優しい彼の嘘

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

桜(フリー写真)

私には付き合って一年の彼氏がいました。

その彼氏(Sとします)には持病があり、心臓を患っていました。

一緒にご飯を食べていると胸を押さえて苦しがったり、偶に倒れたり、何度もキツいと言いました。

私はそんなSに何もしてあげることが出来ずにいました。

「大丈夫?」

とか何の根拠も無いことしか言えず、悔しく思う毎日でした。

そして冬になり、受験生である私達は勉強ばかりで連絡も取らなくなりました。

Sと私は受験が終わったら必ず連絡するからと約束し、勉強に励んでいました。

Sは頭が良く、レベルの高い高校を目指していました。

ある時、そんなSが推薦を受けていたという噂を耳にしました。

SにLINEし、

「高校どうしたの?」

と聞きました。するとSは、

「○○高校目指して頑張ってるよ」

と答えました。

何で、嘘を吐くのだろう。

それに推薦を受けたその高校はレベルが低い商業科。何を考えているの。

私はSと揉め、嘘を吐かれたことに腹を立てSと別れました。

そして、Sのことを気にすることも思い出すことも無く、普通に過ごしました。

暫くしてからSからLINEが届きました。

「あの時はすまん。俺、実は心臓の手術受けるん。一般入試の日と被って受験出来んから推薦受けた。嘘吐いたのは、この大事な時期に動揺させたくなかったから」

この言葉に、私は不覚にも泣いてしまいました。

Sは理由も無く嘘を吐く人じゃないと知っていたのに、訳も聞かず突然別れを告げ、何てことをしてしまったのだろうと後悔しました。

「俺は内定もらって高校決まってしまった。お前より先に受かってごめん。お前は絶対、普通科受かれよ。ああ、一般入試受けたかった」

「解ってる。あんたの分まで一生懸命勉強して合格するからね」

「お前が無事に合格すること、それが俺の願い。病院で応援してる」

沢山泣いてしまった。

こんな風に思っていてくれたなんて。

その日、私はSとよりを戻しました。

相変わらず連絡は取らないままで。

一般入試の三日前に、

「病院行く」

と連絡が入り、Sは入院しました。

そして私は一般入試の日を迎えました。

緊張した面持ちで志望校の校門まで行きました。

するとそこにはSが立っていました。

何も無かったような顔で、

「よっ!退院出来たから、喝入れに来た」

と言い、Sは笑っていました。

「喝入れて」

と背中を押してもらい、少し言葉を交わし、試験会場へ足を運びました。

そして私は見事合格しました。

Sは自分のことのように喜んでくれました。

久しぶりに会う約束をした時には、いつもと変わらない笑顔で

「受験お疲れさま!」

と抱き締めてくれました。

Sは一般入試当日。退院したばかりで胸を切ったところが痛むまま、無理してでも会いに来てくれていたそうです。サプライズだと言っていました。

何でこんなに良い人なんだろう。

嘘の訳もちゃんと確かめていたら良かった。

今でも後悔しています。

もし優しい彼が思わぬ嘘を吐いた時、それには絶対理由があるので確かめてください。

私みたいにならないでください。

皆さんの幸せを願います。

手を繋ぎ歩く子供(フリー写真)

身近な人を大切に

3歳ぐらいの時から毎日のように遊んでくれた、一個上のお兄ちゃんが居た。 成績優秀でスポーツ万能。しかも超優しい。 一人っ子の俺にとっては、本当にお兄ちゃんみたいな存在だった…

妊婦さん(フリー写真)

私の宝物

中学2年生の夏から一年間も入院した。 退院して間もなく高校受験。 高校生になると、下宿生活になった…。 高校を卒業して就職。 田舎を飛び出して、会社の寮に入った…

夫婦(フリー写真)

幸せなことは何度でもある

結婚5年目に、ようやく待ちに待った子供が産まれた。 2年経って子供に障害があることが判明し、何もかもが嫌になって子供と死のうと思った。 そしたら旦那がメールが届いた。 ※…

野球ボール(フリー写真)

父と息子のキャッチボール

私の父は高校の時、野球部の投手として甲子園を目指したそうです。 「地区大会の決勝で9回に逆転され、あと一歩のところで甲子園に出ることができなかった」 と、小さい頃によく聞か…

ネックレス(フリー写真)

大好きなあなた

大好きなあなたは、今も笑っているのでしょうか。 小さい頃に何故かおじいちゃんに引き取られた私(当時7歳)は、そこで三人の男の子に出会いました。 9歳の凄く元気なLと、12歳…

夕焼け(フリー写真)

夕焼けの絵葉書

ふと思い出したのだけど、亡くなってしまった子から絵葉書をもらったことがある。 中学生の時の隣のクラスの女の子で、病気で殆ど学校に来ないまま亡くなってしまった。 うちの学校は…

スケッチブック(フリー写真)

手作りのアルバム

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった。 だから写真の代わりに、母さんが色鉛筆で俺の絵を描いてアルバムにしていた。 絵は決して上手ではない。 た…

教室(フリー写真)

大切な幼馴染

私には、大好きな男の子がいた。 その子は幼馴染で、小さな頃からずっと一緒だった。 私はいつも支えてくれた彼が大好きだった。 でも、彼は自ら命を絶った。 首を吊…

レトロなサイダー瓶(フリー写真)

子供時代の夏

大昔は、8月上旬は30℃を超えるのが夏だった。朝晩は涼しかった。 8月の下旬には、もう夕方の風が寂しくて秋の気配がした。 泥だらけになって遊びから帰って来ると、まず玄関に入…

手を繋いで夕日を眺めるカップル(フリー写真)

ずっと並んで歩こうよ

交通事故に遭ってから左半身に少し麻痺が残り、日常生活に困るほどではないけれど、歩くとおかしいのがばれる。 付き合い始めの頃、それを気にして一歩下がるように歩いていた私に気付き、手…