仲直り

手を握る(フリー写真)

金持ちで顔もまあまあ。

何より明るくて突っ込みが上手く、ボケた方が

「俺、笑いの才能あるんじゃね」

と勘違いするほど(笑)。

彼の周りには常に笑いが絶えなかった。

そんな彼を怒らせた。

彼が好きな女の子にノリで無理やり電話させ、ふられたのを見てゲラゲラ笑った最低な俺達。

彼と一番仲が良かった俺が、一番彼に怒られた。

それ以来、疎遠になった。

周りの友達が仲直りさせようと同窓会だ、飲み会だと何回も機会を作ってくれても、俺が意地を張り謝罪もしなかった。

『何で俺にだけ、あんなにぶちギレやがったんだ』

という気持ちがあったんだろうな。

終いには周りの友達とも、疎遠になった。

ある日、その疎遠になった周りの友達の一人から電話があった。

でも出なかった。

なかなかコールは終わらず、『うざい』『しつこい』としかその時は思わなかった。

その年、年賀状辞退の葉書が来た。

彼は夏に亡くなっていた。

あのコールは彼の葬式の誘いだったのだと、やっと解った。

葉書に住所は無かった。

俺は恥も外聞も無く、亡くなった彼の(疎遠になっていた)友達に頼み、彼の家に連れて行ってもらった。

頼まれた友達は嬉しそうに、

「お前に久しぶりに会えて嬉しいわ」

と言ってくれた。

亡くなった彼の家へ行くと、彼は結婚していたらしく奥さんが応対してくれた。

風の噂で結婚したのは知っていたけど。

まあ、喧嘩して20年以上経っているのだから、結婚していても当たり前か。

奥さんに会った早々、いきなり

「○○さんですね(笑)。会ってみたかったんですよー」

と言われた。俺が

「へ?」

と首を傾げていると、

「夫が、あなたが友達の中で一番面白かったよって(笑)」

その場で涙がボロボロと落ちた。

ここに連れて来てくれた友達も、奥さんも泣いていた。

奥さんが俺に、彼の伝言を教えてくれた。

「○○は絶対来てくれるから。俺が死んだら(笑)」

そして、

「これで仲直りですよ(笑)。○○さん」

と奥さんは言った。

何でもっと早く来られなかったんだろう。

いつか俺もお前のところへ行ったら、また突っ込んでくれよな。

遠足用具(フリー素材)

遠足のおやつ

小学生の頃、母親が入院していた時期があった。 それが俺の遠足の時期と重なってしまい、俺は一人ではおやつも買いに行けず、戸棚に閉まってあった食べかけのお茶菓子などをリュックに詰め込…

夫婦(フリー写真)

幸せなことは何度でもある

結婚5年目に、ようやく待ちに待った子供が産まれた。 2年経って子供に障害があることが判明し、何もかもが嫌になって子供と死のうと思った。 そしたら旦那がメールが届いた。 ※…

デジカメを持つ女性(フリー写真)

母がデジカメを買った

機械音痴の母がデジカメを買った。 とても嬉しいらしく、はしゃぎながら色々なものを撮っていた。 ※ 何日か経った頃、メモリが一杯で写せなくなったらしく 「どうすればいいの…

花(フリー写真)

母の匂いと記憶

先日、母の日に実家へ帰った時、ジョイントを持って行った。 兄に子供が生まれた関係で家は禁煙になっていて、俺の部屋も物置き状態。 母親の隣で寝る事になったんだけど、何か気恥ず…

親子(フリー写真)

育ててくれてありがとう

中学生の頃はちょうど反抗期の真っ最中だった。 ある日、母と些細な事で喧嘩になり、母から 「そんな子に育てた覚えはない!」 と言われました。 売り言葉に買い言葉で…

空(フリー写真)

見守ってくれた兄

我が家の仏壇には、他より一回り小さな位牌があった。 両親に聞いた話では、生まれる前に流産してしまった俺の兄のものだという。 両親はその子に名前(A)を付け、事ある毎に …

蛍(フリー写真)

蛍は亡くなった人の魂

祖父が死んで、もう12年になる。 幼い頃から、 「蛍は亡くなった人の魂だから、粗末に扱うな」 と祖父に教えられてきた。 ※ 去年の8月15日の夜、父と俺とで家族総…

機関車(フリー写真)

モンロヴィアへ

太平洋戦争が終わって間もない頃、彼女は単身ニューヨークに留学しました。 ところが、待っていたのは人種差別…。 栄養失調と精神的プレッシャーが重なり、肺結核に罹ってしまったの…

ビール(フリー写真)

恐かった父

私の父は無口で頑固で本当に恐くて、親戚中が一目置いている人でした。 家に行ってもいつもお酒を飲んでいて、その横で母が忙しなく動いていた記憶があります。 ※ 私が結婚する事にな…

手を繋ぐ母と娘(フリー写真)

最高のママ

もう十年も前の話。 妻が他界して一年が経った頃、当時八歳の娘と三歳の息子がいた。 妻がいなくなったことをまだ理解出来ないでいる息子に対し、私はどう接してやれば良いのか、父親…