道路に架かった虹

公開日: 心温まる話

虹(フリー写真)

昨日、犬の散歩をしていた時の事。

20代後半くらいの男性が二人、作業着でマンホールを調べていた。

少し立ち止まって見ていたら、前から女子中学生が泣きながら歩いて来た。

男性二人がそれに気付いて、

A「大丈夫? 何かあったの?」

B「ありゃ、泣いてる女の子か。苦手なパターンだ」

と声を掛けたのだけど、女の子は

「何でもないです。大丈夫です」

と首を振るだけ。

A「まあ、見知らぬ男に泣いてる理由聞かれても困るよね」

B「俺らみたいな土方じゃ尚更だろうな。でも知らんぷりも後味悪いしな」

ナンパな気持ちではなく本当で心配している様子。

女の子もそれが解るのか、

「本当に大丈夫です。心配してくれてありがとう」

と礼儀正しい。

B「んじゃ、折角だから良いもの見せてやるよ。A、携帯持ってて」

と、Aに携帯を持たせて、女の子とAにマンホールから離れるように言うと、

「ブッシャーー!!」

とマンホールから凄い勢いで水柱が上がった。

2メートルくらいの高さの水柱に、女の子はびっくり。俺と犬は興奮。

A「ほらほら虹だよ~。綺麗だよ~」

見てみると見事な虹。水が出ていたのは5秒くらいだったけど、女の子はすっかり泣き止んでいた。

A「泣き止んだぜ、俺ら大勝利(笑)」

B「もうびっちょびちょ。これバレたら水泥棒になっちゃうから黙っててな(笑)」

それを聞いて女の子が笑った。

二人の男性も嬉しそうだった。

関連記事

母の絵(フリー写真)

欲しかったファミコン

俺の家は母子家庭で貧乏だったから、ファミコンが買えなかった。 ファミコンを持っている同級生が凄く羨ましかったのを憶えている。 小学校でクラスの給食費が無くなった時など、 …

夫婦(フリー写真)

奥さんの日記

嫁の日記を盗み読みしたら、いつも昼飯は納豆ご飯やお茶漬けしか食べていないことが判った。 友達とファミレスに行くのも月に一度と決めているらしい。 俺に美味しい料理を食べさせた…

赤ちゃんの足を持つ手(フリー写真)

ママの最後の魔法

サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 その時、サキちゃんはまだ2歳だった。 「あなた、サキのためにビデオを3本残します。 このビ…

雲海(フリー写真)

命綱を譲った男性

1982年1月13日16時1分頃、ワシントン国際空港を激しい吹雪のなか離陸したエア・フロリダ90便が、離陸直後に氷結したポトマック川に架かる橋梁に激突・墜落した。 水没を免れた…

星空(フリー写真)

一生懸命に生きて

私は昨日、小学4年生の子から手紙で相談を受けました。 『僕のお母さんに元気になって欲しくて、プレゼントをあげたいんだけど、僕のお小遣いは329円しかありません。この値段で買えて、…

北部ソロモン諸島(ブーゲンビル島)の戦い

貴様飲め!

俺のおじいちゃんは戦争末期、南方に居た。 国名は忘れたけど、とにかくジャングルのような所で衛生状態が最悪だったらしい。 当然、マラリアだのコレラだのが蔓延する。 おじ…

桜(フリー写真)

春一番と親切なカップル

春一番が吹き荒れた日。 本当に物凄い強風で、その日は朝から店の看板が倒れたりトラブル続きで、ずっと落ち着かず疲れ切っていた。 そんな時、若いカップルのレジをしていると、彼氏…

夕日(フリー写真)

自衛隊の方への感謝

被災した時、俺はまだ中学生でした。 家は全壊しましたが、たまたま通りに近い部屋で寝ていたので腕の骨折だけで済み、自力で脱出することが出来ました。 奥の部屋で寝ていたオカンと…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

幸せの在り処

もう五年も前になる。 当時無職だった俺に彼女が出来た。 彼女の悩みを聞いてあげたのが切っ掛けだった。 正直、他人事だと思って調子の良いことを言っていただけだったが、彼…

日記帳(フリー写真)

天国の恩人

私はキャバクラ嬢でした。 家がとても貧乏で、夜に働きながら大学へ行きました。 そんな私の初めてのお客様。 Yさん、70歳のお爺ちゃんです。 彼はとても口下手で、…