優しい彼の嘘

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

桜(フリー写真)

私には付き合って一年の彼氏がいました。

その彼氏(Sとします)には持病があり、心臓を患っていました。

一緒にご飯を食べていると胸を押さえて苦しがったり、偶に倒れたり、何度もキツいと言いました。

私はそんなSに何もしてあげることが出来ずにいました。

「大丈夫?」

とか何の根拠も無いことしか言えず、悔しく思う毎日でした。

そして冬になり、受験生である私達は勉強ばかりで連絡も取らなくなりました。

Sと私は受験が終わったら必ず連絡するからと約束し、勉強に励んでいました。

Sは頭が良く、レベルの高い高校を目指していました。

ある時、そんなSが推薦を受けていたという噂を耳にしました。

SにLINEし、

「高校どうしたの?」

と聞きました。するとSは、

「○○高校目指して頑張ってるよ」

と答えました。

何で、嘘を吐くのだろう。

それに推薦を受けたその高校はレベルが低い商業科。何を考えているの。

私はSと揉め、嘘を吐かれたことに腹を立てSと別れました。

そして、Sのことを気にすることも思い出すことも無く、普通に過ごしました。

暫くしてからSからLINEが届きました。

「あの時はすまん。俺、実は心臓の手術受けるん。一般入試の日と被って受験出来んから推薦受けた。嘘吐いたのは、この大事な時期に動揺させたくなかったから」

この言葉に、私は不覚にも泣いてしまいました。

Sは理由も無く嘘を吐く人じゃないと知っていたのに、訳も聞かず突然別れを告げ、何てことをしてしまったのだろうと後悔しました。

「俺は内定もらって高校決まってしまった。お前より先に受かってごめん。お前は絶対、普通科受かれよ。ああ、一般入試受けたかった」

「解ってる。あんたの分まで一生懸命勉強して合格するからね」

「お前が無事に合格すること、それが俺の願い。病院で応援してる」

沢山泣いてしまった。

こんな風に思っていてくれたなんて。

その日、私はSとよりを戻しました。

相変わらず連絡は取らないままで。

一般入試の三日前に、

「病院行く」

と連絡が入り、Sは入院しました。

そして私は一般入試の日を迎えました。

緊張した面持ちで志望校の校門まで行きました。

するとそこにはSが立っていました。

何も無かったような顔で、

「よっ!退院出来たから、喝入れに来た」

と言い、Sは笑っていました。

「喝入れて」

と背中を押してもらい、少し言葉を交わし、試験会場へ足を運びました。

そして私は見事合格しました。

Sは自分のことのように喜んでくれました。

久しぶりに会う約束をした時には、いつもと変わらない笑顔で

「受験お疲れさま!」

と抱き締めてくれました。

Sは一般入試当日。退院したばかりで胸を切ったところが痛むまま、無理してでも会いに来てくれていたそうです。サプライズだと言っていました。

何でこんなに良い人なんだろう。

嘘の訳もちゃんと確かめていたら良かった。

今でも後悔しています。

もし優しい彼が思わぬ嘘を吐いた時、それには絶対理由があるので確かめてください。

私みたいにならないでください。

皆さんの幸せを願います。

高校生(フリー写真)

ほら、笑いなよ!

高校2年生の夏、僕は恋をした。 好きで好きで堪らなかった。 その相手を好きになった切っ掛けは、僕がクラスで虐めに遭い落ち込んでいた頃、生きる意味すら分からなくなり教室で一人…

チューリップ(フリー写真)

立派なお義母さん

結婚当初は姑と上手く噛み合わず、会うと気疲れしていた。 意地悪されたりはしなかったけど、気さくでよく大声で笑う実母に比べ、足を悪くするまでずっと看護士として働いていた姑は喜怒哀楽…

夕陽(フリー写真)

親父からの感謝の言葉

俺の親父は我儘な人だった 小遣いは母親から好きな時に好きなだけ貰い、そのくせ下手なギャンブルでスっては不機嫌な様子で家に帰って来て、酒を飲みまくり暴れるような人だった。 幸…

母(フリー写真)

お母さんへ

お母さん 台所に立つとあなたが横に立って居る気がします。 お母さん 洗濯物を畳んでいると、ずぼらな私に 「ほらもっとキレイに畳まないと」 と言うあなたの声…

ダイビング(フリー写真)

海中の恋

一年前から行きたかったダイビング体験ツアーに行くことになった。 本当は彼女と行きたかったのだが、春が来る前に別れてしまった。 だから仕方なく、男三人で南国へ向かった。 ※…

手紙(フリー写真)

連絡帳の約束

俺が小学五年生の時、寝たきりで滅多に学校に来なかった女の子と同じクラスになったんだ。 その子は偶に学校に来たと思ったらすぐに早退してしまうし、最初はあいつだけズルイなあ…なんて思…

ナースステーション(フリー写真)

最強のセーブデータ

俺が小学生だった時の話。 ゲームボーイが流行っていた時期のことだ。 俺は車と軽く接触し、入院していた。 同じ病室には、ひろ兄という患者が居た。 ひろ兄は俺と積極…

手のひら(フリー写真)

出会い

昔、美術館でバイトをしていた。 その日の仕事は、地元の公募展の受け付け作業。 一緒に審査員の先生も一人同席してくれる。 その時に同席してくれたのは、優しいおじいちゃん…

公園と夕暮れ(フリー写真)

大好きな芸人

芸人の江頭さんがとある公園でロケをしていると、公園の隣にある病院から抜け出して来ていた車椅子の女の子がそのロケを見ていた。 ロケが終わり、その車椅子の女の子は江頭さんに 「…

バー(フリー写真)

大好きな姉

20歳を迎えたその日、姉が雰囲気の良いショットバーに連れて行ってくれた。 初めてのバーに圧倒されている俺を見て、姉は 「緊張してんの? 何か子供の頃のアンタみたい」 …