトが出て来…

デジカメを持つ女性(フリー写真)

母がデジカメを買った

機械音痴の母がデジカメを買った。 とても嬉しいらしく、はしゃぎながら色々なものを撮っていた。 ※ 何日か経った頃、メモリが一杯で写せなくなったらしく 「どうすればいいの…

赤い糸(フリー写真)

同級生との再会

私はその日、両親、妹と住宅展示場に来ていました。 家を新築する予定となり、両親はここのところ住宅展示場巡りをしていました。 私はなかなか予定が合わず、住宅展示場に来るのはこ…

手を繋ぐ夫婦(フリー写真)

最愛の妻が遺したもの

先日、小学5年生の娘が何か書いているのを見つけた。 それは妻への手紙だったよ。 「ちょっと貸して」 と言って内容を見た。 まだまだ汚い字だったけど、妻への想いが…