一生懸命に取り組むこと

公開日: 仕事 | 心温まる話 | 長編

レジ(フリーイラスト素材)

その女性は、何をしても続かない人でした。

田舎から東京の大学に進学し、サークルに入ってもすぐに嫌になって、次々とサークルを変えて行くような人でした。

それは、就職してからも同じでした。

最初の会社は三ヶ月。上司との衝突が原因でした。

次の会社は半年。自分が思っていた仕事と違う、というのが理由でした。

そんなことを繰り返す内に、彼女の履歴書には僅かで辞めてしまった会社の名前がずらりと並ぶようになってしまいました。

そうなると、どの会社も正社員としては雇ってくれません。

彼女は派遣会社に登録しました。

しかし、派遣会社でも長続きしません。

履歴書には、また派遣先のリストが次々と追加されて行きました。

今度の派遣先はスーパーでした。

仕事内容はレジ打ちです。

今のようにバーコードなど無い時代です。

当時のレジは、電卓のように一つ一つキーを打たなければならなかったのです。

勤め始めて一週間。

仕事に慣れてきた彼女は、段々飽きてしまったのです。

「私はこんな単純作業をするために居るのではない!」

辞表を書いてみたものの、正直なところ彼女自身も、仕事が長続きせず我慢の出来ない自分が嫌いになっていました。

どうしようかと思っていた矢先、田舎の母親から電話。

「帰っておいでよ」

母のやさしい声に、決心がつきました。

もう田舎に戻るつもりで部屋の片付けを始めたのです。

片付けを始めて暫くすると、昔の日記が出てきました。

パラパラと捲っている内に、小学生の時に書いた言葉が、彼女の目に飛び込んできたのです。

「ピアニストになりたい」

…彼女は思い出しました。

ピアノの稽古だけは、辞めずに続けていたのです。

そして『夢を追い掛けていた心』を思い出したのです。

「あんなに希望に燃えていた自分が、今はどうだろうか。情けない。そして、また逃げようとしている…」

彼女は泣きながら母親に電話をしました。

「私、もう少しここで頑張る」

辞表を破り捨て、スーパーに出勤しレジ打ちをしていると、ある考えが浮かびます。

「ピアノも練習を重ねる内に、キーを見なくても打てるようになったんだ。私流にレジ打ちを極めてみよう!」

彼女は数日で、物凄いスピードでレジ打ちが出来るようになりました。

すると、今まではレジのボタンしか見ていなかった彼女が、今まで見もしなかったところへ目が行くようになったのです。

「あのお客さんは昨日も来ていたな」

「この人は、閉店間際に来る」

「この人は、高い物しか買わない」

そんな風にお客さんを見ることが、彼女の楽しみの一つになりました。

そんなある日、いつもは安い物ばかりを買うおばあちゃんが、五千円もする立派なタイを持ってレジに来たのです。

ビックリした彼女は思わず声を掛けます。

「今日は何か良いことあったんですか?」

するとおばあちゃんは嬉しそうに言いました。

「孫がね、水泳で賞を取ったから、お祝いなんだよ」

彼女は、嬉しくなって言いました。

「それはおめでとうございます!」

お客様とのコミュニケーションが楽しくなった彼女は、すっかりお客さんの顔と名前を覚え、

「○○さん、今日はこのチョコよりも、もっと安いチョコが出てますよ」

「今日はマグロよりもカツオの方が良いわよ」

などと言うようになったのです。

彼女は段々この仕事が楽しくなってきました。

そんなある日のこと。

彼女が忙しくレジ打ちをしていると、店内放送が響きました。

「本日は混み合いまして、誠に申し訳ございません。

どうぞ、空いているレジにお回りください」

暫くすると、また放送が響きました。

「重ねて申し上げますが、どうぞ、空いているレジにお回りください」

三回目のアナウンスを聞いて彼女は何かおかしいと気付き、周りを見渡して…驚きました。

他のレジが全部空いているのに、彼女のレジにしかお客さんが並んでいなかったのです。

店長が慌てて、お客さんに駆け寄り声を掛けます。

「どうぞあちらへお回りください」

するとお客さんは、

「放っといてちょうだい!私はここへ買い物に来ているんじゃない!

あの人と喋りに来ているんだ!

だからこのレジじゃないとイヤなんだ!」

その瞬間、彼女はワッと泣き崩れました。

他のお客さんも言いました。

「特売は他のスーパーでもやっているよ。

だけど私は、このお姉さんと話をするためにここへ来ているんだ。

だからこのレジに並ばせておくれよ」

彼女はボロボロと泣き崩れたまま、レジを打つことが出来ませんでした。

仕事というのはこれほど素晴らしいものなのだと初めて気付いたのです。

そう、既に彼女は昔の自分ではなくなっていたのです。

公園(フリー写真)

一緒に遊んでくれた女の子

これは私が小学三年生の頃の話です。 両親が離婚して母子家庭となり、一人で居るのが怖かった私は、しょっちゅう児童館へ行っていました。 学童保育という手もあったのですが、当時は…

手を繋ぐ母と娘(フリー写真)

最高のママ

もう十年も前の話。 妻が他界して一年が経った頃、当時八歳の娘と三歳の息子がいた。 妻がいなくなったことをまだ理解出来ないでいる息子に対し、私はどう接してやれば良いのか、父親…

お手玉(フリー写真)

私のこと忘れないでね

遠い昔、私が小学4年生の頃の話です。 当時の僕は人見知りで臆病で、積極的に話しかけたりするのが出来ない性格でした。 休み時間、みんなは外に出て遊んでいても、僕は教室の椅子…

夕日(フリー写真)

祖父母からのお小遣い

自分には77歳のばあちゃんがいる。 数ヶ月前にじいちゃんが亡くなり、最近はあまり元気が無い。 ばあちゃんの家には車で20分程で行ける距離だから、父と定期的に行くようにしてい…

学校の机(フリー写真)

君が居なかったら

僕は小さい頃に両親に捨てられ、色々な所を転々として生きてきました。 小さい頃には「施設の子」とか「いつも同じ服を着た乞食」などと言われました。 偶に同級生の子と遊んでいて、…

封筒を持つ手(フリー写真)

結婚記念日おめでとう

入社4年目の時に、初めて結婚記念日の日を迎えた。 しかしその日、運悪く社内でトラブルが発生した。 下手したら全員会社に泊まりになるかもしれないという修羅場なのに、 「…

おでこを当てる父と娘(フリー写真)

もうおねえさんだから

7ヶ月前に妻が他界して初めて迎えた、娘の4歳の誕生日。 今日は休みを取って朝から娘と二人、妻の墓参りに出掛けて来た。 妻の死後、暫くはあんなに 「ままにあいたい」「ま…

教室(フリー写真)

先生がくれた宝物

私がその先生に出会ったのは中学一年生の夏でした。 先生は塾の英語の担当教師でした。 とても元気で、毎回楽しい授業をしてくれました。 そんな先生の事が私はとても大好き…

ブリキのおもちゃ(フリー写真)

欲しかったオモチャ

俺がまだ小学生だった頃。 どうしても欲しかったオモチャを万引きしたら見つかって、それはもう親にビンタされるは怒鳴られるはで大変だった。 それから暫らくして俺の誕生日が来た…

母(フリー写真)

母のビデオテープ

俺は小さい頃に母親を亡くしている。 それで中学生の頃は恥ずかしいほどグレた。 親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探していると、一本のビデオテープがあった。 俺は…