天国に持っていく思い出

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 | 心温まる話 |

赤ちゃんの手

「天国にどのシーンを持って行きたい?」と高校生の時、何気なく母に尋ねたことがあります。

「アンタが生まれた瞬間かな」と、母は即答しました。

私たち家族は決して裕福ではありませんでした。それでも、男の子が苦手だった私のために、小学校からは身分不相応な私立の女子学校に通わせてくれました。学業に励まずに成績が悪い私のために、何度も学校に呼ばれた母。受験がないにも関わらず、授業についていけるよう塾にも通わせてくれました。家計に余裕があるわけではなかったはずなのに、私はそれを全く考えず、母に反抗ばかりしていました。

多くの心配と迷惑をかけ、何度も母を怒らせては泣かせてしまいました。

それでも私は母の支えのおかげで、夢だった幼稚園の先生になることができ、ようやく家にお金を入れるようになりました。しかし、計画なしに妊娠してしまい、しかも年下の彼氏からは堕ろすように言われました。「産みたいけど、一人じゃ無理だよ」と母に訴えたところ、母は激しく私を叱りましたが、すぐに「私にまだ子宮があれば、代わりに産んであげたのに…」と泣き始めました。母は以前、子宮筋腫のため子宮を摘出していました。

その後、私は自分の貯金と母がこっそり貯めてくれていた家に入れていたお金を使って引っ越し、出産資金にしました。彼氏も説得し、今はお腹の子に毎日話しかけています。

24歳になっても母に心配をかけ、迷惑を掛け続けています。妊娠経過も良くなく、度々母に世話になっていますが、母は私の産む決意を尊重し、支え続けてくれました。

私は未熟な大人ですが、母のような愛情を娘にも伝えていきたいと思っています。母への感謝の気持ちを込めて、もうすぐママになる私から、もうすぐバーバになる母へ、心からの感謝を伝えます。ありがとう、そしていつもごめんね。世界で一番尊敬している母へ。

関連記事

教室(フリー写真)

お母さんの匂い

その小学校の先生が5年生の担任になった時、一人服装が不潔でだらしなく、どうしても好きになれない少年が居た。 先生は中間記録に少年の悪いところばかりを記入するようになっていた。 …

病室(フリー写真)

おばあちゃんの愛

私のばあちゃんは、いつも沢山湿布をくれた。 しかも肌色のちょっと高い物。 中学生だった私はそれを良く思っていなかった。 私は足に小さな障害があった。 けれど日…

猫(フリー写真)

鳴かない猫

昔話だけど。 実家の猫は赤ちゃんの時、空き地で目も潰れて放置され、泣き喚いていたところを保護したんだ。 正直、化け猫のようで触るのも躊躇するほどの悲惨さだった。 目は…

プログラミング(フリー素材)

パパの一時間はいくら

プログラマーの父は、今日も仕事で疲れ切って遅い時間に帰って来た。 すると、彼の5歳になる娘がドアのところで待っていたのである。 彼は驚いて言った。 「まだ起きていた…

ブーケを持つ花嫁(フリー写真)

手渡しのブーケ

私はウエディングプランナーの仕事をしています。 これまで沢山の幸せのお手伝いをさせていただきましたが、忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の十代で、可愛らし…

入学式とランドセル(フリー写真)

お兄ちゃんの思いやり

小学1年生の息子と、幼稚園の年中の息子、二児の母です。 下の子には障害があり、今年は就学問題を控えています。 今年に入ってすぐ、上の子が 「来年は弟くんも1年生だね~…

戦時中

靖国での再会

俺の爺さんは戦地で足を撃たれたらしい。 撤退命令が出て皆急いで撤退していたのだが、爺さんは歩けなかった。 隊長に、「自分は歩けない。足手まといになるから置いて行って下さい…

チョコレート(フリー写真)

チョコをくれたお姉さん

少し嬉しかった話。 去年の冬、高校受験もラストスパートの時の話。 中学の成績はなかなかだったから、志望校は進学校にした。 しかし中学3年生になってから全然成績が上がら…

女の子の寝顔(フリー写真)

愛しい娘

自分がまだ幼稚園児の頃だと思う。 夜中に不意に目が覚めると、父が自分の顔を覗き込んでいて、いきなり泣き出した。 大人が泣くのを見るのはその時が初めてだったし、しかも …

お年寄りの手(フリー写真)

おばあちゃんが注いだ愛情

こどもの発達がちょっとゆっくりで、保健センターに通っている。 そこの母子教室の最中、おばあちゃんと男の子が二人、迷い込んで来た。 「すみません、里親会の集まりの会場はここで…