サンタさんへの手紙

クリスマス(フリー写真)

6歳の娘がクリスマスの数日前から、欲しいものを手紙に書いて窓際に置いていた。

何が欲しいのかなあと、夫とキティちゃんの便箋を破らないようにして手紙を覗いてみたら、こう書いてあった。

『サンタさんへ

おとうさんのガンがなおるくすりをください!

おねがいします』

夫と顔を見合わせて苦笑いしたけれど、私は段々悲しくなってきて、少しメソメソしちゃったよ。

昨日の夜、娘が眠った後…。

夫は娘が好きなプリキュアの人形と、普通の粉薬の袋に『ガンがなおるおくすり』と書いたものを置いておいた。

朝になって娘が起きると、プリキュアの人形もだけれど、それ以上に薬を喜んで

「キャー!」

と嬉しい叫び声を上げていた。

早速、朝食を食べている夫の元へドタバタと走って行き、

「ねえ!サンタさんからお父さんのガンが治るお薬もらったの!早く飲んでみて!」

と言って、夫に薬を飲ませた。

夫が、

「お!体の調子が、段々と良くなってきたみたいだ」

と言うと娘が、

「ああ!良かった~。これでお父さんとまた、山にハイキングに行ったり、動物園に行ったり、運動会に参加したりできるね~」

と言った。

そしたら夫が次第に顔を悲しく歪め、それから声を押し殺すようにして

「ぐっ、ぐうっ」

と泣き始めた。

私ももらい泣きしそうになったけれど、何とか泣かないように鍋の味噌汁をオタマで掬い、無理やり飲み込んで態勢を整えた。

夫は娘に、

「薬の効き目で涙が出てるんだ」

と言い訳をしていた。

その後、娘が近所の子の家にプリキュアの人形を持って遊びに行った。

それを見届けた夫が、

「来年はお前がサンタさんだな……。しっかり頼むぞ」

と言ったので、私はつい涙腺が緩み、わあわあ泣き続けた。

お椀の味噌汁に涙がいくつも混ざった。

トイレ(フリー写真)

ドア裏の落書き

以前、大きな病院に通院していました。 ある日、男子トイレの洋式の方に入って座ると、ドア裏に小さな落書きがあったのです。 『入院して二ヶ月 治らない もうだめだ』 ※ そ…

母(フリー写真)

私を大学に通わせてくれた母へ

あなたは私を産むまでずっと父の暴力に苦しんでいましたね。 私が産まれた時、あなたは泣きながら喜んだそうですね。 私が一才の誕生日に、借金を抱えたまま父が自殺しましたね。 …

父と子(フリー写真)

身体を大事にしろ

今日は父親の13回忌だ。 うちの父は僕が高校生の時に他界している。 死因は末期の膵臓癌だった。 最初に父が身体の不調を訴えて病院で検査を受けた時、肺に水が溜まっていた…

絵馬(フリー写真)

絵馬に書かれた願い

この前、近くの神社まで散歩したんだ。 絵馬が沢山あって、 『あまり良い趣味じゃないな』 と思いながらも、他人の色々な願い事を見ていたんだ。 「大学に合格しますよ…

バー(フリー写真)

痛みを知る者

自分でも理由は判らないが、気が付けば仕事のやる気を失くしていた。 会社を欠勤し、それが数日続いたある日の夜、強面の上司が自宅に来た。 最後通告かなと思いながら、上司の行きつ…

オフィス(フリー写真)

苦手だった部長

その時の部長は凄く冷たくて、いつもインテリ独特のオーラを張り巡らせている人だった。 飲みに誘っても来ることは無いし、忘年会などでも一人で淡々と飲むようなタイプ。 俺はよく怒…

夕陽(フリー写真)

親父からの感謝の言葉

俺の親父は我儘な人だった 小遣いは母親から好きな時に好きなだけ貰い、そのくせ下手なギャンブルでスっては不機嫌な様子で家に帰って来て、酒を飲みまくり暴れるような人だった。 幸…

ネックレス(フリー写真)

大好きなあなた

大好きなあなたは、今も笑っているのでしょうか。 小さい頃に何故かおじいちゃんに引き取られた私(当時7歳)は、そこで三人の男の子に出会いました。 9歳の凄く元気なLと、12歳…

手を握る(フリー写真)

仲直り

金持ちで顔もまあまあ。 何より明るくて突っ込みが上手く、ボケた方が 「俺、笑いの才能あるんじゃね」 と勘違いするほど(笑)。 彼の周りには常に笑いが絶えなかった…

高校生(フリー写真)

ほら、笑いなよ!

高校2年生の夏、僕は恋をした。 好きで好きで堪らなかった。 その相手を好きになった切っ掛けは、僕がクラスで虐めに遭い落ち込んでいた頃、生きる意味すら分からなくなり教室で一人…