忘れられない君への手紙

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛 | 悲しい話

水族館

あなたは本当に、俺を困らせたよね。

あの日、バスの中でいきなり大声で「付き合ってください!」って言った時から、もう、困ったもんだ。

みんなの視線が痛かったよ。

初デート、3時間も待たされて、マジで心配したよ。

それに、ペアマグを買った日、あなた、すぐに落として割っちゃったじゃん。

あの時は笑ったけど、内心は「またかよ…」って思ったさ。

海遊館でイルカ見て、はぐれた日も忘れられない。

あなた、イルカに夢中で人混みに消えちゃって、びっくりしたよ。

それからは、どこに行くにも手を繋いでたな。

修学旅行のお土産、ぬいぐるみを渡した時、あなた泣き過ぎだよ。

周りからは「なにしたんだ?」って視線を感じたけど、あなたの笑顔が見れて良かった。

誕生日、帰りにずっと離れなくて、親に怒られたけど、あの時間は今も宝物だ。

でも、一番辛かったのは、病気のことを打ち明けられた時。

なんで隠してたの?心配させるより、一緒にいたかったよ。

そして、あの日、一緒に泊まった。

あなた、興奮しすぎて友達に電話しまくって、学校で大変だったんだから。

病気が治ったって聞いた時、嬉しかった。

でも、その後すぐ別れを告げられて、心が張り裂けそうだった。

連絡が途絶えた時、本当に辛かった。

高校に入って、あなたからの手紙が来た時は、嬉しさでいっぱいだった。

でも、あなたのお母さんからの手紙を読んで、全部が変わった。

病気が治ったって嘘、東京に行く理由が治療のためだったなんて。

悲しいより、嘘をつかれた方が悲しいんだ。

最後くらい、一緒にいたかった。

あなたの手紙の最後の言葉、「あなたを愛しています」。

それ、直接聞きたかった。

でもね、あなたと過ごした時間は、俺の一番の宝物だ。

ありがとう、あなたと一緒に笑えて、本当に幸せだった。

それから、また小包が届いたよ。

あなたの闘病日記の1ページと、お気に入りのピアス。

最後まで、俺を困らせるんだね。

あなたの最後の願い、「私以上に、誰かを愛してください」。

そのピアス、今は俺のネックレスだ。

新しい恋、始めるよ。

ありがとう、本当に。

関連記事

万年筆(フリー写真)

わすれられないおくりもの

生まれて初めて、万年筆をくれた人がいました。 私はまだ小学4年生で、使い方も知りませんでした。 万年筆をくれたので、その人のことを『万年筆さん』と呼びます。 万年筆…

青空(フリー写真)

彼女に会いに行きたい

俺も元カノを亡くしたよ。もう何年も前だけど。 中学の頃に親父が死んでも大して泣かなかったが、これはボロ泣きした。 彼女とは3年ちょい付き合って、俺の我侭で上手く行かなくなり…

父(フリー写真)

父と私と、ときどきおじさん

私が幼稚園、年少から年長頃の話である。 私には母と父が居り、3人暮らしであった。 今でも記憶にある、3人でのお風呂が幸せな家族の思い出であった。 父との思い出に、近…

ネックレス(フリー写真)

大好きなあなた

大好きなあなたは、今も笑っているのでしょうか。 小さい頃に何故かおじいちゃんに引き取られた私(当時7歳)は、そこで三人の男の子に出会いました。 9歳の凄く元気なLと、12歳…

柴犬(フリー写真)

愛犬が教えてくれたこと

俺が中学2年生の時、田んぼ道に捨てられていた子犬を拾った。 名前はシバ。 雑種だったけど柴犬そっくりで、親父がシバと名付けた。 シバが子犬の頃、学校から帰って来ては…

キャンドル(フリー写真)

キャンドルに懸けた想い

僕は24歳の時、当時勤めていた会社を退職して独立しました。 会社の駐車場で寝泊まりし、お子さんの寝顔以外は殆ど見ることが無いと言う上司の姿に、未来の自分の姿を重ねて怖くなったこと…

夕日

再会の約束

私の心に刻まれた恋の物語をお話しします。 大学生の日々、初めて彼氏ができました。 私たちは同じキャンパス、同じサークルで出会った運命の人でした。 お互いに気持ちを深…

結婚指輪(フリー写真)

ずっと笑っていてね

去年の夏、彼女が逝きました。 ある日、体調が優れないので病院へ。 検査の結果、癌。 余命半年と診断されました。 最期まで「もっと生きたい」「死にたくない」とは言…

パソコン(フリー写真)

母からのメール

私が中学3年生になって間もなく、母が肺がんであるという診断を受けたことを聞きました。 当時の自分は受験や部活のことで頭が一杯で、生活は大丈夫なのだろうか、お金は大丈夫なのだろう…

夫婦の後ろ姿(フリー写真)

一番大切なもの

ここ数ヶ月、色々な意味で忙しかった。 25歳で自営を始めて10年と少し営んで来た店を畳んだ。 利益が出ず、嫁の収入が主な生活費になっていて、いつ辞めるかのタイミングを見てい…