天国の妻からの手紙

手紙(フリー写真)

嫁が激しい闘病生活の末、若くして亡くなった。

その5年後、こんな手紙が届いた。

どうやら死期が迫った頃、未来の俺に向けて書いたものみたいだ。

Dear 未来の○○

元気ですか? 大好きな仕事は上手く行ってますか?

きっと○○のことだもん、今頃は凄い出世をしてるんだろうなあ。

嬉しいぞ。

早速だけど、私はもう長くないみたい。

仕事柄、何となく自分の体のことは解るんだあ。

薬も大分変わったしね。

だから、○○に最後の手紙を書くことにしました。

もう今頃、新しい可愛い奥さんが出来てるかな?(笑)

いいんだよ、私に遠慮しないで幸せになってよ。

○○は誰かを幸せに出来る才能を持ってる。

その才能を持った責任を負わなきゃいけないんだ。

○○が幸せになるところ、きちんと見守ってるからね。

私は大丈夫。向こうでイケメン見つけて恋するもんね!(笑)

そして○○は沢山子供を作って、ステキな家庭を作るの。

○○の子供だもん、きっと可愛いんだろうなあ~。

私、生まれ変われたら○○の子供になっちゃおうかな(笑)。

生まれ変わりの順番待ちがあったら割り込んじゃうもんね!

おばさん発想だな。

でもね、一つだけお願いがあります。

どうか私のことを忘れないで。

どんなに幸せになっても、一年に何回かでいいから思い出して。

私はもう、お父さんもお母さんも居ないから…。

○○が忘れたら、もうこの世界に私は居なくなっちゃう。

それだけが怖いんだ。

何回かというのはね…。

付き合い始めた日、幕張のレストランに海。

一緒に行った夏の北海道。

あの時にくれたネックレスは、今でもずっと付けてるよ。

お棺に入れないでね。○○が持ってて。

○○が初めて試合でレギュラーになった日、関係ないとは思いきや、実は私が初めてお弁当を作った日だったのだ(笑)。

卵焼き、辛くて悪かったな。

結婚記念日は○○酔いつぶれてたし、いいや(笑)。

そして私の命日。

多分、○○のことを想いながら幸せに眠るんだろな。

この四つが私の思い出ランキングトップです!

だから年四回でいいから思い出してね。お願いね。

○○が思い出してくれる時、きっと私はその瞬間だけこの世界に生き返られるんだ。

最後までわがままだね(笑)。ごめんなさい。

未来に向けて書くつもりが、何かよく分かんなくなっちゃった。

だって○○の未来は輝いてて、眩しくて、全然見えませんよ!

さて、レントゲンに呼ばれたので、これで終わりにします。

時間をかけて書くと長くなりそうなので、思いつきで書いたこの手紙で一発終了。

○○、今までありがとう。

悲しい思いをしてしまったらごめんなさい。

あなたと過ごした私の人生、あなたと作った私の人生。

幸せ過ぎてお腹いっぱいです。もう悔いはないよ。

○○の幸せをずっとずっと見守ってます。

未来の○○の笑顔を思いながら。

△△より

p.s.

ご飯はちゃんと食べるんだよ。

最後まで注文ばっかだな、全く。

オレはまだ一人だよ。

でも幸せだ。この手紙を見て改めて実感した。

オレ頑張るから、ずっと見ていてくれよ。

ありがとう。

北部ソロモン諸島(ブーゲンビル島)の戦い

貴様飲め!

俺のおじいちゃんは戦争末期、南方に居た。 国名は忘れたけど、とにかくジャングルのような所で衛生状態が最悪だったらしい。 当然、マラリアだのコレラだのが蔓延する。 おじ…

手のひら(フリー写真)

出会い

昔、美術館でバイトをしていた。 その日の仕事は、地元の公募展の受け付け作業。 一緒に審査員の先生も一人同席してくれる。 その時に同席してくれたのは、優しいおじいちゃん…

教室(フリー写真)

大切な幼馴染

私には、大好きな男の子がいた。 その子は幼馴染で、小さな頃からずっと一緒だった。 私はいつも支えてくれた彼が大好きだった。 でも、彼は自ら命を絶った。 首を吊…

レトロなサイダー瓶(フリー写真)

子供時代の夏

大昔は、8月上旬は30℃を超えるのが夏だった。朝晩は涼しかった。 8月の下旬には、もう夕方の風が寂しくて秋の気配がした。 泥だらけになって遊びから帰って来ると、まず玄関に入…

虹(フリー写真)

道路に架かった虹

昨日、犬の散歩をしていた時の事。 20代後半くらいの男性が二人、作業着でマンホールを調べていた。 少し立ち止まって見ていたら、前から女子中学生が泣きながら歩いて来た。 …

父の手(フリー写真)

受け継がれた情熱

俺の親父は消防士だった。 いつ何があってもおかしくない仕事だから、よく母に 「俺に何かあっても、お前らが苦労しないようにはしてる」 と言っていたのを憶えている。 ※…

おでこを当てる父と娘(フリー写真)

もうおねえさんだから

7ヶ月前に妻が他界して初めて迎えた、娘の4歳の誕生日。 今日は休みを取って朝から娘と二人、妻の墓参りに出掛けて来た。 妻の死後、暫くはあんなに 「ままにあいたい」「ま…

手話(フリーイラスト素材)

手話の先生

小学生の頃、難聴の子がクラスに居た。 補聴器を付ければ普通学級でも問題無い程度の難聴の子だった。 彼女はめちゃくちゃ内気で、イジメられこそしていなかったけど、友達は居なかっ…

自衛隊員の方々(フリー写真)

直立不動の敬礼

2年前、旅行先での駐屯地祭での事。 例によって変な団体が来て、私は嫌な気分になっていた。 するとその集団に向かって、一人の女子高生とおぼしき少女が向かって行く。 少女…

会議室(フリー写真)

忘れられない誕生日

俺は入社以来、ひたすら数字を追い続けて来た。 毎日必死に働き、7年経った今では会社からも業績を認められるようになった。 何度か昇格をして、部下が何人か居る。 重要な仕…