宝物ボックス

女性の後姿(フリー写真)

俺が中学2年生の時だった。

幼馴染で結構前から恋心も抱いていた、Kという女子が居た。

でもKは、俺の数倍格好良い男子と付き合っていた。俺が敵う相手ではなかった。

彼女自身がそれを伝えて来たので、とても複雑な気持ちだった。

それから時々、恋愛経験の無い俺に、色々な悩みを相談して来たりした。

俺は正直、話を聞くだけで嫌だったのだが…。

ある日、そこらにある人気の無い公園で、Kの相談に乗っていた。

その日は何となくペンダントを身に付けていた。

Kは彼氏との関係が少し危うい、ということを話していた。

話が一段落した時、Kが聞いて来た。

K「…そう言えば、そのペンダント何~?」

俺「ただの安物」

実際は、結構値の張るものだった。当時の宝物の一つだったし。

K「へぇ~」

Kはさり気なく後ろに回り込み、ササッと俺のペンダントを取った。

そして一言。

K「仲直りってことで、これ彼氏にあげてくるね♪」

何言ってんだこいつ。他人(しかも男)のお古を普通、彼氏に渡すか?

俺「おい、ちょっと待っ…」

マジで行った。

K「大丈夫!大切にしてくれるよ(笑)」

公園の出口でそう言いながら手を振って、消えて行った。

その後、Kが彼氏とどうなったかは、後日相談を受けた時に聞いてみたが話を逸らされた。

そして2ヶ月程が過ぎた時。

Kは車に轢かれて死んでしまった。

かなり急なことだったから、その事を聞いた時は全く動けなかった。

葬式の時も、まだ素直に現実を受け止められずに居た。

俺はどうしても気持ちを抑え切れず、Kのお母さんに

「Kの部屋を見せて欲しい」

と頼んだ。

幼馴染でよく遊んでいたからか、Kのお母さんは多少躊躇いながらも頷いてくれた。

Kの部屋に入ってみたら、どこか懐かしい香りがした。

思い出に耽りながら部屋を見ていると、タンスの上に箱があった。

『宝物ボックス』と汚い字で書かれていた。

恐らく、小さい頃からずっと使っていたのだろう。

そっと開けてみると、中にはちっちゃな消しゴムや鉛筆、友達とピースしている写真などが沢山入っていた。

その中に、俺から取って行ったあの時のペンダントがあった。

思わずドキッとした。

えっ…?

よく見るとさっきの消しゴムの一部や鉛筆の端っこには、俺の名前が薄っすらと残されていた。

もしかして…。

そう思った瞬間、急に涙が溢れて来た。

止められやしなかった。

白猫(フリー写真)

白猫のミーコ

私が生まれる前から、私の家にはミーコという猫が居た。 白くて、ふわふわで、温かかった。 私はミーコが大好きだった。 ミーコもそんな私に懐いてくれた。 ※ 父が入院…

彼女(フリー写真)

彼女の導き

もう2年も前の話になる。 当時、俺は医学生だった。彼女も居た。 世の中にこれ以上、良い女は居ないと思う程の女性だった。 しかし彼女はまだ若かったにも関わらず、突如とし…

父(フリー写真)

父が居たら

自分は父の顔を知らない。 自分が2歳の頃、交通事故で死んだそうだ。 母に、 「お父さんの名前、なんて―の?」 「お父さんの写真、見して!」 「お父さん、メ…

ゴルフ場(フリー写真)

数奇な恋の話

俺が惚れた子の話をします。 俺はもう既に40歳前を迎えた独身男だ。 彼女も5年近く居ない。 そんな俺が去年の5月頃に友人に誘われ、ゴルフを始めた。 ゴルフなんて…

友情(フリー写真)

変わらないもの

俺たち小学校から高校までずっと一緒だったよな。 高卒後、俺は就職、お前はフリーター。 学歴社会の昨今、 「俺たちゃ負け組じゃねぇよな!がんばろうぜ!」 と、よく…

道場(フリー写真)

強い意志

半年程前に「強くなりたい」と相撲道場に入部して来た子。 はっきり言って運動神経も無く、体もひ弱です。 あまりここに書くのも憚られますが、とても切ない過去を持つ子供なんです。…

手を握る(フリー写真)

仲直り

金持ちで顔もまあまあ。 何より明るくて突っ込みが上手く、ボケた方が 「俺、笑いの才能あるんじゃね」 と勘違いするほど(笑)。 彼の周りには常に笑いが絶えなかった…

赤ちゃん(フリー写真)

生まれてくれてありがとう

子供が2人居る。 でも本当は、私は3人の子持ちだ。 ※ 18歳の春に娘が生まれた。 結婚してくれると言っていた父親は、結局認知すらしてくれなかった。 若い私にとっ…

父の手(フリー写真)

受け継がれた情熱

俺の親父は消防士だった。 いつ何があってもおかしくない仕事だから、よく母に 「俺に何かあっても、お前らが苦労しないようにはしてる」 と言っていたのを憶えている。 ※…

カップル(フリー写真)

僕はずっと傍に居るよ

私は昔から、何事にも無関心で無愛想でした。 友達は片手で数えるほどしか居らず、恋愛なんて生まれてこの方、二回しか経験がありません。 しかし無愛想・無関心ではやって行けないご…