おとうさんのがんが治る薬

クリスマスプレゼント(フリー写真)

クリスマスが数日前に迫る中、6歳の娘は欲しい物を手紙に書き、窓際に置いていました。

夫と共に、キティちゃんの便箋を破らずに手紙を覗いてみると、こう書いてありました。

『サンタさんへ、おとうさんのガンが治る薬をください!お願いします』

夫と目を合わせて苦笑いしましたが、私は次第に悲しくなり、メソメソしてしまいました。

そして昨晩、娘が眠った後、夫は娘が好きなプリキュアのキャラクター人形と、

『ガンが治るお薬』と書かれた普通の粉薬の袋を用意しました。

翌朝、娘が目を覚ますと、プリキュアの人形よりも喜んで薬を見て「キャーっ!」と嬉しそうに叫んでいました。

夫が薬を飲み「お!体の調子がだんだん良くなってきたみたいだ」と言うと、

娘は「良かった~。これでお父さんとまた山にハイキングに行ったり、

動物園に行ったり、運動会に参加したりできるね~」と言いました。

しかし夫は顔を悲しそうに歪め、声を押し殺すようにして「ぐっ、ぐうっ」と泣き始めました。

私も泣き出しそうになりましたが、鍋の味噌汁をオタマで掬って無理やり飲み込み、態勢を整えました。

夫は娘に対して「薬の効き目で涙が出てるんだ」と言い訳をしていました。

その後、娘が近所の子の家にプリキュアの人形を持って遊びに行った後、

夫は「来年はお前がサンタさんだな……。しっかり頼むぞ」と言いました。

私は涙腺が緩み、わあわあ泣き続けました。

お椀の味噌汁には、涙がいくつも混ざっていました。

関連記事

お味噌汁(フリー写真)

これで仲直りしよう

昨日の朝、女房と喧嘩した。と言うか酷いことをした。 原因は、夜更かしして寝不足だった俺の寝起き悪さのせいだった。 「仕事行くの嫌だよな」 と呟く俺。 そこで女房…

アイスクリーム(フリー写真)

アイスクリーム

中学3年生の頃、母が死んだ。 俺が殺したも同然だった…。 ※ あの日、俺が楽しみに取ってあったアイスクリームを、母が弟に食べさせてしまった。 学校から帰り冷凍…

サーカス(フリー写真)

ほどこしと親切

私がまだ十代の頃の話です。 サーカスの入場券を買うために、父と私は長い列に並んで順番を待っていました。 私たちの前に居るのは、ようやくあと一家族だけとなりました。 私…

思い出(フリー写真)

母さんありがとう

母さん、本当にありがとう。 生んでくれてありがとう。 こんな俺でも生んでくれてありがとう。 愛情を注いでくれてありがとう。 沢山笑ってくれてありがとう。 …

飛行機の座席(フリー写真)

ファーストクラス

「ちょっとスチュワーデスさん!席を変えてちょうだい」 ヨハネスブルグ発の混んだ飛行機の中で、白人中年女性の乗客が叫んだ。 「何かありましたか?」 「あなた、解らないの…

ラムネ(フリー写真)

笑顔でいるんだ

俺が小学生の頃、家のすぐ近くにお好み焼屋があったんだ。 その店はお婆さんが一人でやっているお店で、細々と続いていた。 俺はその頃いじめられててさ、でも家に帰っても家族には何…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

彼女に宛てた手紙

ゆいへ なあ、俺もうダメみてぇだ。 何でだ? お前に出会うまでは死にたいぐらい毎日が退屈だった。 でも今は俺すげえ生きたい。 何で病気に勝てねえんだろ? …

手を握る(フリー写真)

ごうちゃん

母が24歳、父が26歳、自分が6歳の時に両親は離婚した。 母が若くして妊娠し、生まれた自分は望まれて生を受けた訳ではなかった。 母は別の男を作り、父は別の女を作り、両親は裁…

桜(フリー写真)

桜と最後の嘘

僕は良いところなど一つも無いと言って良い程、嫌な人間だった。 ルックスに自信は無く、頭も良くはない。そして、人に平気で嘘を吐く卑怯者。 僕に構う人など誰も居なかった。もちろ…

スマホを持つ男性(フリー写真)

父からの保護メール

俺は現在高校3年生なんだけど、10月26日に父親が死んだ。 凄く尊敬出来る、素晴らしい父親だった。 だから死んだ時は母親も妹も泣きじゃくっていた。 ※ それから二ヶ月ほ…