パパと呼ばれた日

公開日: 子供 | 家族 | 心温まる話

手紙を差し出す女の子(フリー写真)

俺が30歳の時、一つ年下の嫁を貰った。

今の俺達には、娘が三人と息子が一人居る。

長女は19歳、次女は17歳、三女が12歳。

長男は10歳。

こう言うと、

「長女と次女は嫁の連れ子?」

と言われる。

違う、そうじゃない。

長女と次女は、俺とは血が繋がっている。

しかし、俺の子ではない。

俺には、3歳年上の姉が居た。

姉は25歳で結婚、二女を設けた。

しかしダンナが夢多き男で、デザイナーだとか今度は設計事務所だとか、職を転々とした。

最後は、議員になると選挙にまで立候補した。

しかし、いずれも当たらず…。

借金をして、その借金の工面に俺の姉も一緒に働き、仕事に駆けずり回っていた。

そんなある日。

姉夫婦が深夜のコンビニでのバイトを終え、車で帰宅途中、酔っ払い運転の車にぶつけられた。

二人は、帰らぬ人となった。

最初は、何が何だか解らなかった。

当時、結婚したばかりだった俺は、

『人生って上手くいかねぇな』『神様って本当に居ないんだな』

などと、そんなことばかりを考えていた。

当時、5歳と3歳の姪が二人残された。

二人をどうするか、両家の家族で色々と話し合った。

うちの両親は当然、今までの姉の苦労を知っていたから、自分達が引き取り、ちゃんと育てると言った。

確かに両親は自分の目から見てもちゃんとしているし、問題無いだろうと思っていた。

しかし、義兄の家族は既にうちの親父が定年で会社の嘱託顧問となっていたため、

「今後の収入が期待できない」

と言い出した。

義兄の親は自営で、一応収入はあったが、先行きには期待できなかった。

そんな話し合いの中、俺は姪二人に聞いた。

「俺と住むか?」

二人は、

「ウン」

と言った。

嫁に事情を話すと、

「二人産んだと思えば良い」

と言ってくれた。

裁判をするとまで言っていた義兄の家族も、

「まだ、若くて収入が期待できる人ならば」

と納得してくれた。

こうして、俺は突然二人のパパになった。

二人の姪は素直だったが、俺と嫁のことを「パパ」「ママ」と呼ぶことに抵抗があったようだ。

次女は比較的早くから嫁を「ママ」と呼んでいた。

嫁は「ママと呼んでくれた」と、一人で泣いていたのを覚えている。

パパと呼び出したのは、小学校に入るくらいかな?

しかし、長女は時間が掛かった。

嫁のことをママと呼ぶまでに7年掛かった。

俺は結局、パパと呼んでもらったことは無かった。

そんな長女も高校生になった。

大学も当然考えるようになったある日のこと。

嫁が高校の三者面談に行くと、長女は自分の希望をこう言ったという。

「音大に行って、音楽の先生になりたい」

これで俺はピンと来た。

姉は小さい頃からピアノをやっていて、長女も3歳頃からピアノをやっていた。

俺と一緒に住むようになってからも続けていた。

彼女なりに、産みの親との繋がりを持っているんだと思った。

長女は東京の音大に進みたいと言い出し、結果、推薦を貰って、この春希望の大学に進学した。

結局、俺は一度も「パパ」とは呼ばれず、俺はあだ名で呼ばれていた。

長女が東京へ旅立つ日、俺は出張で海外に居た。

帰国すると、長女が家族全員に書いたという手紙を嫁から貰った。

そして、号泣した。

以下、そのまま。

○○ちゃんへ

泣きながら(次女の名前)と二人で

○○ちゃんと暮らし出したのを

昨日のことのように覚えています。

怒られてムカついたし、

一緒に遊んでくれてすごい嬉しかったし、

本当に感謝してます。

ありがとう。

そんな私を東京の音大にまで出してくれて、

本当に本当にありがとう。

今まで以上に言うこと聞いて良い子になって帰ってきます。

最後に。

パパ、本当にありがとう、大好き。

ああ、俺もお前のことが大好きだ。

ミートソーススパゲッティ

母の味

うちの母が作るミートソースは、とても美味かった。 家族全員の大好物だった。 でもそのレシピを聞かないうちに、母は急性白血病で亡くなった。 亡くなって数年が経った頃、…

学校の机(フリー写真)

君が居なかったら

僕は小さい頃に両親に捨てられ、色々な所を転々として生きてきました。 小さい頃には「施設の子」とか「いつも同じ服を着た乞食」などと言われました。 偶に同級生の子と遊んでいて、…

教室(フリー写真)

先生がくれた宝物

私がその先生に出会ったのは中学一年生の夏でした。 先生は塾の英語の担当教師でした。 とても元気で、毎回楽しい授業をしてくれました。 そんな先生の事が私はとても大好き…

夫婦の手(フリー写真)

私は幸せでした

文才が無いため酷い文になると思いますが、少し私の話に付き合ってください。 24歳の時、私は人生のどん底に居ました。 6年間も付き合って婚約までした彼には、私の高校時代の友人…

ろうそくの火(フリー写真)

ろうそくの火と墓守

急な坂をふうふう息を吐きながら登り、家族のお墓に着く。 風が強いんだ、今日は。 春の日差しに汗ばみながら枯れた花を除去して、生えた雑草を取り、墓石を綺麗に拭く。 狭い…

通帳(フリー写真)

ばあちゃんの封筒

糖尿病を患っていて、目が見えなかったばあちゃん。 一番家が近くて、よく遊びに来る私を随分可愛がってくれた。 思えば、小さい頃の記憶は、殆どばあちゃんと一緒に居た気がする(母…

赤ちゃんの手を握る母(フリー写真)

お母さんありがとう

昨日、午前4時22分に母が亡くなった。 風邪ひとつ引かない元気な母だった。 僕が幼稚園に入る頃には、もう父は居なかった。 借金を作って逃げたらしい。 母は早朝4…

赤ちゃん(フリー写真)

本当に価値がある存在

君がママのお腹に居ると判った時、ママは涙ぐんでいた。 妊娠したと聞いて僕は、 「おーそうか」 なんて冷静に言おうとしたけど、すぐに涙が出たんだ。 決して口には出…

父の日のプレゼント(フリー写真)

見知らぬおじさん

私には妻が居たが、一人娘が1歳と2ヶ月の時、離婚することになった。 酒癖の悪かった私は暴力を振るうこともあり、幼い娘に危害が及ぼすことを恐れた妻が、子供を守るために選んだ道だった…

タクシーの後部座席(フリー写真)

母の気持ち

実家に帰省して、また帰る時の事。 俺は母子家庭で仕送りを貰っている癖に、冗談めかしに帰りのタクシー代と電車賃を頂戴と母にせがんだ。 すると母は、 「何言ってんの!うち…