宝物ボックス

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛 | 悲しい話

女性の後姿(フリー写真)

俺が中学2年生の時だった。

幼馴染で結構前から恋心も抱いていた、Kという女子が居た。

でもKは、俺の数倍格好良い男子と付き合っていた。俺が敵う相手ではなかった。

彼女自身がそれを伝えて来たので、とても複雑な気持ちだった。

それから時々、恋愛経験の無い俺に、色々な悩みを相談して来たりした。

俺は正直、話を聞くだけで嫌だったのだが…。

ある日、そこらにある人気の無い公園で、Kの相談に乗っていた。

その日は何となくペンダントを身に付けていた。

Kは彼氏との関係が少し危うい、ということを話していた。

話が一段落した時、Kが聞いて来た。

K「…そう言えば、そのペンダント何~?」

俺「ただの安物」

実際は、結構値の張るものだった。当時の宝物の一つだったし。

K「へぇ~」

Kはさり気なく後ろに回り込み、ササッと俺のペンダントを取った。

そして一言。

K「仲直りってことで、これ彼氏にあげてくるね♪」

何言ってんだこいつ。他人(しかも男)のお古を普通、彼氏に渡すか?

俺「おい、ちょっと待っ…」

マジで行った。

K「大丈夫!大切にしてくれるよ(笑)」

公園の出口でそう言いながら手を振って、消えて行った。

その後、Kが彼氏とどうなったかは、後日相談を受けた時に聞いてみたが話を逸らされた。

そして2ヶ月程が過ぎた時。

Kは車に轢かれて死んでしまった。

かなり急なことだったから、その事を聞いた時は全く動けなかった。

葬式の時も、まだ素直に現実を受け止められずに居た。

俺はどうしても気持ちを抑え切れず、Kのお母さんに

「Kの部屋を見せて欲しい」

と頼んだ。

幼馴染でよく遊んでいたからか、Kのお母さんは多少躊躇いながらも頷いてくれた。

Kの部屋に入ってみたら、どこか懐かしい香りがした。

思い出に耽りながら部屋を見ていると、タンスの上に箱があった。

『宝物ボックス』と汚い字で書かれていた。

恐らく、小さい頃からずっと使っていたのだろう。

そっと開けてみると、中にはちっちゃな消しゴムや鉛筆、友達とピースしている写真などが沢山入っていた。

その中に、俺から取って行ったあの時のペンダントがあった。

思わずドキッとした。

えっ…?

よく見るとさっきの消しゴムの一部や鉛筆の端っこには、俺の名前が薄っすらと残されていた。

もしかして…。

そう思った瞬間、急に涙が溢れて来た。

止められやしなかった。

手紙(フリー写真)

亡くなった旦那からの手紙

妊娠と同時に旦那の癌が発覚。 子供の顔を見るまでは…と頑張ってくれたのだけど、ちょっと間に合わなかった。 旦那が居なくなってしまってから、一人必死で息子を育てている。 …

雨の日の紫陽花(フリー写真)

いってらっしゃい

もう二十年ほど前の話です。 私が小さい頃に親が離婚しました。 どちらの親も私を引き取ろうとせず、施設に預けられ育ちました。 そして三歳くらいの時に、今の親にもらわれた…

女性(フリー写真)

見守ってる

昨日、恋人が死んだ。 病気で苦しんだ末、死んだ。 通夜が終わり、病院に置いて来た荷物を改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛の手紙が入っていた。 そこには、 …

犬(フリー写真)

愛犬が繋いだ絆

11年間、飼っていた愛犬が亡くなった。 死ぬ前の半年間、自分はろくに家に帰らず、世話も殆どしなかった。 その間にどんどん衰えて行っていたのに、あまり見ることも触ることもなく…

赤ちゃんの手を握る母の手

最後の親孝行に

無職、片桐康晴被告は、京都市伏見区桂川河川敷で2006年2月1日、認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母親を殺害し自身も無理心中を図った。 その事件の初公判は19日に行われた。 …

天国(フリー素材)

天国のおかあちゃんへ

もう伝わらないのは解っているけど、生きている内に伝えられなかった事を今、伝えるね。 まずは長い闘病生活、お疲れ様。最後まで絶対に諦めなかったおかあちゃんの姿、格好良かったよ。 …

皺のある手(フリー写真)

私はおばあちゃんの子だよ

私は幼い時に両親が離婚して、父方の祖父母の家に引き取られ育てられました。 田舎だったので、都会で育った私とは周りの話し方から着る服、履く靴まで全てが違いました。 そのため祖…

オフィス(フリー写真)

秘密のお守り

初めて彼女に会ったのは、内定式の時。同期だった。 聡明を絵に書いたような人。学生時代に書いた論文か何かが賞を獲ったこともあるらしく、期待の新人ということだった。 ただ、ちょ…

薔薇の花(フリー写真)

せかいでいちばんのしあわせ

私が幼稚園の時に亡くなったお母さん。 当時、ひらがなを覚えたての私が読めるように、ひらがなだけで書かれた手紙を遺してくれた。 ※ みいちゃんが おかあさんのおなかにやってきて…

青空(フリー写真)

命懸けの呼び掛け

宮城県南三陸町で、震災発生の際に住民へ避難を呼び掛け、多くの命を救った防災無線の音声が完全な形で残っていることが判りました。 亡くなられた町職員の遠藤未希さんの呼び掛けが全て収録…