結婚記念日おめでとう

公開日: 仕事 | 心温まる話

封筒を持つ手(フリー写真)

入社4年目の時に、初めて結婚記念日の日を迎えた。

しかしその日、運悪く社内でトラブルが発生した。

下手したら全員会社に泊まりになるかもしれないという修羅場なのに、

「結婚記念日なので帰らせてください」

とは絶対に言えなかった。

17時を回った頃、T課長が俺を呼びつけ、封筒を渡し、

「これをK物産に届けろ」

と言う。

K物産は隣の県にある得意先で、今から車で出ても20時までに着けるかどうかすら分からない。

「届けたら直帰していいから」

と言うが、直帰も何もK物産に届けて家まで帰ったら、きっと23時は過ぎるだろう。

文句を言いたかったが、

「解りました」

と言って封筒を預かった。

中身を見ようとすると、

「中身は車の中で見ろ。さっさと行け!」

と、つれないT課長。

不満たらたらの声で

「行って来ます」

と言うと、課内の同情の目に送られて駐車場へ向かった。

車に乗り込み封筒を開けると、一枚の紙切れが。

『結婚記念日おめでとう。今日はこのまま帰りなさい』

と書かれていた。

会社に入って初めて泣いた。

その翌年、T課長は実家の家業を継ぐために退社した。

送別会の席でお礼を言ったら、

「そんなことあったか?」

と、すっとぼけていた。

関連記事

白打掛(フリー写真)

両親から受けた愛情

先天性で障害のある足で生まれた私。 まだ一才を過ぎたばかりの私が、治療で下半身全部がギプスに。 その晩、痛くて外したがり、火の点いたように泣いたらしい。 泣き疲れてや…

婚約指輪(フリー写真)

例外の入籍手続き

彼は肺がんで入院していて、余命宣告されていました。 本人は退院後の仕事の予定も入れ、これからの人生に気力を振り絞っていました。 私と彼は半同棲状態、彼はバツイチ、そして大分…

薔薇の花(フリー写真)

せかいでいちばんのしあわせ

私が幼稚園の時に亡くなったお母さん。 当時、ひらがなを覚えたての私が読めるように、ひらがなだけで書かれた手紙を遺してくれた。 ※ みいちゃんが おかあさんのおなかにやってきて…

雲海(フリー写真)

命綱を譲った男性

1982年1月13日16時1分頃、ワシントン国際空港を激しい吹雪のなか離陸したエア・フロリダ90便が、離陸直後に氷結したポトマック川に架かる橋梁に激突・墜落した。 水没を免れた…

蛍(フリー写真)

蛍は亡くなった人の魂

祖父が死んで、もう12年になる。 幼い頃から、 「蛍は亡くなった人の魂だから、粗末に扱うな」 と祖父に教えられてきた。 ※ 去年の8月15日の夜、父と俺とで家族総…

山からの眺め(フリー写真)

命があるということ

普通に生きて来ただけなのに、いつの間にか取り返しのつかないガンになっていた。 先月の26日に、あと三ヶ月くらいしか生きられないと言われた。 今は無理を言って退院し、色々な人…

夕日と夫婦(フリー写真)

どうしてですか(゚Д゚)ゴルァ!

どうして私がいつもダイエットしている時に、(・∀・)ニヤニヤと見つめやがりますか(゚Д゚)ゴルァ! どうして私が悪いのに、ケンカになると先に謝りますか(゚Д゚)ゴルァ! …

数式(フリー素材)

天才数学者の意志

人は彼のことを「神童」とも「天才」とも「未来を嘱望された若手数学者」とも形容する。 ただ一環しているのは、彼の頭脳力と、それに劣らない人格に対する尊敬と敬愛だろう。 20…

空(フリー写真)

祖父の恩人

仕事でどうしようもないミスをしてしまい、次の日に仕事に行きたくないと鬱ぎ込んでいた時の事だ。 家に帰りたくなく、仕事帰りにいつもは乗らない電車に乗って他県まで行ってみた。 …

会議室(フリー写真)

忘れられない誕生日

俺は入社以来、ひたすら数字を追い続けて来た。 毎日必死に働き、7年経った今では会社からも業績を認められるようになった。 何度か昇格をして、部下が何人か居る。 重要な仕…