尊敬する先輩

公開日: 友情 | 悲しい話

野球のボール(フリー写真)

俺は高校三年生で、野球部を引退したばかりです。

世界で一番尊敬する先輩が居ました。

野球は本当に下手で、一度も打席に立たせてもらった事がありませんでした。

それでも毎朝毎晩ずっと練習していて、手はいつも血とマメでボロボロでした。

ある日、俺は先輩に

「Mさん、何でそんなに頑張れるんですか?」

と聞きました。

先輩は、

「頑張らんと試合出られへんやろ?」

と答えて、また黙々とバットを振り始めました。

俺は先輩の努力に憧れ、それからずっと練習に付き合いました。

一緒に練習するうちに段々可愛がってもらえるようになって、よく話もするようになりました。

ある日、先輩が

「俺なぁ…いつか、試合で打席に立つのが夢なんや。ショボイ夢やろ?」

と言いました。

俺は何も言えませんでした。

でも結局、最後の練習試合(先輩はベンチ入り出来なかったため、練習試合が引退試合になりました)まで、出番はありませんでした。

最終回、何と先輩が代打で起用されました。

先輩は凄く真剣な顔で打席に立っていました。

構えは不格好でしたが、俺は絶対打てると信じました。

結果は、ファーストへのボテボテ内野ゴロでした。

先輩は全力で一塁に走りましたが、悠々アウトになってしまいました。

先輩の通算成績は、1打数0安打。

でも、誰よりも価値のある1打数だったと俺は思いました。

結局その年、甲子園には惜しくも届きませんでした。

先輩は引退する時、俺に泣きながら

「努力は絶対報われるからな。頑張れよ」

と言ってくれました。

俺は必死に頑張りました。

先輩に負けないぐらい練習しました。

そして、甲子園に出ました。

大学からも誘いがあり、これからも野球が続けられるようになりました。

全部先輩のお陰です。

こんなに頑張れたのも、甲子園に行けたのも、全部先輩の言葉のお陰でした。

でも、先輩は先月、電車事故で亡くなってしまいました。

仕事帰りだったそうです。

きっと仕事でも、フラフラになるまで頑張っていたのだと思います。

結局、俺は先輩に

「ありがとうございました」

としか言えませんでした。

今になって思います。

神様、何で先輩みたいな人が報われへんかったんですか?

才能だけで生きている人も居るのに…何で先輩は死ななあかんのですか?

おかしいじゃないですか…。

朝焼け空(フリー写真)

自衛隊最大の任務

「若者の代表として、一つだけ言いたいことがあります…」 焼け野原に立つ避難所の一角で、その青年は拡声器を握り締め話し始めた。 真っ赤に泣き腫らした瞳から流れる涙を拭いながら…

夕日が見える町並み(フリー写真)

幸せだった日常

嫁と娘が一ヶ月前に死んだ。 交通事故で大破。 単独でした。 知らせを受けた時、出張先でしかも場所が根室だったから、帰るのに一苦労だった。 でもどうやって帰ったの…

夕焼け(フリー写真)

少年との約束

俺が入院していた時、隣の小児科病棟に5歳くらいの白血病の男の子が入院していた。 生まれてから一度も外に出られていない子だと聞いた。 ※ ある日、大声で泣く声がするので病室を覗…

女子中学生(フリー写真)

中学生の時の娘の友達

今から8年前の話です。 現在21歳になった娘ですが、中学校時代の男友達が良い人過ぎて感動しました。 娘は自閉症などの障害を持っており、小学校の時は授業で当てられても話せな…

海を眺める男の子(フリー写真)

ぽっけ

「このぽっけ、すごいねんで!!(`・ω・´)三3ムフー!!」 そう言って幼稚園の制服のポケットをパンパン叩いていた友達Aの息子。 ポケットにはハンカチ、ティッシュ、お菓子、…

震災(フリー写真)

救助活動

東日本大震災。 辺りは酷い有り様だった。 鳥居の様に積み重なった車、田んぼに浮く漁船。 一階部分は瓦礫で隙間無く埋め尽くされ、道路さえまともに走れない。 明るく…

子供の寝顔(フリー写真)

お豆の煮方

交通安全週間のある日、母から二枚のプリントを渡されました。 そのプリントには交通事故についての注意などが書いてあり、その中には実際にあった話が書いてありました。 それは交通…

零戦(フリー写真)

特攻隊の父の願い

素子、素子は私の顔をよく見て笑ひましたよ。 私の腕の中で眠りもしたし、またお風呂に入ったこともありました。 素子が大きくなって私のことが知りたい時は、お前のお母さん、住代…

友情(フリー写真)

変わらないもの

俺たち小学校から高校までずっと一緒だったよな。 高卒後、俺は就職、お前はフリーター。 学歴社会の昨今、 「俺たちゃ負け組じゃねぇよな!がんばろうぜ!」 と、よく…

手を取り合う友(フリー写真)

友達からの救いのメール

僕の友達が事故で亡くなった。 本当に突然のことで何が何だか解らず、涙など出ませんでした。 葬式にはクラスのみんなや友達が沢山来ていました。 友達は遺影の中で笑っていま…