中学生の時の娘の友達

公開日: 友情 | 心温まる話

女子中学生(フリー写真)

今から8年前の話です。

現在21歳になった娘ですが、中学校時代の男友達が良い人過ぎて感動しました。

娘は自閉症などの障害を持っており、小学校の時は授業で当てられても話せなかったり教科書を読まなかったりと、クラスメイトにも迷惑をかけてばかりでした。

それでみんなから陰口をよく言われていたそうです。小中と養護教室にも通ってました。

いじめられていたので友達は本当の数人でした。

中学校に上がり、隣の小学校の子達とも同じ学年になりました。

不安で仕方なく、授業は小学校の時と変わらず、教科書を読まない、当てられても話さない、自己紹介で何も言わないなどでした。他の人に話しかけられても無視でした。

けれど一人の男の子は娘と仲良くしてくれました。席が隣で、最初話しかけられても全く気にせず、娘は勉強も非常に苦手でしたが教えてくれたり、話すことも多くなって行ったそうです。

でも、やはり男の子からも女子からも陰口を言われていました。

直接からかったりしてくる人もいて本当に不安でしたが、その男の子はいじめから守ってくれました。

一年生が終わる頃には、お互い異性で一番仲の良い友達だったそうです。

二年になって「クラス離れて何か言われたらすぐ俺に言えよ」この言葉は私も聞いていて忘れません。

その子は一年生の時は真面目な子だったのですが、二年生になると不良となり始め、学年での問題を起こすことが多かったそうです。娘と話すことも減りました。

三年生になり、娘はその男の子と同じクラスになりました。

娘はその男の子のおかげで段々とクラスの子と話せるようになり、友達も多くなりました。

そしてその男の子は二年生の終わりから真面目に戻って行き、高校の進路は少しレベルの高い高校と決まりましたが、娘は高校に行ける可能性はとても低いと言われました。

一年生の時のように、その男の子と仲の良い女子友達に勉強を教えてもらっていました。

そして進路相談の時に「偏差値30程度の高校からなら行ける可能性もあります。障がい者サポートの整っている高校を探してみて受験するのも一つの道です」と言われました。

そしてその間も友達は娘に寄り添ってくれ、苦難の末、高校に合格することが出来ました。

その男友達と仲の良い女子友達も見事志望校に受かりました。

時々ですが短い間、娘と遊んだりもしてくれました。

そして迎えた卒業式、予想外の事件が起きました。

卒業式が終わり男友達と写真を二人で撮っていると、男友達と娘が「陰キャ同士が写真撮ってるよ(笑)」などと馬鹿にされました。

すると、

「○○(娘の名前)は確かに最初話しづらかったけど、本当に3年間過ごしてると学年の女子一心は晴れて陽キャだからな。

お前らは見た目などは陽キャだが、心が陰キャだ」

と言い残して立ち去りました。

卒業式が終わり、

「さっきの言葉は気にすんな。

○○と過ごした3年間は何一つ後悔なんて無かったぞ。

中学校で最高の女子友達を持ったよ。

高校で離れるけど、いつでもLINEでも話して来いよ。

離れてても心は一つかもな」

と言って別れの言葉を告げました。

親である私まで涙しました。

娘は高校になると中学の時とは真逆で社交的な子になり、いじめられることもありませんでした。そして高校も無事卒業しました。

就職するかは分かりませんが、娘の部屋を片付けていると、中学校の時の男友達からの手紙がありました。

『○○へ

高校は楽しいか?

俺は中学生の時よりも友達が多くて、部活にも打ち込めて最高の高校生活やで。

またいじめられたり悪口言われてないか?

いつでも守ったんぞ、卒業式に言ったやん。

学校は離れてても心は一つかもな。

って、この言葉は忘れるなよ!

○○○より』

と綴ってありました。

娘思いで唯一仲良くしてくれたヤンキーの男友達でした。

ちなみにその男の子は、娘みたいな人を助けて幸せにしたい、勉強を教えたい、という思いで中学校の教師を目指しているそうです。

投稿者: 香澄さん

スマホを持つ男性(フリー写真)

父からの保護メール

俺は現在高校3年生なんだけど、10月26日に父親が死んだ。 凄く尊敬出来る、素晴らしい父親だった。 だから死んだ時は母親も妹も泣きじゃくっていた。 ※ それから二ヶ月ほ…

手を組む女性(フリー写真)

恋人からの手紙

昨日、恋人が死んじゃったんです。病気で。 そしたらなんか通夜が終わって、病院に置いて来た荷物とか改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛ての手紙が入ってたんです。 で、よく…

手紙を差し出す女の子(フリー写真)

パパと呼ばれた日

俺が30歳の時、一つ年下の嫁を貰った。 今の俺達には、娘が三人と息子が一人居る。 長女は19歳、次女は17歳、三女が12歳。 長男は10歳。 こう言うと、 …

封筒を持つ手(フリー写真)

結婚記念日おめでとう

入社4年目の時に、初めて結婚記念日の日を迎えた。 しかしその日、運悪く社内でトラブルが発生した。 下手したら全員会社に泊まりになるかもしれないという修羅場なのに、 「…

野球道具(フリー写真)

野球と夢

一球投げる度、脱げそうになる帽子を被り直す。 岩瀬・真壁・筑波の連合チームの田中康太(筑波2年)は同点の七回、3番手でマウンドに上がった。 1点勝ち越されたが、味方が追い付…

バスの車内(フリー写真)

乗客全員の拍手

今から16年程前、12月も半ばを過ぎた頃の話です。 私は体調を壊し、東京にある中野坂上の病院へ週二回、通院していました。 その日は今にも雪が降り出しそうな空で、とても寒い日…

桜(フリー写真)

娘を思う父の心

この前、娘が大学受けたんですよ、初めてね。 で、生まれて初めて娘の合格発表を迎えた訳ですわ。正直、最初は合格発表を見に行った娘の電話を待つのなんて簡単だと思ってたのよ。みんな普通…

ブリキのおもちゃ(フリー写真)

欲しかったオモチャ

俺がまだ小学生だった頃。 どうしても欲しかったオモチャを万引きしたら見つかって、それはもう親にビンタされるは怒鳴られるはで大変だった。 それから暫らくして俺の誕生日が来た…

お花畑(フリー写真)

本当のやさしさ

遡ること、今から15年以上前。 当時、小学6年生だった僕のクラスに、A君というクラスメイトがいました。 父親のいないA君の家は暮らしぶりが悪いようで、いつも兄弟のお下がりと…

空(フリー写真)

見守ってくれた兄

我が家の仏壇には、他より一回り小さな位牌があった。 両親に聞いた話では、生まれる前に流産してしまった俺の兄のものだという。 両親はその子に名前(A)を付け、事ある毎に …