忘れ得ぬ誓い

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

海

彼女の心は遠くへ旅立ってしまいました。普段の彼女からは想像もつかないような瞬間が、次第に日常となっていきました。

夜中になっても突如として昼食を準備し始める彼女。

そして、思いがけず「私はあなたの妹ですか?」と訝しげに尋ねる彼女。

彼女のそんな変わりように、私は漠然とした不安を感じ、医師の診断を求めました。結果は、心を痛める痴呆症の宣告でした。

私たちは結婚を約束し合っていました。三ヶ月分の給料とは言えないかもしれないが、愛の証である指輪を用意していました。

プロポーズをするだけが残されたシンプルな未来図でしたが、彼女はもはや、私のことをほとんど思い出せないのです。

彼女は自立する力を失い、私にできるのはただ一つ、介護をすることだけでした。

結局、仕事を辞め、引きこもりがちな日々。私は、彼女の右手を握りながら、無言の愛を語り続けました。

やがて、私たちの貯金は底を尽き、生活資金が枯渇していきました。

その時、彼女の両親が現れ、「娘を引き取りたい」と言い出しました。

彼女の父親は、私に新たな人生を歩むよう促し、「娘のことは忘れてほしい」と懇願しました。

しかし、新しい仕事を探しても、私の心は常に彼女のことでいっぱいでした。

四六時中、ただ一つのことしか考えられない苦しみが、私の全存在を支配していました。

時が流れ、一年後、彼女の実家を訪ねるも、そこには誰もいませんでした。

彼女も、彼女の両親も、もはやこの町には存在しなかったのです。

噂で聞いた北陸の小さな町へ彼女たちの後を追いました。

海辺にたたずむ家で、私は彼女の母親に再会しました。母親は私を見て驚き、そして何かを悟ったようでした。

私は「彼女に渡したい物がある。直接彼女に手渡したい」と伝えました。

母親は私に海辺で待つよう告げ、その場を離れました。

黒い砂浜で待つ間、心は重たくも熱を帯びていました。

そして、彼女は母親に連れられ、寝間着のまま砂浜へと現れました。

彼女の姿は言葉では言い尽くせないほどに変わってしまっていました。

二人で砂浜に座り、彼女の母親はそっと私たちを見守りながら遠ざかりました。

彼女は意味不明な言葉を紡ぎながら、何かを探るように遠い空を見つめていました。

その時、「世界一遠くて近い場所」とか、「音の響きが聞こえない」という言葉が漏れました。

私は静かに彼女の左手を取り、ポケットからエメラルドの指輪を取り出しました。

その指輪を彼女の指にはめると、彼女はしばしの沈黙の後、静かに涙を流し始めました。

その涙は、まるで遠い記憶の中から湧き上がってきたようで、彼女自身も理由を理解していないようでした。

その光景に私の目からも涙が溢れ、私は彼女を強く抱きしめ、声をあげて泣きました。

たぶん二時間、あるいはそれ以上、私たちはただ抱き合うだけで過ごしました。

彼女の手が私を強く抱き返しているように感じた瞬間、それは私にとって最高の贈り物でした。

関連記事

花火(フリー写真)

花火とプロポーズ

2012年の夏。 付き合って2年になる彼女がいた。 彼女とは中学の同級生で、成人してから付き合い始めた。 同窓会で2年振りの再会。 お互いにどんな性格なのか、趣…

花束

深く、不器用な愛情

私は先天性の障害を持つ足で生まれました。 幼い私が、治療で下半身がギプスに覆われた時のことです。 痛みで泣き叫んだ夜、疲れ果てて眠った私を見て、強がりの父が涙を流していま…

高校生(フリー写真)

ほら、笑いなよ!

高校2年生の夏、僕は恋をした。 好きで好きで堪らなかった。 その相手を好きになった切っ掛けは、僕がクラスで虐めに遭い落ち込んでいた頃、生きる意味すら分からなくなり教室で一人…

ドーナツ(フリー写真)

ミスドの親子

日曜にミスドへ行った時の話。 若いお父さんと、3歳くらいの目がくりくりした可愛い男の子が席に着いた。 お父さんと私は背中合わせ。以下、肩越しに聞いた会話。 子「どーな…

手(フリー写真)

無償の愛

おじいちゃんは老いから手足が不自由で、トイレも一人で行くのは厳しい。 だから、いつもはおばあちゃんが下の世話をしていた。 おばあちゃん以外が下の世話をするのを嫌がったからだ…

手紙(フリー写真)

天国の妻からの手紙

嫁が激しい闘病生活の末、若くして亡くなった。 その5年後、こんな手紙が届いた。 どうやら死期が迫った頃、未来の俺に向けて書いたものみたいだ。 ※ Dear 未来の○○ …

恋人同士(フリー写真)

大切なペンダント

中学2年生の時、幼馴染のKという女子に恋心を抱いていた。 しかし、Kは俺よりも数倍かっこいい男子と付き合っていた。 俺がかなう相手でもなく、彼女自身がそれを伝えてきたので…

東京ドーム(フリー写真)

野球、ごめんね

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。 学も無く技術も無かった母は、個人商店の手伝いのような仕事で生計を立てていた。 それでも当時住んでいた土地にはまだ人…

雨の日の紫陽花(フリー写真)

いってらっしゃい

もう二十年ほど前の話です。 私が小さい頃に親が離婚しました。 どちらの親も私を引き取ろうとせず、施設に預けられ育ちました。 そして三歳くらいの時に、今の親にもらわれた…

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…