学生時代の思い出

学校(フリー写真)

俺が中学生の時の話。

当時はとにかく運動部の奴がモテた。

中でも成績が優秀な奴が集まっていたのがバスケ部だった。

気が弱くて肥満体の俺は、クラス替え当日から、バスケ部員の同級生二人に目を付けられてしまった。

学級委員のIは、とにかく品行方正厳格を絵に描いたような奴だった。

俺が少しでもトロトロ鈍臭い行動を取ったり、何か些細なミスをしたら、ビシッと雷を落としてきた。

その時はマジで背筋がピンとなるし、本当にヘコんだ。

自分の不甲斐無さに自己嫌悪に陥る毎日だった。

最悪なのはもう一人のバスケ部員K。

長身の男前で、チャラいという表現がピッタリ当てはまる奴だった。

そいつとは出席番号が隣同士だった。

50メートルの記録を計る時に、

「こんな豚と一緒に走ると、俺までタイム遅くなるわ」

と、大声で嫌味を言うような奴だった。

その時はいつも拳を握って耐えていた。

KよりIが怖かったからだ。

殴りかかってもし怪我でもさせたら、バスケ部繋がりで何を言われるかと思うと、すっかりビビってしまっていた。

ある時、まだ携帯電話も無い時代のこと。

俺はあるアイドルの写真を週刊誌などでひたすら集めて、友人に自慢じゃないけど見せて楽しんでいた。

するとクラスのイケている女子から声を掛けられた。

普段は自分と話す階級の子ではない。

俺は最下層のイケていない男子だから(笑)。

「アイドルの写真、少しくれない?」

笑顔の可愛い彼女を見たら、下心などではなく話せた喜びから、アイドルの切り抜きをあるだけ譲った。

彼女が立ち去った後、Iがやって来た。

『やばっ、また雷を落とされる?』と内心ビビった。

「馬鹿だな、お前は。あの女、Kの彼女だぞ。利用されたんだよ、お前は」

つまりKもそのアイドルのファンだった訳で…。

情けなくて泣きそうになった。

ただ不思議だったのは、その時のIの口調が優しかったんだよね。

そのためか思ったより立ち直りが早かった。

暫くして、校内相撲大会の団体戦をすることになった。

毎年恒例の学校行事で、クラス対抗戦だ。

Kがまた嫌味を言ってきた。

「豚、お前のためにある大会じゃねーか、出ろよ」

アイドル切り抜きの件もあり、流石にブチ切れた。

『やってやろうじゃん』みたいな感じ。

その瞬間、Iがいきなり意外な言葉を発した。

「賞状欲しいしな。強い奴を選ぶのが当たり前だろうよ」

デブだが力もあり、相撲もそこそこ強かった俺は、団体戦の大将に推薦された。

Iは副将、背が高いし何よりガタイが良い。

この時も不思議に思ったのは『俺より強いのに何故Iではなく俺が大将なん?』ということだった。

Kもガタイが良いから、選ばれた。

上半身裸でジャージにまわしが嫌だとぶーたれていたが、Iの

「出ろよ」

の一言で、相撲大会に出場へ。

そして、試合当日。

Kが小芝居をしながら、

「腹壊したから出れない」

と言う。仮病だと丸分かりだった。

その時もIが

「根性無いやつだな、彼女に出るなとでも言われたのか?」

と、クラス全員の前でKを罵倒した。

真っ赤な顔になり、教室から逃げ出すように出て行ったK。

団体戦は残念ながら、8クラス中4位だった。

3位まで賞状を貰えたのに。

3位決定戦で、大将の俺が負けたせいだった。

前の試合で巨体相手にぶん投げられ、足首を捻挫していた俺。

3位決定戦の相手は、柔道部の巨漢だった。

それでも腫れ上がった足首など気にせず、向かって行った。

土俵俵まで追い詰めたんだが、柔道技で見事にぶん投げられ、逆転負け。

試合が終わり、項垂れるみんな。

俺も責任を感じて半泣きだった。

でも、誰も俺を責めに来なかった。

次の日、足を引き摺りながら教室に入ると、Kが居た。

「おい豚、悲劇のヒーロー気取りか」

冷ややかな笑い。

負けた負い目から、俺は耐えるしかないなと諦めていた。

次の瞬間だった。

「下痢ピーは治ったんか? K」

Iだった。

「お前に、こいつ責める資格あんのか?」

