パパの一時間はいくら

公開日: 子供 | 家族 | 心温まる話

プログラミング(フリー素材)

プログラマーの父は、今日も仕事で疲れ切って遅い時間に帰って来た。

すると、彼の5歳になる娘がドアのところで待っていたのである。

彼は驚いて言った。

「まだ起きていたのか。もう遅いから早く寝なさい」

「パパ。寝る前に聞きたいことがあるんだけど」

「何だ?」

「パパは、一時間にいくらお金をもらうの?」

「お前には関係ないことだ」

父はイライラして言った。

「何だって、そんなこと聞くんだ」

「どうしても知りたいだけなの。一時間にいくらなの?」

女の子は嘆願した。

「あまり給料は良くないさ…。20ドルくらいだな。ただし残業代は出ないよ」

女の子は言った。

「わぁ!ねえ、パパ。私に10ドル貸してくれない?」

「何だって!」

疲れていた父親は激昂した。

「お前が何不自由なく暮らせるために俺は働いているんだ。

それが金が欲しいだなんて。だめだ!

早く部屋に行って寝なさい!」

女の子は黙って自分の部屋に行った。

暫くして父親は後悔し始めた。少し厳しく叱り過ぎたかもしれない…。

多分、娘はどうしても買わなくちゃならないものがあったのだろう。

それに、今まで娘はそんなに何かをねだることはしなかった。

父は娘の部屋へ行くと、そっとドアを開けた。

「もう、寝ちゃったかい?」

彼は小さな声で言った。

「ううん。パパ」

女の子の声がした。少し泣いているようだ。

「今日は長いこと働いていたし、ちょっとイライラしてたんだ…。ほら。お前の10ドルだよ」

女の子はベットから起き上がって、顔を輝かせた。

「ありがとう。パパ!」

そして小さな手を枕の下に入れると、数枚の硬貨を取り出した。

父親は少し驚いて言った。

「おいおい。もういくらか持っているじゃないか」

「だって足りなかったんだもん。でも、もう足りたよ」

そして、10ドル札と硬貨を父親に差し伸べてこう言った。

「パパ。私、20ドル持ってるの。これでパパの一時間を買えるよね?」

関連記事

父の手(フリー写真)

受け継がれた情熱

俺の親父は消防士だった。 いつ何があってもおかしくない仕事だから、よく母に 「俺に何かあっても、お前らが苦労しないようにはしてる」 と言っていたのを憶えている。 ※…

親子(フリー写真)

娘が好きだったハム太郎

娘が六歳で死んだ。 ある日突然、風呂に入れている最中に意識を失った。 直接の死因は心臓発作なのだが、持病の無い子だったので病院も不審に思ったらしく、俺は警察の事情聴取まで受…

教室の机(フリー写真)

丸坊主だらけの教室

中学生の弟が、学校帰りに床屋で丸坊主にして来た。 失恋でもしたのかと聞いたら、小学校からの女の子の友達が今日から登校するようになったからだ、と言う。 彼女は今まで病気で入院…

病院のベッド(フリー写真)

貴重な家族写真

俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある。 見た目は普通の写真なのだけど、実はその時父が難病を宣告され、それほど持たないだろうと言われ、入院前に今生最後の写真はせめて家族と…と撮っ…

教室の風景(フリー写真)

変わらぬ優しい笑顔

酷い虐めだった。 胃潰瘍ができるほど、毎日毎日、恐怖が続いた。 今もそのトラウマが残っている。 僕がボクシングを始めた理由。それは、中学生の時の虐めだ。 相手…

手紙(フリー写真)

天国の妻からの手紙

嫁が激しい闘病生活の末、若くして亡くなった。 その5年後、こんな手紙が届いた。 どうやら死期が迫った頃、未来の俺に向けて書いたものみたいだ。 ※ Dear 未来の○○ …

ゲームセンターの筐体(フリーイラスト)

もう一回出来るよ

今日、ゲーセンで人のプレイを見物していたら、カプエス台(※注1)に小学生らしき子が乱入していた。 波動拳も知らないようで、ひたすらガチャプレイ。 ガードもままならないまま、…

桜(フリー写真)

春一番と親切なカップル

春一番が吹き荒れた日。 本当に物凄い強風で、その日は朝から店の看板が倒れたりトラブル続きで、ずっと落ち着かず疲れ切っていた。 そんな時、若いカップルのレジをしていると、彼氏…

海の父娘(フリー写真)

例え火の中でも

私の両親は小さな喫茶店を営んでいます。 私はそこの一人娘で、父は中卒で学歴はありませんが、とても真面目な人でした。 バブルが弾けて景気が悪化して来た頃、父は仕事の暇な時間に…

親子(フリー写真)

生んでくれてありがとう

母が死んで今日で一年が経つ。 高齢出産だったこともあり、俺の同年代の友達の親と比べると明らかに歳を取っていた。 「何でもっと若い頃に生んでくれなかったの!?」 と責め…