再生の誓い

女の子の後ろ姿

私が結婚したのは、20歳の若さでした。新妻は僕より一つ年上で、21歳。学生同士の、あふれる希望を抱えた結婚でした。

私たちは、質素ながらも幸せに満ちた日々を過ごしていましたが、突然の妊娠の知らせに、私の喜びは空にも届くかと思うほどでした。私は心からの歓喜でいっぱいでしたが、その喜びも束の間、悲劇が私たちを襲いました。

突然の交通事故で、愛する妻と未だ生まれぬ我が子を失いました。その時のことは今でも、はっきりとは思い出せません。ただ、怒りと絶望が渦巻く中、妻を奪った運転手や、その弁護士への憤りだけが、かすかに記憶に残っています。

事故からの数日間は、まるで時が止まったかのようでした。何もかもが無意味に思え、ただ自動的に生活を続ける日々。私の心は真っ暗で、自らの心に問う余裕さえもありませんでした。

そして、半年が過ぎたある夜、夢の中で妻と子に謝っている自分がいました。その夢から覚めると、目の前には小さな女の子が座っており、私はこの世界と向き合うことを余儀なくされました。

その女の子は、私が以前よく話していた隣の家の子供でした。私の生活に、一筋の光が射した瞬間でした。

その日を境に、私は立ち直るためにカウンセリングを受け始めました。働きたいという意欲が戻り、感謝するべき人々に囲まれながら、少しずつ前を向くことができるようになりました。

その隣の家の娘が結婚したのは、まるで昨日のことのように感じます。彼女の式に招待された私は、彼女に向けて、感謝の気持ちを伝えました。

その日、私は自らの感情を抑えることができず、花嫁の前で涙を流しました。私たちは、家族としての絆で結ばれたのです。

私は今でも独りですが、彼女が困った時は必ず助けると心に誓っています。彼女は私にとって、もう一人の娘のような存在です。

私の人生に再び希望の光を灯してくれた彼女に、心からの感謝を。いつまでも、彼女が幸せでありますように。

関連記事

母(フリー写真)

お母さんへ

お母さん 台所に立つとあなたが横に立って居る気がします。 お母さん 洗濯物を畳んでいると、ずぼらな私に 「ほらもっとキレイに畳まないと」 と言うあなたの声…

戦闘機

戦時の影

私が今、介護福祉士として働いているところに、とある老人がいる。彼は普段から明るく、食事もよく食べ、周囲を和ませる存在だ。 先日、妹が修学旅行で鹿児島に行く話をしたとき、彼が珍し…

戦時中

靖国での再会

俺の爺さんは戦地で足を撃たれたらしい。 撤退命令が出て皆急いで撤退していたのだが、爺さんは歩けなかった。 隊長に、「自分は歩けない。足手まといになるから置いて行って下さい…

パソコン(フリー写真)

母からのメール

私が中学3年生になって間もなく、母が肺がんであるという診断を受けたことを聞きました。 当時の自分は受験や部活のことで頭が一杯で、生活は大丈夫なのだろうか、お金は大丈夫なのだろう…

交差点(フリー写真)

家族の支え

中学時代、幼馴染の親友が目の前で事故死した。 あまりに急で、現実を受け容れられなかった俺は少し精神を病んでしまった。 体中を血が出ても止めずに掻きむしったり、拒食症になった…

学校の教室(フリー素材)

伝説になった校長先生

中学生の頃、同級生に本屋の娘さんがいた。 その娘の本屋さんで万引きをして警察に突き出された生徒達が、 「お前の親のせいで希望の高校に行けなくなるかもしれない!お前が責任を…

アパート(フリー写真)

おにぎりをくれた女の子

現在から20年以上も前、まだオンボロアパートで一人暮らしをしていた時の事だ。 安月給で金は無かったが、無いは無いなりに何とか食っては行けた。 隣の部屋には50代くらいのお父…

母の絵(フリー写真)

欲しかったファミコン

俺の家は母子家庭で貧乏だったから、ファミコンが買えなかった。 ファミコンを持っている同級生が凄く羨ましかったのを憶えている。 小学校でクラスの給食費が無くなった時など、 …

グラス

真っ直ぐな友へ

私たちの友情は、中学時代から始まりました。彼は素直で一途、趣味に没頭するタイプでした。中学、高校、大学と一緒の学校に通い、彼は私にとって唯一の親友でした。 大学4年になり、就職…

日記(フリー写真)

最後の日記

小学校の時、虐められていた。 消しゴムを勝手に使われたので怒ったら、相手が学年のボス格の女子。 それ以来、クラスから無視された。 それが中学に入っても変わらず、真剣に…