兄妹の絆

公開日: 兄弟姉妹 | 心温まる話

ファミレス

ファミリーレストランでの仕事中、私の隣のテーブルに親子が座った。

お母さんは若作りした茶髪で、中学生くらいの息子と小学生の妹を連れていた。

初めはただの普通の家族だと思ったのだが、その後の出来事に驚くこととなった。

母親は、子供たちに対して厳しく接していた。

「早く決めなさい!本当に遅いわね!」

妹がカレーを選ぶと、ただの好意で「カレーが好き」と言っただけなのに、

「うるさいわ!そんなこと誰も聞いてないでしょ!」と母親は怒鳴った。

兄はもう母親に対して無表情で、関わらずに食事を進めていた。

料理が運ばれてくると、母親の態度は変わらず、

妹の一言「いただきます」にさえ、

彼女は「黙って食べなさい」と言った。

妹はしおれた顔で、兄は無言で食事を続けた。

そんな中、母親の携帯が鳴り、

「ちょっとお母さん、電話してくるから」と言い残し、彼女は店を出て行った。

すると、今まで沈んでいた妹が顔を上げ、学校での楽しい話を始めた。

しかし、彼女が話を始めると母親は再び怒鳴った。

妹は驚き、僅かにカレーをこぼしてしまった。

「なんでちゃんと食べられないの!?」と母親は怒鳴った。

その時、ずっと無言でいた兄が声をかけた。

「そんなに急がなくてもいいよ」

妹が驚いて答えると、兄は「好きなものを、ゆっくり味わって食べな」と優しく言った。

そして、妹が学校で楽しかった話を始めると、兄は真剣に彼女を聞いて、時折微笑みを返していた。

母親の愛情は見られなかったが、兄と妹の絆が私にはしっかりと伝わった。

関連記事

ビーフシチュー

仲直りのビーフシチュー

昨日の朝、私は妻と言い争いをしてしまった。原因は、夜更かしによる私の寝不足で、朝の機嫌が非常に悪かったことだ。 「また仕事か」とぼやきながら起きる私。妻は私の気難しさを知ってい…

ベンチに座る老夫婦(フリー写真)

最初で最後のラブレター

脳梗塞で入退院を繰り返していた祖父。 私たち家族は以前からの本人の希望通り、医師から余命があと僅かであることを知らされていたが、祖父には告知しないでいた。 「元気になって、…

お見舞いの花(フリー写真)

迷惑掛けてゴメンね

一年前の今頃、妹が突然電話を掛けて来た。家を出てからあまり交流が無かったので、少し驚いた。 「病院に行って検査をしたら、家族を呼べって言われたから来て。両親には内緒で」 嫌…

結婚式場(フリー写真)

叔父さんの血

俺には腹違いの兄貴が居る。 俺が小学5年生、兄貴が大学生の時に、両親が子連れ同士の再婚。 一周りも年が離れていたせいか、何だか打ち解けられないままだった。 ※ 大学入試…

エプロン(フリーイラスト)

母のエプロン

社会人になって初めて迎えた母さんの誕生日。 「いつもありがとう」という言葉を添えて、プレゼントを渡したかった。 でも照れ臭いし、もし選んだプレゼントが気に入ってもらえなかっ…

牢屋

想像の中の少女と共に

大戦中、ドイツ軍の捕虜収容所に居たフランス兵たちのグループが、捕虜生活の苛立ちから来る仲間内の争いや悲嘆を紛らわすために、共同で「脳内共同ガールフレンド」を創り出した話。 彼ら…

手を繋ぐ恋人同士(フリー写真)

遠く離れても、絆は永遠に

ある町に、幼馴染の男女が暮らしていた。 彼らは幼い頃からずっと一緒に過ごし、お互いのことを大切に思っていた。 しかしある日、男性が突然遠い町へ引っ越すことになった。 …

新婦(フリー写真)

父が隠していた物

友人(新郎)の結婚披露宴での出来事。 タイムスケジュールも最後の方、新婦の父親のスピーチ。 ※ 「明子。明子が生まれてすぐ、お前のお母さんは病気で亡くなりました。 お前…

空の太陽(フリー写真)

祖父が立てた誓い

三年前に死んだ祖父は、末期癌になっても一切治療を拒み、医者や看護婦が顔を歪めるほどの苦痛に耐えながら死んだ。 体中に癌が転移し、せめて痛みを和らげる治療(非延命)をと、息子(父)…

手を繋いで歩く夫婦(フリー写真)

たった一つの記憶

私の夫は、結婚する前に脳の病気で倒れてしまい、死の淵を彷徨いました。 私がそれを知ったのは、倒れてから5日も経ってからでした。 夫の家族が病院に駆け付け、携帯電話を見て私の…