遠く離れても、絆は永遠に

公開日: 心温まる話 | 恋愛

手を繋ぐ恋人同士(フリー写真)

ある町に、幼馴染の男女が暮らしていた。

彼らは幼い頃からずっと一緒に過ごし、お互いのことを大切に思っていた。

しかしある日、男性が突然遠い町へ引っ越すことになった。

彼は女性にその理由を話さず、ただ去っていった。

女性は、彼がいなくなってからも、彼を想い続けた。

何年も経ち、女性はたまたま彼の住む町を訪れる機会があった。

彼女は彼に会いたいという気持ちを抑えられず、彼の家を訪ねた。

しかし彼の家には、幸せそうな彼と新しい恋人が暮らしていた。

女性は彼が幸せそうな姿を見て、悲しみに打ちひしがれた。

彼女は彼との幸せな未来を夢見ていたが、それが叶わぬことを悟った。

そして彼女は町を後にし、彼を忘れようと決意した。

何年か後、彼女は別の男性と結婚し、新しい家庭を築いた。

彼女は幸せそうな家庭を築いていたが、心の奥底では彼を想い続けていた。

ある日、彼女の元に一通の手紙が届いた。

その手紙は、彼からのものであった。

手紙には、彼が引っ越した理由と、彼女への想いが綴られていた。

彼は彼女を傷つけないために、ある重大な秘密を抱えて遠くへ行ったのだった。

彼女は、彼の真実の想いに涙を流した。

そして彼女は再び彼に会いに行く決意をした。

彼女が彼の家を訪ねると、彼は病気で寝たきりになっていた。

彼は、彼女に会うことができた喜びと感謝の気持ちを伝えた。

そして、彼は彼女に、これまでの想いを告白した。

彼女は、彼との時間を大切に過ごし、彼の最期の日まで側にいた。

彼が亡くなった後、彼女は彼の遺言を受け取った。

遺言には、彼が彼女のために貯めていたお金と、彼女が幸せに過ごすことを願っている言葉が記されていた。

彼女は、彼の愛情に心を打たれ、涙を流しながら遺言を読んだ。

彼が生前、彼女の幸せを願いながら、自分の命を犠牲にしていたことに気づいた彼女は、

彼の思いに応えるため、自分の人生を前向きに生きることを決意した。

彼女は再び結婚し、子どもたちに彼の話を語り続けた。

そして彼女の家族は彼の愛に感謝し、彼の想いを胸に、愛し合いながら暮らしていった。

関連記事

トイレ(フリー写真)

ドア裏の落書き

以前、大きな病院に通院していました。 ある日、男子トイレの洋式の方に入って座ると、ドア裏に小さな落書きがあったのです。 『入院して二ヶ月 治らない もうだめだ』 ※ そ…

空(フリー写真)

お盆のある日

私には4年前、赤ちゃんの時に亡くなった子どもがいました。 昨年の8月のお盆のある時、上の娘が空を見上げて 「お母さん、空見てみて。ほら、空の雲の間に光っているところあるで…

カップル(フリー写真)

彼女の日常

俺には幼馴染の女の子が居た。 小学校から中学校まで病気のため殆んど普通の学校に行けず、いつも院内学級で一人で居るせいか人付き合いが苦手で、俺以外に友達は居なかった。 彼女の…

カップル

君への罪滅ぼし

高校二年の終わり、図書館で偶然隣に座った君に、僕は一目惚れをした。 僕はそれから学校が終わると駆け足で図書館に通い、いつも君を事を探していた。 勇気を出して話し掛けてみた…

野球道具(フリー写真)

野球と夢

一球投げる度、脱げそうになる帽子を被り直す。 岩瀬・真壁・筑波の連合チームの田中康太(筑波2年)は同点の七回、3番手でマウンドに上がった。 1点勝ち越されたが、味方が追い付…

兄と妹(フリー写真)

受け継がれる兄の願い

ある小さな町に、兄妹が暮らしていた。 兄は妹を守るため、いつも一生懸命に働いていた。 妹は兄が苦労していることを知りながらも、彼の努力に感謝し、幸せに暮らしていた。 …

吹雪(フリー写真)

ばあちゃんの手紙

俺の母方のばあちゃんは、いつもニコニコしていて、かわいかった。 生んだ子供は四姉妹。 娘が全員嫁いだ後、長いことじいちゃんと二人暮らしだった。 そして、じいちゃんは2…

山からの眺め(フリー写真)

命があるということ

普通に生きて来ただけなのに、いつの間にか取り返しのつかないガンになっていた。 先月の26日に、あと三ヶ月くらいしか生きられないと言われた。 今は無理を言って退院し、色々な人…

メリーゴーランド

触れる魔法

私たちの前を、目の見えない夫婦が手を取り合って歩いていました。 彼らはそれぞれ白杖を携えており、ディズニーランドのキャストが優しく案内しながら、彼らと並んで歩いていました。 …

手を繋ぐ恋人(フリー写真)

握り返してくれた手

今から6年前の話です。 僕がまだ十代で、携帯電話も普及しておらずポケベル全盛期の時代の事です。 僕はその頃、高校を出て働いていたのですが、二つ年上の女性と付き合っていました…