誕生日会と親友

公開日: 友情 | 心温まる話

プリン・ア・ラ・モード(フリー写真)

僕が小学4年生の時、10歳の誕生日会を開くことになった。

土曜日に仲の良い友達みんなに声を掛けた。

「明日来てくれる?」

みんなは、

「うん!絶対行くよ!」

と言った。

俺は引っ込み思案で、誕生日会なんて開くのは初めてだったからドキドキしていた。

母さんは張り切ってケーキを買って来た。

プリンアラモードの小さいやつをみんなの分。

当日、ドキドキしながら待っていたけど…。

来ない、誰も。

10時、12時、ずっと待って15時近くなった。

「電話してみたら?」

と母さんは言った。

電話したけど誰も出ない。

いや、親とかは出るけど

「出かけた」「用事がある」

などの返事だった。

最後の一人。

「あの、○○君居ますか?」

「ちょっと待っててね」

居た。

「もしもし、今日来れる?」

「ごめん、用事が出来て。今日は行けない。ホントにごめんね」

「そうなんだ。分かった、じゃあね」

「うん、じゃあね」

僕は聞き逃さなかった。

電話の向こうに、誕生日会に誘ったみんなの笑い声が聞こえた。

あー、こいつの家にみんな居るのか。

そのうち雨が降り始めた。

雨はどんどん強くなって、土砂降りになった。

もの凄い寂しさに包まれて、一人で泣いていた。

「みんなの分、食べちゃおうか?」

母さんは言った。

「…いい、いらない」

食べる気にはなれなかった。

腹がキューッと締め付けられて、無理だった。

雨は土砂降りで、更に哀しさを煽った。

「ピンポーン」

17時くらいかな、家の呼び鈴が鳴った。

「はーい」

俺はグズッていたから母さんが出た。

「みー君来たよ」

俺は赤くなった目をこすりながら玄関に行った。

そこにはずぶ濡れのみー君が立っていた。

「ごめんね。塾があって、こんな時間に来て」

俺はびっくりした。

みー君とは、昔はよく一緒に遊んだけど、クラスが変わってからはあまり遊ばなくなった。

と言うか、呼んでいなかった。誕生日会に。

彼は俺の誕生日を覚えていてくれた。

「はい」

みー君はビニール袋を差し出した。

中古のファミコンのソフト。

今でも覚えている、コナミの『ワイワイワールド』が入っていた。

「じゃあね」

みー君は帰ろうとした。俺は、

「待って」

と言った。

「ケーキ、食べない?」

母さんはみー君の家に電話を掛けていた。

「遅くなってもいいですか? 帰りは、お宅まで送りますので」

俺とみー君はファミコンをして、母さんの料理を食べて、みんなの分のケーキを食べた。

たくさん、たくさん。

ほんの2時間ぐらいだったけど、最高に楽しかった。

みー君、あの時はホントにありがとう。

みー君、元気かな。今頃、何しているだろう。

関連記事

柿(フリー写真)

果物の命

昔、24時間営業のスーパーで働いていた。 この時期はただえさえ寒い上に、店内に冷房が効いていて凄く寒かったな。 それはさておき、その年は柿が凄く美味しかったんですよ。 …

シロツメグサ

手話で結ぶ絆

私たちの娘は3歳で、ほとんど聞こえません。 その現実を知った日、私と妻はただただ涙に暮れました。繰り返し泣きました。 難聴という言葉が娘を別の世界の生き物に見せてしまうほ…

皺のある手(フリー写真)

私はおばあちゃんの子だよ

私は幼い時に両親が離婚して、父方の祖父母の家に引き取られ育てられました。 田舎だったので、都会で育った私とは周りの話し方から着る服、履く靴まで全てが違いました。 そのため祖…

父と子(フリー写真)

父が遺したもの

三年前に親父が亡くなったんだけど、殆ど遺産を整理し終えた後に、親父が大事にしていた金庫が出てきたんだよ。 うちは三人兄弟なんだけど、お袋も亡くなっていて、誰もその金庫の中身を知ら…

海

最後の敬礼 – 沖縄壕の絆

沖縄、戦時の地に息をひそめる少年がいました。 12歳の叔父さんは、自然の力を借りた壕で日々を過ごしていたのです。 住民たちや、運命に翻弄された負傷兵たちと共に。 し…

観覧車

天使の誕生日に

秋の深まりを感じながら、私たちは数年ぶりにディズニーランドを訪れました。ディズニーランドのスタッフの皆様、いつも夢のような時間をありがとうございます。 この日は、特別な日でした…

夫婦の重ねる手(フリー写真)

妻からの初メール

不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。 ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れて行った。 ずる賢く立ち回ったこともあり…

教室(フリー背景素材)

同級生の思いやり

うちの中学は新興住宅地で殆どが持ち家、お母さんは専業主婦という恵まれた家庭が多かった。 育ちが良いのか、虐めや仲間はずれなどは皆無。 クラスに一人だけ、貧乏を公言する男子が…

手を繋いで歩く夫婦(フリー写真)

たった一つの記憶

私の夫は、結婚する前に脳の病気で倒れてしまい、死の淵を彷徨いました。 私がそれを知ったのは、倒れてから5日も経ってからでした。 夫の家族が病院に駆け付け、携帯電話を見て私の…

教室(フリー写真)

先生がくれた宝物

私がその先生に出会ったのは中学一年生の夏でした。 先生は塾の英語の担当教師でした。 とても元気で、毎回楽しい授業をしてくれました。 そんな先生の事が私はとても大好き…