一生懸命に取り組むこと

公開日: 仕事 | 心温まる話 | 長編

レジ(フリーイラスト素材)

その女性は、何をしても続かない人でした。

田舎から東京の大学に進学し、サークルに入ってもすぐに嫌になって、次々とサークルを変えて行くような人でした。

それは、就職してからも同じでした。

最初の会社は三ヶ月。上司との衝突が原因でした。

次の会社は半年。自分が思っていた仕事と違う、というのが理由でした。

そんなことを繰り返す内に、彼女の履歴書には僅かで辞めてしまった会社の名前がずらりと並ぶようになってしまいました。

そうなると、どの会社も正社員としては雇ってくれません。

彼女は派遣会社に登録しました。

しかし、派遣会社でも長続きしません。

履歴書には、また派遣先のリストが次々と追加されて行きました。

今度の派遣先はスーパーでした。

仕事内容はレジ打ちです。

今のようにバーコードなど無い時代です。

当時のレジは、電卓のように一つ一つキーを打たなければならなかったのです。

勤め始めて一週間。

仕事に慣れてきた彼女は、段々飽きてしまったのです。

「私はこんな単純作業をするために居るのではない!」

辞表を書いてみたものの、正直なところ彼女自身も、仕事が長続きせず我慢の出来ない自分が嫌いになっていました。

どうしようかと思っていた矢先、田舎の母親から電話。

「帰っておいでよ」

母のやさしい声に、決心がつきました。

もう田舎に戻るつもりで部屋の片付けを始めたのです。

片付けを始めて暫くすると、昔の日記が出てきました。

パラパラと捲っている内に、小学生の時に書いた言葉が、彼女の目に飛び込んできたのです。

「ピアニストになりたい」

…彼女は思い出しました。

ピアノの稽古だけは、辞めずに続けていたのです。

そして『夢を追い掛けていた心』を思い出したのです。

「あんなに希望に燃えていた自分が、今はどうだろうか。情けない。そして、また逃げようとしている…」

彼女は泣きながら母親に電話をしました。

「私、もう少しここで頑張る」

辞表を破り捨て、スーパーに出勤しレジ打ちをしていると、ある考えが浮かびます。

「ピアノも練習を重ねる内に、キーを見なくても打てるようになったんだ。私流にレジ打ちを極めてみよう!」

彼女は数日で、物凄いスピードでレジ打ちが出来るようになりました。

すると、今まではレジのボタンしか見ていなかった彼女が、今まで見もしなかったところへ目が行くようになったのです。

「あのお客さんは昨日も来ていたな」

「この人は、閉店間際に来る」

「この人は、高い物しか買わない」

そんな風にお客さんを見ることが、彼女の楽しみの一つになりました。

そんなある日、いつもは安い物ばかりを買うおばあちゃんが、五千円もする立派なタイを持ってレジに来たのです。

ビックリした彼女は思わず声を掛けます。

「今日は何か良いことあったんですか?」

するとおばあちゃんは嬉しそうに言いました。

「孫がね、水泳で賞を取ったから、お祝いなんだよ」

彼女は、嬉しくなって言いました。

「それはおめでとうございます!」

お客様とのコミュニケーションが楽しくなった彼女は、すっかりお客さんの顔と名前を覚え、

「○○さん、今日はこのチョコよりも、もっと安いチョコが出てますよ」

「今日はマグロよりもカツオの方が良いわよ」

などと言うようになったのです。

彼女は段々この仕事が楽しくなってきました。

そんなある日のこと。

彼女が忙しくレジ打ちをしていると、店内放送が響きました。

「本日は混み合いまして、誠に申し訳ございません。

どうぞ、空いているレジにお回りください」

暫くすると、また放送が響きました。

「重ねて申し上げますが、どうぞ、空いているレジにお回りください」

三回目のアナウンスを聞いて彼女は何かおかしいと気付き、周りを見渡して…驚きました。

他のレジが全部空いているのに、彼女のレジにしかお客さんが並んでいなかったのです。

店長が慌てて、お客さんに駆け寄り声を掛けます。

「どうぞあちらへお回りください」

するとお客さんは、

「放っといてちょうだい!私はここへ買い物に来ているんじゃない!

あの人と喋りに来ているんだ!

だからこのレジじゃないとイヤなんだ!」

その瞬間、彼女はワッと泣き崩れました。

他のお客さんも言いました。

「特売は他のスーパーでもやっているよ。

だけど私は、このお姉さんと話をするためにここへ来ているんだ。

だからこのレジに並ばせておくれよ」

彼女はボロボロと泣き崩れたまま、レジを打つことが出来ませんでした。

仕事というのはこれほど素晴らしいものなのだと初めて気付いたのです。

そう、既に彼女は昔の自分ではなくなっていたのです。

会議室(フリー写真)

忘れられない誕生日

俺は入社以来、ひたすら数字を追い続けて来た。 毎日必死に働き、7年経った今では会社からも業績を認められるようになった。 何度か昇格をして、部下が何人か居る。 重要な仕…

信号(フリー写真)

素直な感謝の気持ち

今日、近所の交差点で車に乗り信号待ちをしていると、前方の右折車線でジリジリ前進している車がいた。 明らかに『信号が青になった瞬間に曲がっちまおう』というのが見え見え。 この…

ディズニーランド(フリー写真)

ディズニーランドの星

ある日、ディズニーランドのインフォメーションに、一人の男性が暗い顔でやって来ました。 「あの…落とし物をしてしまって」 「どういったものでしょうか?」 「サイン帳です…

病室(フリー背景素材)

またどこかで会おうね

俺は以前、病院勤務をしていた。と言っても看護婦や医者などの有資格者じゃないんだけどね。 それでさ、掃除しようと思ってある病室に入ったんだよ。 よく知らずに入ったらさ、どうや…

教室(フリー背景素材)

同級生の思いやり

うちの中学は新興住宅地で殆どが持ち家、お母さんは専業主婦という恵まれた家庭が多かった。 育ちが良いのか、虐めや仲間はずれなどは皆無。 クラスに一人だけ、貧乏を公言する男子が…

靴を持つ夫婦(フリー写真)

二つの指輪

「もう死にたい…。もうやだよ…。つらいよ…」 妻は産婦人科の待合室で、人目もはばからず泣いていた。 前回の流産の時、私の妹が妻に言った言葉…。 「中絶経験があったりす…

バー(フリー写真)

痛みを知る者

自分でも理由は判らないが、気が付けば仕事のやる気を失くしていた。 会社を欠勤し、それが数日続いたある日の夜、強面の上司が自宅に来た。 最後通告かなと思いながら、上司の行きつ…

レトロなサイダー瓶(フリー写真)

子供時代の夏

大昔は、8月上旬は30℃を超えるのが夏だった。朝晩は涼しかった。 8月の下旬には、もう夕方の風が寂しくて秋の気配がした。 泥だらけになって遊びから帰って来ると、まず玄関に入…

結婚式(フリー写真)

二人目の子供

俺が結婚したのは20歳の頃だった。当時、妻は21歳。学生結婚だった。 二年ほど貧乏しながら幸せに暮らしていたのだが、ある時、妊娠が発覚。 俺は飛び上がるくらい嬉しく、一人で…

教室(フリー写真)

女の子を庇うため

中学一年の時のこと。 授業中に隣の席の女の子がおしっこを漏らしていました。 女の子の席は一番後ろの端だったので、他には誰も気が付いていない様子。 僕はおもむろに席を立…