パパと呼ばれた日

公開日: 子供 | 家族 | 心温まる話

手紙を差し出す女の子(フリー写真)

俺が30歳の時、一つ年下の嫁を貰った。

今の俺達には、娘が三人と息子が一人居る。

長女は19歳、次女は17歳、三女が12歳。

長男は10歳。

こう言うと、

「長女と次女は嫁の連れ子?」

と言われる。

違う、そうじゃない。

長女と次女は、俺とは血が繋がっている。

しかし、俺の子ではない。

俺には、3歳年上の姉が居た。

姉は25歳で結婚、二女を設けた。

しかしダンナが夢多き男で、デザイナーだとか今度は設計事務所だとか、職を転々とした。

最後は、議員になると選挙にまで立候補した。

しかし、いずれも当たらず…。

借金をして、その借金の工面に俺の姉も一緒に働き、仕事に駆けずり回っていた。

そんなある日。

姉夫婦が深夜のコンビニでのバイトを終え、車で帰宅途中、酔っ払い運転の車にぶつけられた。

二人は、帰らぬ人となった。

最初は、何が何だか解らなかった。

当時、結婚したばかりだった俺は、

『人生って上手くいかねぇな』『神様って本当に居ないんだな』

などと、そんなことばかりを考えていた。

当時、5歳と3歳の姪が二人残された。

二人をどうするか、両家の家族で色々と話し合った。

うちの両親は当然、今までの姉の苦労を知っていたから、自分達が引き取り、ちゃんと育てると言った。

確かに両親は自分の目から見てもちゃんとしているし、問題無いだろうと思っていた。

しかし、義兄の家族は既にうちの親父が定年で会社の嘱託顧問となっていたため、

「今後の収入が期待できない」

と言い出した。

義兄の親は自営で、一応収入はあったが、先行きには期待できなかった。

そんな話し合いの中、俺は姪二人に聞いた。

「俺と住むか?」

二人は、

「ウン」

と言った。

嫁に事情を話すと、

「二人産んだと思えば良い」

と言ってくれた。

裁判をするとまで言っていた義兄の家族も、

「まだ、若くて収入が期待できる人ならば」

と納得してくれた。

こうして、俺は突然二人のパパになった。

二人の姪は素直だったが、俺と嫁のことを「パパ」「ママ」と呼ぶことに抵抗があったようだ。

次女は比較的早くから嫁を「ママ」と呼んでいた。

嫁は「ママと呼んでくれた」と、一人で泣いていたのを覚えている。

パパと呼び出したのは、小学校に入るくらいかな?

しかし、長女は時間が掛かった。

嫁のことをママと呼ぶまでに7年掛かった。

俺は結局、パパと呼んでもらったことは無かった。

そんな長女も高校生になった。

大学も当然考えるようになったある日のこと。

嫁が高校の三者面談に行くと、長女は自分の希望をこう言ったという。

「音大に行って、音楽の先生になりたい」

これで俺はピンと来た。

姉は小さい頃からピアノをやっていて、長女も3歳頃からピアノをやっていた。

俺と一緒に住むようになってからも続けていた。

彼女なりに、産みの親との繋がりを持っているんだと思った。

長女は東京の音大に進みたいと言い出し、結果、推薦を貰って、この春希望の大学に進学した。

結局、俺は一度も「パパ」とは呼ばれず、俺はあだ名で呼ばれていた。

長女が東京へ旅立つ日、俺は出張で海外に居た。

帰国すると、長女が家族全員に書いたという手紙を嫁から貰った。

そして、号泣した。

以下、そのまま。

○○ちゃんへ

泣きながら(次女の名前)と二人で

○○ちゃんと暮らし出したのを

昨日のことのように覚えています。

怒られてムカついたし、

一緒に遊んでくれてすごい嬉しかったし、

本当に感謝してます。

ありがとう。

そんな私を東京の音大にまで出してくれて、

本当に本当にありがとう。

今まで以上に言うこと聞いて良い子になって帰ってきます。

最後に。

パパ、本当にありがとう、大好き。

ああ、俺もお前のことが大好きだ。

バイク(フリー写真)

最高の子供達

昔話になるが、15歳の時に親父が畑や山に通うのに使うスーパーカブを無免で持ち出し、親父に顔の形が変わるほどぶん殴られて以来のバイク好きだった。 カブから始まり、モンキー、FX、C…

空(フリー写真)

才能の代わりに

小学生の時、少し知恵遅れのA君が居た。 足し算、引き算などの計算や、会話のテンポが少し遅い。でも、絵がとても上手な子だった。 彼はよく空の絵を描いた。抜けるような色合いには…

夕日が見える町並み(フリー写真)

幸せだった日常

嫁と娘が一ヶ月前に死んだ。 交通事故で大破。 単独でした。 知らせを受けた時、出張先でしかも場所が根室だったから、帰るのに一苦労だった。 でもどうやって帰ったの…

阿佐ヶ谷七夕まつりの短冊(フリー写真)

人のために出来ること

ある家庭に、脳に障害のある男の子が生まれた。 そして数年後、次男が誕生した。 小さい頃、弟は喧嘩の度に 「兄ちゃんなんて、バカじゃないか」 と言った。それを聞い…

白打掛(フリー写真)

両親から受けた愛情

先天性で障害のある足で生まれた私。 まだ一才を過ぎたばかりの私が、治療で下半身全部がギプスに。 その晩、痛くて外したがり、火の点いたように泣いたらしい。 泣き疲れてや…

飛行機の座席(フリー写真)

ファーストクラス

「ちょっとスチュワーデスさん!席を変えてちょうだい」 ヨハネスブルグ発の混んだ飛行機の中で、白人中年女性の乗客が叫んだ。 「何かありましたか?」 「あなた、解らないの…

手編みのマフラー(フリー写真)

オカンがしてくれたこと

俺の家は貧乏だった。 運動会の日も授業参観の日さえも、オカンは働きに行っていた。 そんな家だった。 ※ そんな俺の15歳の誕生日。 オカンが顔に微笑みを浮かべて、…

夫婦の手(フリー写真)

私は幸せでした

文才が無いため酷い文になると思いますが、少し私の話に付き合ってください。 24歳の時、私は人生のどん底に居ました。 6年間も付き合って婚約までした彼には、私の高校時代の友人…

終電の車内(フリー写真)

親切の輪

終電の発車間際に切符なしで飛び乗り、車掌さんが回って来た時に切符を買おうと財布を出そうとしたが、財布がなかった。小銭入れもない。 どこかで落としたのだろうか。 途方に暮れた…

父(フリー写真)

父が居たら

自分は父の顔を知らない。 自分が2歳の頃、交通事故で死んだそうだ。 母に、 「お父さんの名前、なんて―の?」 「お父さんの写真、見して!」 「お父さん、メ…