母という存在

公開日: 心温まる話 |

手

自分が多少辛くても、腰が痛くても頭が痛くても、子供が元気にしてくれていることが、私にとっては何よりの幸せです。

元気そうな子供の姿を見たり、その声を聞くだけで、心からの喜びを感じます。

子供たちが私に感謝する必要はないし、無理に気を使うこともありません。

ただ自分の足で立ち、自分の人生を歩んでくれることが、私にとって最大の幸せです。

子供が悩んでいる姿や、行き詰まっている様子を見ると、心が痛みます。

何とかしてあげたい、どうにかして支えたいと思いますが、自分では何もできない無力さを感じます。

時には余計なことを言ってしまい、後悔することもあります。

あなたにはあなたの考えがあるのに、私はただ見守ることしかできないのが辛いです。

苦しんでいる姿を見ると、心が張り裂けそうになります。

自分が親でありながら、こんなにも何もできないことが情けなく思います。

今、楽しく生きているあなたへ。あなたが楽しく生きていることが、私の生き甲斐です。

今、苦しんでいるあなたへ。何もしてあげられなくてごめんなさい。頼りない母で本当にごめんなさい。

でも、どうか、辛くても生き抜いてください。

自暴自棄になったり、自分を卑下することなく、生きてください。

この世には必ずあなたの居場所があります。生きる道も必ずあります。

あなたがもがいて、もがいてそこに辿り着くことを、私は毎日祈っています。

もし私に何かできることがあれば、どうか言ってください。

これは誇大表現でも何でもありません。

あなたが強く生きてくれることが、私にとっては命よりも大事です。

関連記事

色鉛筆で描かれた線(フリー写真)

弟の物語

私の家族は、父、母、私、弟の四人家族。 弟がまだ六歳の時の話。 弟と私は十二才も歳が離れている。凄く可愛い弟。 だけど私は遊び盛りだったし、家に居れば父と母の取っ組み…

宮古島

沖縄の約束

母から突然の電話。「沖縄に行かない?」と彼女は言った。 当時の私は大学三年生で、忙しく疲れる就職活動の真っ只中だった。 「今は忙しい」と断る私に、母は困ったように反論して…

月

三度の祈り

それは今から数年前、俺の人生における三度の神頼みの始まりでした。 最初は七歳の時、両親が離婚し、厳しい祖父母の元へ預けられた時のことです。 彼らから「お前のせいで別れた」…

桜(フリー写真)

春一番と親切なカップル

春一番が吹き荒れた日。 本当に物凄い強風で、その日は朝から店の看板が倒れたりトラブル続きで、ずっと落ち着かず疲れ切っていた。 そんな時、若いカップルのレジをしていると、彼氏…

リビング

弟の物語が変えた家族

私の家族は、父、母、私、そして弟の四人家族です。弟は私より十二歳も年下で、その当時はまだ六歳でした。とても可愛い弟です。しかし、私は遊び盛りで、家にいれば父と母が喧嘩をしていることが…

花(フリー写真)

母心

ちょっとした事で母とケンカした。 3月に高校を卒業し、4月から晴れて専門学生となる私は、一人暮らしになる不安からか、ここ最近ずっとピリピリしていた。 「そんなんで本当に一人…

ゲーミング(フリー写真)

母の愛、信じる笑顔

幼い頃、父が交通事故で亡くなり、母一人で私を育ててくれた。 我が家は裕福ではなく、私は県立高校を落ちてしまった。 私立には通うことができず、定時制高校に進学した。 …

レストラン(フリー写真)

父の気持ち

某信用金庫に勤める二十歳の女性が、初月給を親のために使って喜んでもらおうと、両親をレストランに招待しました。 お母さんは前日から美容院へセットに行ったりして大喜び。 ところ…

Wii(フリー写真)

ゲーム好きな友人

俺の友達に、凄くゲーム好きなやつがいたんだよ。 ドラクエなどのゲームを誰よりも先に解いたり、俺たちにヒントをくれたりさ。 でも中学2年生の時にそいつは事故に遭い、右手を失く…

初期の携帯電話(フリー写真)

母と携帯電話

15年前の話です。 今でもそうだが人付き合いの苦手な俺は、会社を辞め一人で仕事を始めた。 車に工具を積み、出張で電気製品の修理や取り付けをする仕事だ。 当時はまだ携帯…