Kがビビっているのが、手に取るように解った。

「バスケ部でも、練習はチンタラやるだけ。こいつ(俺のこと)より勉強も出来ねーだろ。

50メートル走も、タイム変わらんじゃねーか」

俺が言いたいことをIが全て言ってくれている。

「お前がこいつより優れてるのは、ずる賢い彼女が居るかくらいだろが。

アイドルの写真はどうした? 彼女にちゃんと貰えたのか?」

泣きそうな顔のK。

あまりの発言に口あんぐりの俺。

その日、早退したK。

アイドルの切り抜きは何故か数日後、俺の机の上にあった。

卒業前になって、Iに聞いてみた。あの時のことを。

「何で、俺を庇ってくれたん?」

Iは照れ臭そうに、

「お前、鈍臭いけど真面目に一生懸命だったからな。何事も。

あと、Kは気に食わなかった。バスケ部繋がりと思われんのも、嫌だったのよ。

実際バスケ部の肩書きも、俺のかさ借りて威張り散らしてたしな」

何か納得した。

「怒る時は怒ればいいんよ。お前、俺に気を遣ってKのこと我慢してたのも、俺は知っていたからな」

涙が出そうになった。

同窓会があれば会えたんだろうが、三年の時にIとは別クラスだったんだよな。

既にもう天国に逝ったと聞いたI…。

思い出の中では、勝手に俺の友達にしているけど、許してくれよ。

いつか、あっちで会おうや。

山からの眺め(フリー写真)

命があるということ

普通に生きて来ただけなのに、いつの間にか取り返しのつかないガンになっていた。 先月の26日に、あと三ヶ月くらいしか生きられないと言われた。 今は無理を言って退院し、色々な人…

コーヒーのドリップ(フリー写真)

店長さんの嘘

俺がまだ受験生だった頃の話。 当時、塾の自習室にはどうにも居辛くて、自習室代わりによく利用している喫茶店があった。 普段は20時前には自習室に戻っていたんだけど、そこの店長…

病院のベッド(フリー写真)

貴重な家族写真

俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある。 見た目は普通の写真なのだけど、実はその時父が難病を宣告され、それほど持たないだろうと言われ、入院前に今生最後の写真はせめて家族と…と撮っ…

パラオのサンセットビーチ(フリー写真)

パラオの友情

南洋のパラオ共和国には、小さな島が幾つもある。 そんな島にも、戦争中はご多分に漏れず日本軍が進駐していた。 その島に進駐していた海軍の陸戦隊は、学徒出身の隊長の元、住民たち…

夫婦の手(フリー写真)

私は幸せでした

文才が無いため酷い文になると思いますが、少し私の話に付き合ってください。 24歳の時、私は人生のどん底に居ました。 6年間も付き合って婚約までした彼には、私の高校時代の友人…

お茶碗(フリー写真)

テーブルのお皿

私と淳子は、結婚して社宅で暮らし始めました。 台所には四人がやっと座れる小さなテーブルを置き、そこにピカピカの二枚のお皿が並びます。 新しい生活が始まることを感じました。 …

父と娘(フリー写真)

娘の望み

彼は今日も仕事で疲れ切って、夜遅くに帰宅した。 すると、彼の5歳になる娘がドアの所で待っていたのである。 彼は驚いて言った。 父「まだ起きていたのか。もう遅いから早く…

美しい人生(フリー写真)

お帰りなさい

マニュエル・ガルシアは元気で頼もしく、近所でも働き者と評判の父親だった。 妻に、子供に、仕事に、将来、全て計画通りに運んでいた。 ある日、マニュエル・ガルシアは腹の痛みを訴…

赤ちゃん(フリー写真)

本当に価値がある存在

君がママのお腹に居ると判った時、ママは涙ぐんでいた。 妊娠したと聞いて僕は、 「おーそうか」 なんて冷静に言おうとしたけど、すぐに涙が出たんだ。 決して口には出…

愛(フリー写真)

伝わる気持ち

嫁は妊娠中。もうすぐ八ヶ月。 ある日、西日の部屋でソファに座ってお腹を撫でている嫁を見ていた。 そしたら何となく言いたくなって、後ろから抱き締めて 「愛してる」 …