パパと綴られた手紙

公開日: 子供 | 家族 | 心温まる話

手紙

私が30歳になった年、ひとつ年下の彼女と結婚しました。

今、私たちには、娘が三人、息子が一人います。

長女は19歳で、次女は17歳、三女は12歳。

そして、長男は10歳です。

よく人に言われます。

「長女と次女は、奥さんが前の結婚から連れてきた子供たちなの?」

でも、そうじゃありません。

長女と次女、彼女たちは私と血はつながっています。

けれど、私の子ではないのです。

かつて、私には3歳上の姉がいました。

彼女は25歳のときに結婚し、二人の娘をもうけました。

しかし、彼女の夫はいつも夢を追いかける人でした。

デザイナーになったり、設計事務所を開いたり、政治家を目指して選挙に出馬したり。

だけど、成功はどれも手の届かないところにありました。

借金を重ね、それを返すために姉も一生懸命働いていました。

そんなある日のことです。

姉夫婦は深夜のコンビニでのアルバイトを終え、家路についていました。

その帰り道、酔っ払いの運転する車に追突されました。

二人はその事故でこの世を去りました。

当時、私は結婚したばかり。

「人生って、なんてうまくいかないんだろう」

「神様なんて、本当にいないんじゃないか」

そんなことばかり考えていました。

姉には、当時5歳と3歳の姪がいました。

彼女たちをどうするか、家族みんなで話し合いました。

私の両親は姉の苦労を知っていたから、自分たちで引き取って育てたいと言いました。

私も、それが最善だと信じていました。

しかし、姉の夫の家族は、収入の面で不安があると反対しました。

彼らの家庭は自営で、確かに収入はあったものの、将来は不透明でした。

そんな中で、私は姪たちに尋ねました。

「俺と一緒に住むか?」

彼女たちは小さな声で「うん」と答えました。

私の妻に事情を話すと、彼女はこう言ってくれました。

「それなら、自分の子と思えばいい」

私たちは、突然二人の親になりました。

二人の姪はとても素直でしたが、私たちを「パパ」「ママ」と呼ぶことには抵抗がありました。

特に長女は、7年もの時間がかかりました。

それでも、高校生になったある日、彼女の未来についての話が変わりました。

大学で何を学びたいかという三者面談で、彼女は音楽の先生になりたいと言いました。

彼女が小さいころからピアノを弾いていたこと、それが姉とのつながりを感じているのだと私は理解しました。

長女は東京の音楽大学に行きたいと言い、ついには

希望の大学に推薦で合格しました。

けれども、彼女は私のことを一度も「パパ」と呼ばなかった。

ただのあだ名で。

長女が東京へと旅立つ日、私は海外出張中でした。

帰国してから、妻から長女が家族全員に宛てた手紙を受け取りました。

涙が溢れました。

その手紙にはこう書かれていました。

◯◯ちゃんへ、

涙を流しながら◯◯ちゃん(次女の名前)と一緒に、あなたと暮らし始めた日を昨日のように覚えています。

怒られたときもありましたが、遊んでくれたときの嬉しさも忘れません。

本当に感謝しています。ありがとう。

東京の音大まで送り出してくれて、心から感謝しています。

これからもっとしっかりして、いい子になって帰ります。

そして最後に。

パパ、本当にありがとう。大好きです。

ああ、私もお前のことが大好きだ。

関連記事

ワイン(フリー写真)

ワイン好きの父

いまいち仲が良くなかった父が、入院する前夜にワインを取り出し、 「まあいつまで入院するか分からないけど、一応、別れの杯だ」 なんて冗談めかして言ったんだ。 こんなのは…

インドネシアの朝焼け(フリー写真)

インドネシア建国の神話

1602年、オランダはジャワ島に東インド会社を設立し、植民地経営を始めました。 首都のジャヤカルタはバタヴィアに改称され、以降350年間に渡って、オランダは東ティモール以外の領…

手を握る(フリー写真)

ごうちゃん

母が24歳、父が26歳、自分が6歳の時に両親は離婚した。 母が若くして妊娠し、生まれた自分は望まれて生を受けた訳ではなかった。 母は別の男を作り、父は別の女を作り、両親は裁…

ウェディングドレスの女性(フリー写真)

俺の娘が、俺の嫁になった話

俺には、嫁がいない。 正確に言えば、嫁はいたのだが、病気で先立ってしまった。 ただ、俺には10歳の娘がいる。 娘は本当にヤンチャで、しょっちゅうケンカして帰って来る…

町並み

町の片隅に住む五人家族

それは、お父さん、お母さん、そして小学生の三姉妹から成る仲良しの一家だった。 しかし、時は残酷にもその家族の中心であるお母さんを奪ってしまう。 ある日の帰宅途中、悲しい交…

犬(フリー写真)

盲導犬のサリー

私がかつて知っていた盲導犬のサリーの話です。 サリーはとても頭の良い犬でした。 盲導犬としての訓練を優秀な内容で終え、飼い主さんの元へ預けられました。 サリーは晴れ…

月明かり(フリー写真)

お月さんの下で

昨日、彼女の家の犬が死んだ。 彼女の家は昔、彼女の兄貴が高校生という若さで自殺してから、両親も彼女もうつ病になって酷い状態だったらしい。 そんな時に引き取って来た犬だったそ…

女子高生(フリー写真)

一緒に生きる覚悟

妻が亡くなる前、闘病の際に「私が死んでも泣かないで」と娘二人は言われていました。 それから数日後、妻は息を引き取りました。 通夜の晩は私が会場で妻に付き添うこととし、当時…

カレーライス(フリー写真)

クロベーの笑顔

俺が小学生の頃の話。 同じクラスに黒田平一(仮名)、通称クロベーというやつが居たんだ。 クロベーの家は母子家庭で、母親とクロベーと弟の3人暮らしだった。 クロベーの一…

手作りハンバーグ(フリー写真)

最後の味

私が8歳で、弟が5歳の頃の話です。 当時、母が病気で入院してしまい、父が単身赴任中であることから、私達は父方の祖母の家に預けられていました。 母や私達を嫌っていた祖母は、…