忘れ得ぬ誓い

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

海

彼女の心は遠くへ旅立ってしまいました。普段の彼女からは想像もつかないような瞬間が、次第に日常となっていきました。

夜中になっても突如として昼食を準備し始める彼女。

そして、思いがけず「私はあなたの妹ですか?」と訝しげに尋ねる彼女。

彼女のそんな変わりように、私は漠然とした不安を感じ、医師の診断を求めました。結果は、心を痛める痴呆症の宣告でした。

私たちは結婚を約束し合っていました。三ヶ月分の給料とは言えないかもしれないが、愛の証である指輪を用意していました。

プロポーズをするだけが残されたシンプルな未来図でしたが、彼女はもはや、私のことをほとんど思い出せないのです。

彼女は自立する力を失い、私にできるのはただ一つ、介護をすることだけでした。

結局、仕事を辞め、引きこもりがちな日々。私は、彼女の右手を握りながら、無言の愛を語り続けました。

やがて、私たちの貯金は底を尽き、生活資金が枯渇していきました。

その時、彼女の両親が現れ、「娘を引き取りたい」と言い出しました。

彼女の父親は、私に新たな人生を歩むよう促し、「娘のことは忘れてほしい」と懇願しました。

しかし、新しい仕事を探しても、私の心は常に彼女のことでいっぱいでした。

四六時中、ただ一つのことしか考えられない苦しみが、私の全存在を支配していました。

時が流れ、一年後、彼女の実家を訪ねるも、そこには誰もいませんでした。

彼女も、彼女の両親も、もはやこの町には存在しなかったのです。

噂で聞いた北陸の小さな町へ彼女たちの後を追いました。

海辺にたたずむ家で、私は彼女の母親に再会しました。母親は私を見て驚き、そして何かを悟ったようでした。

私は「彼女に渡したい物がある。直接彼女に手渡したい」と伝えました。

母親は私に海辺で待つよう告げ、その場を離れました。

黒い砂浜で待つ間、心は重たくも熱を帯びていました。

そして、彼女は母親に連れられ、寝間着のまま砂浜へと現れました。

彼女の姿は言葉では言い尽くせないほどに変わってしまっていました。

二人で砂浜に座り、彼女の母親はそっと私たちを見守りながら遠ざかりました。

彼女は意味不明な言葉を紡ぎながら、何かを探るように遠い空を見つめていました。

その時、「世界一遠くて近い場所」とか、「音の響きが聞こえない」という言葉が漏れました。

私は静かに彼女の左手を取り、ポケットからエメラルドの指輪を取り出しました。

その指輪を彼女の指にはめると、彼女はしばしの沈黙の後、静かに涙を流し始めました。

その涙は、まるで遠い記憶の中から湧き上がってきたようで、彼女自身も理由を理解していないようでした。

その光景に私の目からも涙が溢れ、私は彼女を強く抱きしめ、声をあげて泣きました。

たぶん二時間、あるいはそれ以上、私たちはただ抱き合うだけで過ごしました。

彼女の手が私を強く抱き返しているように感じた瞬間、それは私にとって最高の贈り物でした。

関連記事

野球(フリー写真)

甲子園の約束

十年前、彼女が死んだ。 当時、俺達は高校3年生。同じ高校に通い、同じ部活だった。 野球部だった。 俺と彼女は近所に住む幼馴染で、俺は小さな頃から、野球が好きな両親に野…

月明かり(フリー写真)

お月さんの下で

昨日、彼女の家の犬が死んだ。 彼女の家は昔、彼女の兄貴が高校生という若さで自殺してから、両親も彼女もうつ病になって酷い状態だったらしい。 そんな時に引き取って来た犬だったそ…

恋人同士(フリー写真)

天邪鬼な君

関係を迫ると、あなたは紳士じゃないと言われる。 関係を迫らないと、あなたは男じゃないと言われる。 度々部屋を訪れると、もっと一人の時間が欲しいと言われる。 あまり部屋…

母に渡す花(フリー写真)

お母さんの看病がしたいよ

19歳の頃、癌で入院中のお母さんに、泊り込みで付き添っていた。 その頃、私は予備校に行っていた。 お母さんが 「看護婦さんになって欲しい」 と言ったから、一つく…

公園のベンチ(フリー写真)

出会いの贈り物と感謝の気持ち

私の名前は佐々木真一、中学3年生です。 ある日のこと、私は学校から帰ると家の前に見知らぬ男性が立っていました。 その男性は私に向かって微笑みながら手を振り、名前を呼びまし…

赤ちゃんの足を持つ手(フリー写真)

ママの最後の魔法

サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 その時、サキちゃんはまだ2歳だった。 「あなた、サキのためにビデオを3本残します。 このビ…

海

あの日の下り坂

夏休みのある日、友達と「自転車でどこまで行けるか」を試すために小旅行に出かけた。地図も計画もお金も持たず、ただひたすら国道を進んでいった。 途中に大きな下り坂が現れ、自転車はま…

手を繋ぐ夫婦(フリー写真)

最高の両親

ある女性が学生の頃に暴行されました。 男性不信になった彼女はずっと男性を避けていましたが、会社勤めをしているうちに、そんな彼女に熱烈にアタックしてくる人がいました。 その…

犬(フリー写真)

愛犬が繋いだ絆

11年間、飼っていた愛犬が亡くなった。 死ぬ前の半年間、自分はろくに家に帰らず、世話も殆どしなかった。 その間にどんどん衰えて行っていたのに、あまり見ることも触ることもなく…

教室(フリー写真)

大切な幼馴染

私には、大好きな男の子がいた。 その子は幼馴染で、小さな頃からずっと一緒だった。 私はいつも支えてくれた彼が大好きだった。 でも、彼は自ら命を絶った。 首を吊…