優しい彼の嘘

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

桜(フリー写真)

私には付き合って一年の彼氏がいました。

その彼氏(Sとします)には持病があり、心臓を患っていました。

一緒にご飯を食べていると胸を押さえて苦しがったり、偶に倒れたり、何度もキツいと言いました。

私はそんなSに何もしてあげることが出来ずにいました。

「大丈夫?」

とか何の根拠も無いことしか言えず、悔しく思う毎日でした。

そして冬になり、受験生である私達は勉強ばかりで連絡も取らなくなりました。

Sと私は受験が終わったら必ず連絡するからと約束し、勉強に励んでいました。

Sは頭が良く、レベルの高い高校を目指していました。

ある時、そんなSが推薦を受けていたという噂を耳にしました。

SにLINEし、

「高校どうしたの?」

と聞きました。するとSは、

「○○高校目指して頑張ってるよ」

と答えました。

何で、嘘を吐くのだろう。

それに推薦を受けたその高校はレベルが低い商業科。何を考えているの。

私はSと揉め、嘘を吐かれたことに腹を立てSと別れました。

そして、Sのことを気にすることも思い出すことも無く、普通に過ごしました。

暫くしてからSからLINEが届きました。

「あの時はすまん。俺、実は心臓の手術受けるん。一般入試の日と被って受験出来んから推薦受けた。嘘吐いたのは、この大事な時期に動揺させたくなかったから」

この言葉に、私は不覚にも泣いてしまいました。

Sは理由も無く嘘を吐く人じゃないと知っていたのに、訳も聞かず突然別れを告げ、何てことをしてしまったのだろうと後悔しました。

「俺は内定もらって高校決まってしまった。お前より先に受かってごめん。お前は絶対、普通科受かれよ。ああ、一般入試受けたかった」

「解ってる。あんたの分まで一生懸命勉強して合格するからね」

「お前が無事に合格すること、それが俺の願い。病院で応援してる」

沢山泣いてしまった。

こんな風に思っていてくれたなんて。

その日、私はSとよりを戻しました。

相変わらず連絡は取らないままで。

一般入試の三日前に、

「病院行く」

と連絡が入り、Sは入院しました。

そして私は一般入試の日を迎えました。

緊張した面持ちで志望校の校門まで行きました。

するとそこにはSが立っていました。

何も無かったような顔で、

「よっ!退院出来たから、喝入れに来た」

と言い、Sは笑っていました。

「喝入れて」

と背中を押してもらい、少し言葉を交わし、試験会場へ足を運びました。

そして私は見事合格しました。

Sは自分のことのように喜んでくれました。

久しぶりに会う約束をした時には、いつもと変わらない笑顔で

「受験お疲れさま!」

と抱き締めてくれました。

Sは一般入試当日。退院したばかりで胸を切ったところが痛むまま、無理してでも会いに来てくれていたそうです。サプライズだと言っていました。

何でこんなに良い人なんだろう。

嘘の訳もちゃんと確かめていたら良かった。

今でも後悔しています。

もし優しい彼が思わぬ嘘を吐いた時、それには絶対理由があるので確かめてください。

私みたいにならないでください。

皆さんの幸せを願います。

関連記事

女性の後姿(フリー写真)

宝物ボックス

俺が中学2年生の時だった。 幼馴染で結構前から恋心も抱いていた、Kという女子が居た。 でもKは、俺の数倍格好良い男子と付き合っていた。俺が敵う相手ではなかった。 彼女…

パソコン(フリー写真)

母からのメール

私が中学3年生になって間もなく、母が肺がんであるという診断を受けたことを聞きました。 当時の自分は受験や部活のことで頭が一杯で、生活は大丈夫なのだろうか、お金は大丈夫なのだろう…

手を握る(フリー写真)

ごうちゃん

母が24歳、父が26歳、自分が6歳の時に両親は離婚した。 母が若くして妊娠し、生まれた自分は望まれて生を受けた訳ではなかった。 母は別の男を作り、父は別の女を作り、両親は裁…

結婚式(フリー写真)

前彼の祝福

学生時代、彼氏を事故で亡くした。 引き摺りまくって、もう新しい彼氏も結婚も要らないと荒み、誘いも蹴り告白も断った。 お一人様の老後を設計していたのだけど、ある日いきなりご縁…

どんぐり(フリー写真)

どんぐり

毎年お盆に帰省すると、近くの川で『送り火』があります。 いつもは淡い光の列がゆっくり川下に流れて行くのを眺めるだけなのだけど、その年は灯篭に『さちこ』と書いて川に浮かべました。 …

ジッポ(フリー写真)

ジッポとメンソール

俺は煙草は嫌いだ。でも、俺の部屋には一個のジッポがある。 ハートをあしらったデザインは俺の部屋には合わないけど、俺はこのジッポを捨てる事は無いだろう。 一年前。いわゆる合コ…

花と手紙(フリー写真)

彼女が遺した手紙

私(晃彦)には幼稚園から連れ添ってきた恋人(美咲)がいる。 私が高校を卒業し、就職してからも同居し、貧乏ながらも支えてくれた掛け替えのない存在。 プロポーズの決心をしてから…

女性(フリー写真)

見守ってる

昨日、恋人が死んだ。 病気で苦しんだ末、死んだ。 通夜が終わり、病院に置いて来た荷物を改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛の手紙が入っていた。 そこには、 …

夏の部屋(フリー写真)

残された兄妹

3年前、金融屋をやっていたんだけど、その年の夏の話。 いつものように追い込みを掛けに行ったら、親はとっくに消えていたんだけど、子供が二人置いて行かれていた。 5歳と3歳。上…

家の居間(フリー写真)

妹を守る兄

兄が6歳、私が2歳の頃に両親が離婚した。 私にその当時の記憶は殆ど無く、お父さんが居ないことを気にした覚えもありませんでした。 小学生に上がる頃に母が再婚し、義理の父が本当…