ロクな大人

公開日: 子供 | 家族 | 心温まる話

ちまきと柏餅(フリー写真)

この前の、子供の日。

夫の親、兄弟、親戚、一同が集まった席で、いつものように始まった大合唱。

「一人っ子は可哀想」

「ロクな大人にならん」

「今からでも第二子は遅くない」

「今なら高度医療で何とかなるやろ?」

困った顔をしながら苦笑いを浮かべて、適当に生返事をしてやり過ごすしか、私達夫婦には方法が無くてね。

うっかり事情が知れたら、もっと傷付けられる。

ああ、仕方が無い人達だ。我慢しよう。嵐が過ぎるまで…と、そう思っていたのだけど…。

今年、小学5年生になる息子がその時、鋭い口調で言い出した。

「ロクな大人の『ロク』って何さ?

嫌そうに聞いている人間に嫌な言葉を言い続けるのが『ロク』なんか?

ここに居るみんな、俺以外はみんな兄弟が居るロクな大人やろうもん。

ロクな大人の『ロク』がこう言うことなら、俺はロクな大人にならんでよか!

ああ、よかったったい。俺はロクな大人になれん一人っ子で。

ちぃーともかわいそうなこと、なかやっか。一人っ子ばんざい!」

一同が静まり返って、決まりが悪そうに視線をあちこちに泳がせ始めた時、

「母さん、俺を産んでくれてありがとう。

一人だけでも俺を産んでくれてありがとうな」

そう照れくさそうに言うと、ちまきを2、3個引っ掴んで、

「△△の家に遊びに行って来るったい。行ってきまーす!」

と飛び出して行ったよ。

「今日と明日は、俺が家事やるけん。母さんはゆっくりしときー。

母の日やけん。お金かからんいい孝行やろもん。俺ってあったまいー」

今、息子は昼ご飯にとホットケーキを焼いているようです。

でもね、母の日のプレゼントは先週にもう貰ったと、私は思っているんだ。

えへへ、親馬鹿だけど、良い息子に育ってくれたのが嬉しくて。

誰かに聞いてもらいたかったんだ。

街の夕日(フリー写真)

人とのご縁

自分は三人兄弟の真ん中として、どこにでもある中流家庭で育ちました。 父はかなり堅い会社のサラリーマンで、性格も真面目一筋。それは厳格で厳しい父親でした。 母は元々小学校の教…

駅のホーム(フリー写真)

母を守る子

昔は JR大久保駅(兵庫県)から通勤していたのですが、週2日は午前10時までに舞子に着けば良い時期がありました。 朝はゆっくりできるし、電車は空いていて快適でした。 ホー…

病院(フリー素材)

大好きなおじいちゃん

私は昔、いらんことばっかりしてたね。 私は兵庫県で、おじいちゃんは鹿児島に住んどった。 盆休みやお正月の長い連休は、よく遊びに行ってたね。 毎回遊びに帰る度にいっつ…

駄菓子屋(フリー写真)

駄菓子屋に集結したヒーロー

近所に古い駄菓子屋がある。 経営しているのは、お婆ちゃん一人だけ(お爺ちゃんは5年程前に病気で亡くなってしまった)。 いつもニコニコしていて、とても優しいお婆ちゃんで、お金…

犬(フリー写真)

盲導犬のサリー

私がかつて知っていた盲導犬のサリーの話です。 サリーはとても頭の良い犬でした。 盲導犬としての訓練を優秀な内容で終え、飼い主さんの元へ預けられました。 サリーは晴れ…

おばあちゃんの手(フリー写真)

祖母から孫への想い

俺は母とおばあちゃんの三人で暮らしている。 母と親父は離婚していない。 パチンコなどのギャンブルで借金を作る駄目な親父だった。 母子家庭というのはやはり経済的に苦しく…

父(フリー写真)

父が居たら

自分は父の顔を知らない。 自分が2歳の頃、交通事故で死んだそうだ。 母に、 「お父さんの名前、なんて―の?」 「お父さんの写真、見して!」 「お父さん、メ…

たんぽぽを持つ手(フリー写真)

あした

私の甥っ子は、母親である妹が病気で入院した時に、暫くパパママと離れて実家の父母の家に預けられていました。 「ままがびょうきだから、おとまりさせてね」 と言いながら、小さな体…

ノートとペン(フリー写真)

一冊のノート

会社に入って3年目に、マンツーマンで一人の新人の教育を担当する事になりました。 実際に会ってみると覚えが悪く、何で俺がこの子を担当するんだろうと感じました。 しかし仕事で…

トイレ(フリー写真)

ドア裏の落書き

以前、大きな病院に通院していました。 ある日、男子トイレの洋式の方に入って座ると、ドア裏に小さな落書きがあったのです。 『入院して二ヶ月 治らない もうだめだ』 ※ そ…