一生懸命に生きて

星空(フリー写真)

私は昨日、小学4年生の子から手紙で相談を受けました。

『僕のお母さんに元気になって欲しくて、プレゼントをあげたいんだけど、僕のお小遣いは329円しかありません。この値段で買えて、女性が喜ぶ物は何ですか?』

という内容でした。

その子の母親は癌で長く生きられないのです。

男の子はその事実を知りません。

私は今日、デパートに男の子を連れて行きました。

「お母さんダイエットしてるのかな? 全然ご飯を食べないし、無理して笑ってるみたいなんだ。ダイエットのやつ買えるかな」

「靴買えるかな? お母さんと水族館に行きたいな」

「手紙かぁ、恥ずかしいよ!でも書いてみるね。うん、折り鶴に書いてみる」

「お花、買えるかな? でも枯れたら悲しいから、サボテンにしようかな?」

「お母さんの手、冷たかったから手袋買えるかな? でも、冬しか使えないよね」

「お母さん、キャビア食べたいって言ってた!買えるかな?」

その子の母を思う言葉、一つ一つに涙が出そうになりました。

「僕、靴にする!お母さんと色んな場所に行きたいんだ!」

靴なんてとても300円程度では買えません。

私はその子がお手洗いに行っている間に靴売場へ行き、事情を話して300円で買えるようにお願いしました。

もちろん後から足りない分を私が払うつもりでした。

店員は快く、了解してくれました。

その子を連れて靴売場に行くと、300円均一と紙に書いてありました。急いで作ったのか雑でしたが、胸が熱くなりました。

「これにする!」

選んだのは白いヒールの靴でした。

後で払おうとしたら、

「300円ですから、ちょうどです」

と笑顔で言われました。

感謝の気持ちで胸が一杯になりました。

「早くお母さんの喜ぶ顔が見たい」

と言われ、早速病院へ向かうことになりました

「お母さんプレゼント!!」

男の子は大きな声で、そして笑顔で病室のドアを開けました。

中身を見て驚いた母親は泣き出しました。

「ありがとう。でも、ごめんね。お母さん、もう靴を履いて出掛けられないかもしれないの。死んじゃうかもしれないの」

男の子は驚いた顔をした後、少し俯いてこう言いました。

「一生懸命に生きた人間は星になるんだ!

一生懸命に輝いた星は人間に生まれ変わるんだよ。

空を見ればお母さんが居るから寂しくないよ!

でも一生懸命に生きないとダメだから、諦めないで頑張ろう!

僕、お母さんと水族館に行きたいんた!ずーっと履けるように、大きいの買ったよ」

母親は涙を拭き、笑顔で男の子を抱き締めました。

もしご病気などで諦めかけている方が居りましたら、男の子の言葉を思い出してください。諦めずに頑張ること、まだ幼い子が懸命に大切だと訴えています。

生きることを諦めないで。

老人の手を握る(フリー写真)

祖父の気持ち

まだ幼い頃、祖父を慕っていた私はよく一緒に寝ていました。 私は祖父のことをとても慕っていたし、祖父にとっては初孫ということもあって、よく可愛がってくれていました。 小学校…

父と子(フリー写真)

父が遺したもの

三年前に親父が亡くなったんだけど、殆ど遺産を整理し終えた後に、親父が大事にしていた金庫が出てきたんだよ。 うちは三人兄弟なんだけど、お袋も亡くなっていて、誰もその金庫の中身を知ら…

おにぎり(フリー写真)

二人の母

俺の母親は、俺が5歳の時に癌で亡くなった。 それから2年間、父と2歳年上の姉と三人暮らしをしていた。 俺が小学1年生の時のある日曜日、父が俺と姉に向かって 「今から二…

子供の寝顔(フリー写真)

お豆の煮方

交通安全週間のある日、母から二枚のプリントを渡されました。 そのプリントには交通事故についての注意などが書いてあり、その中には実際にあった話が書いてありました。 それは交通…

朝焼け(フリー写真)

天国の祖父へ

大正生まれの祖父は、妻である祖母が認知症になってもたった一人で介護をし、祖母が亡くなって暫くは一人で暮らしていた。 私が12歳の時に、祖父は我が家で同居することになった。 …

手話(フリーイラスト素材)

手話の先生

小学生の頃、難聴の子がクラスに居た。 補聴器を付ければ普通学級でも問題無い程度の難聴の子だった。 彼女はめちゃくちゃ内気で、イジメられこそしていなかったけど、友達は居なかっ…

犬(フリー写真)

天国のアビーへ

米国の4歳の女の子が愛犬の死を受け、神様に手紙を送ったという話が、米ニュースサイトのニュースバインで紹介された。 このエピソードは、女の子の母親から送られて来たメールを見た記者…

猫(フリー写真)

愛猫との別れ

私がまだ高校生の冬、家で飼っている猫が赤ちゃんを産みました。しかも電気毛布を敷いた私の布団で。 五匹も産んだのですが、次々と飼い主が決まり、とうとう一匹だけになりました。 …

ケーキカット(フリー写真)

思い出のスプーン

私は不妊治療の末にようやく産まれた子供だったそうです。 幼い頃から本当に可愛がられて育ちました。 もちろんただ甘やかすだけではなく、叱られることもありました。 でも常…

皺のある手(フリー写真)

私はおばあちゃんの子だよ

私は幼い時に両親が離婚して、父方の祖父母の家に引き取られ育てられました。 田舎だったので、都会で育った私とは周りの話し方から着る服、履く靴まで全てが違いました。 そのため祖…