ロクな大人

公開日: 子供 | 家族 | 心温まる話

ちまきと柏餅(フリー写真)

この前の、子供の日。

夫の親、兄弟、親戚、一同が集まった席で、いつものように始まった大合唱。

「一人っ子は可哀想」

「ロクな大人にならん」

「今からでも第二子は遅くない」

「今なら高度医療で何とかなるやろ?」

困った顔をしながら苦笑いを浮かべて、適当に生返事をしてやり過ごすしか、私達夫婦には方法が無くてね。

うっかり事情が知れたら、もっと傷付けられる。

ああ、仕方が無い人達だ。我慢しよう。嵐が過ぎるまで…と、そう思っていたのだけど…。

今年、小学5年生になる息子がその時、鋭い口調で言い出した。

「ロクな大人の『ロク』って何さ?

嫌そうに聞いている人間に嫌な言葉を言い続けるのが『ロク』なんか?

ここに居るみんな、俺以外はみんな兄弟が居るロクな大人やろうもん。

ロクな大人の『ロク』がこう言うことなら、俺はロクな大人にならんでよか!

ああ、よかったったい。俺はロクな大人になれん一人っ子で。

ちぃーともかわいそうなこと、なかやっか。一人っ子ばんざい!」

一同が静まり返って、決まりが悪そうに視線をあちこちに泳がせ始めた時、

「母さん、俺を産んでくれてありがとう。

一人だけでも俺を産んでくれてありがとうな」

そう照れくさそうに言うと、ちまきを2、3個引っ掴んで、

「△△の家に遊びに行って来るったい。行ってきまーす!」

と飛び出して行ったよ。

「今日と明日は、俺が家事やるけん。母さんはゆっくりしときー。

母の日やけん。お金かからんいい孝行やろもん。俺ってあったまいー」

今、息子は昼ご飯にとホットケーキを焼いているようです。

でもね、母の日のプレゼントは先週にもう貰ったと、私は思っているんだ。

えへへ、親馬鹿だけど、良い息子に育ってくれたのが嬉しくて。

誰かに聞いてもらいたかったんだ。

関連記事

教室の机(フリー写真)

丸坊主だらけの教室

中学生の弟が、学校帰りに床屋で丸坊主にして来た。 失恋でもしたのかと聞いたら、小学校からの女の子の友達が今日から登校するようになったからだ、と言う。 彼女は今まで病気で入院…

機関車(フリー写真)

モンロヴィアへ

太平洋戦争が終わって間もない頃、彼女は単身ニューヨークに留学しました。 ところが、待っていたのは人種差別…。 栄養失調と精神的プレッシャーが重なり、肺結核に罹ってしまったの…

お弁当グッズ(フリー写真)

海老の入ったお弁当

私の母は昔から体が弱かった。 それが理由かは分からないが、母の作る弁当はお世辞にも華やかとは言えない、質素で見映えの悪いものばかりだった。 友達に見られるのが恥ずかしくて、…

イチゴのショートケーキ(フリー写真)

イチゴショートと女の子

俺がケーキ屋で支払いをしていると、自動ドアが開いて、幼稚園児くらいの女の子が入って来た。 女の子は一人で買い物に来たらしく、極度の緊張からか、頬を赤く染め真剣な眼差しで店員に …

祖母の手(フリー写真)

おばあちゃんの深い愛

幼い頃から両親が共働きで、俺の面倒を見てくれたばあちゃん。 俺は癇癪持ちだったからめちゃくちゃ怒られたけど(笑)。 あまりにも怒らせると、トイレに閉じ込められたりもした。…

青い花(フリー写真)

ママの棺

この間、1歳半の息子を連れて友人の家へ行った時に、友人の祖母から聞いた話です。 ※ 友人がちょうど1歳半の時、お母さんが癌になったそうです。 気付いた時にはもう手遅れで、一ヶ…

たんぽぽを持つ手(フリー写真)

あした

私の甥っ子は、母親である妹が病気で入院した時に、暫くパパママと離れて実家の父母の家に預けられていました。 「ままがびょうきだから、おとまりさせてね」 と言いながら、小さな体…

駅のホーム(フリー写真)

花束を持ったおじいちゃん

7時16分。 私は毎日、その電車に乗って通学する。 今から話すのは、私が高校生の時に出会った、あるおじいちゃんとのお話です。 ※ その日は7時16分の電車に乗るまでまだ…

浅草の三社祭の提灯(フリー写真)

母のガイドブック

東京で単身赴任をしていた時、連休になるといつも嫁が来て、家事などをしてくれていた。 母にも、偶には東京に来いよと言っていたのだけど、人混みが苦手だと言い、決して来なかった。 …

お見舞いの花(フリー写真)

父の唯一の楽しみ

私の家系は少し複雑な家庭で、父と母は離婚して別々に暮らしています。 私は三姉妹の末っ子で、父に会いに行くのも私だけでした。 姉二人なんて、父と十年近く会っていません。 ※…