遠く離れても、絆は永遠に

公開日: 心温まる話 | 恋愛

手を繋ぐ恋人同士(フリー写真)

ある町に、幼馴染の男女が暮らしていた。

彼らは幼い頃からずっと一緒に過ごし、お互いのことを大切に思っていた。

しかしある日、男性が突然遠い町へ引っ越すことになった。

彼は女性にその理由を話さず、ただ去っていった。

女性は、彼がいなくなってからも、彼を想い続けた。

何年も経ち、女性はたまたま彼の住む町を訪れる機会があった。

彼女は彼に会いたいという気持ちを抑えられず、彼の家を訪ねた。

しかし彼の家には、幸せそうな彼と新しい恋人が暮らしていた。

女性は彼が幸せそうな姿を見て、悲しみに打ちひしがれた。

彼女は彼との幸せな未来を夢見ていたが、それが叶わぬことを悟った。

そして彼女は町を後にし、彼を忘れようと決意した。

何年か後、彼女は別の男性と結婚し、新しい家庭を築いた。

彼女は幸せそうな家庭を築いていたが、心の奥底では彼を想い続けていた。

ある日、彼女の元に一通の手紙が届いた。

その手紙は、彼からのものであった。

手紙には、彼が引っ越した理由と、彼女への想いが綴られていた。

彼は彼女を傷つけないために、ある重大な秘密を抱えて遠くへ行ったのだった。

彼女は、彼の真実の想いに涙を流した。

そして彼女は再び彼に会いに行く決意をした。

彼女が彼の家を訪ねると、彼は病気で寝たきりになっていた。

彼は、彼女に会うことができた喜びと感謝の気持ちを伝えた。

そして、彼は彼女に、これまでの想いを告白した。

彼女は、彼との時間を大切に過ごし、彼の最期の日まで側にいた。

彼が亡くなった後、彼女は彼の遺言を受け取った。

遺言には、彼が彼女のために貯めていたお金と、彼女が幸せに過ごすことを願っている言葉が記されていた。

彼女は、彼の愛情に心を打たれ、涙を流しながら遺言を読んだ。

彼が生前、彼女の幸せを願いながら、自分の命を犠牲にしていたことに気づいた彼女は、

彼の思いに応えるため、自分の人生を前向きに生きることを決意した。

彼女は再び結婚し、子どもたちに彼の話を語り続けた。

そして彼女の家族は彼の愛に感謝し、彼の想いを胸に、愛し合いながら暮らしていった。

関連記事

戦後

少女の小さな勇気

第二次大戦が終わり、私は復員した日本の兵士の家族たちへの通知業務に就いていました。暑い日の出来事です。毎日、痩せ衰えた留守家族たちに彼らの愛する人々の死を伝える、とても苦しい仕事でし…

カップル(フリー写真)

彼女からの涙の告白

彼女との同棲生活が始まって、すでに5年以上が過ぎていました。 そして今、私は彼女にプロポーズをしようとしています。 だけれども、緊張からうまく言葉が出てこないのです。 …

放課後の教室

恩師の愛情

私は高校2年生の時にうつ病になった。 切っ掛けは、2年半付き合った彼氏に振られたことと、友達から仲間はずれにされるようになったことだと思う。 毎日、泣いていた。 プ…

結婚式(フリー写真)

お兄ちゃん

この間、友人の娘の結婚式に出席した。 私と友人は高校からの友達で、かれこれ30年以上の付き合いで、その娘の事も知っている。 その子の結婚式という事で電話が来て出席する事にし…

恋人(フリー写真)

彼からの手紙

幼稚園から一緒だった幼馴染の男の子が居た。 私は今でも憶えている。 彼に恋した日のことを。 ※ 幼稚園で意味もなく友達に責められている時に唯一、私の側に居てくれて、ギュ…

空(フリー写真)

お盆のある日

私には4年前、赤ちゃんの時に亡くなった子どもがいました。 昨年の8月のお盆のある時、上の娘が空を見上げて 「お母さん、空見てみて。ほら、空の雲の間に光っているところあるで…

ご縁の糸(フリー写真)

風変わりなアピール

30歳になる少し前に離婚した。 その一年半後に現在の妻を紹介された。 高校を出て7年間、妻は俺の祖母の兄が営む田舎町の店舗に勤めていた。 安い給料なのに真面目に働く良…

雪(フリー写真)

季節外れの雪

「ゆきをとってきて…おねがい、ゆきがみたい…」 あなたはそう言って、雪をほしがりましたね。 季節外れの雪を。 ※ あれから何年も時が経ちました。 あなたは、ゆっく…

婚約指輪(フリー写真)

玩具の指輪

高校生の頃の話。 小さな頃から幼馴染の女がいるのだが、その子とは本当に仲が良かった。 小学生の頃、親父が左手の薬指に着けていた指輪が気になって、 「何でずっと着けてる…

夫婦の重ねる手(フリー写真)

妻からの初メール

不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。 ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れて行った。 ずる賢く立ち回ったこともあり…