再生の誓い

女の子の後ろ姿

私が結婚したのは、20歳の若さでした。新妻は僕より一つ年上で、21歳。学生同士の、あふれる希望を抱えた結婚でした。

私たちは、質素ながらも幸せに満ちた日々を過ごしていましたが、突然の妊娠の知らせに、私の喜びは空にも届くかと思うほどでした。私は心からの歓喜でいっぱいでしたが、その喜びも束の間、悲劇が私たちを襲いました。

突然の交通事故で、愛する妻と未だ生まれぬ我が子を失いました。その時のことは今でも、はっきりとは思い出せません。ただ、怒りと絶望が渦巻く中、妻を奪った運転手や、その弁護士への憤りだけが、かすかに記憶に残っています。

事故からの数日間は、まるで時が止まったかのようでした。何もかもが無意味に思え、ただ自動的に生活を続ける日々。私の心は真っ暗で、自らの心に問う余裕さえもありませんでした。

そして、半年が過ぎたある夜、夢の中で妻と子に謝っている自分がいました。その夢から覚めると、目の前には小さな女の子が座っており、私はこの世界と向き合うことを余儀なくされました。

その女の子は、私が以前よく話していた隣の家の子供でした。私の生活に、一筋の光が射した瞬間でした。

その日を境に、私は立ち直るためにカウンセリングを受け始めました。働きたいという意欲が戻り、感謝するべき人々に囲まれながら、少しずつ前を向くことができるようになりました。

その隣の家の娘が結婚したのは、まるで昨日のことのように感じます。彼女の式に招待された私は、彼女に向けて、感謝の気持ちを伝えました。

その日、私は自らの感情を抑えることができず、花嫁の前で涙を流しました。私たちは、家族としての絆で結ばれたのです。

私は今でも独りですが、彼女が困った時は必ず助けると心に誓っています。彼女は私にとって、もう一人の娘のような存在です。

私の人生に再び希望の光を灯してくれた彼女に、心からの感謝を。いつまでも、彼女が幸せでありますように。

関連記事

駅のホーム(フリー写真)

母を守る子

昔は JR大久保駅(兵庫県)から通勤していたのですが、週2日は午前10時までに舞子に着けば良い時期がありました。 朝はゆっくりできるし、電車は空いていて快適でした。 ホー…

ロールケーキ(フリー写真)

ケーキ屋の親友の話

俺の親友テツヤは小さい頃からの大親友。良いことも悪いことも一緒に経験した親友。 中学の時、ケーキ屋を経営しているテツヤのオヤジが脳梗塞で倒れた。 幸い一命を取り留めたが、…

空(フリー写真)

4歳の約束

7ヶ月前、妻が他界して初めての娘の4歳の誕生日。 今日は休みを取って、朝から娘と二人、妻の墓参りに出掛けて来た。 妻の死後はあんなに、 「ママにあいたい」 「…

ナースステーション(フリー写真)

最強のセーブデータ

俺が小学生だった時の話。 ゲームボーイが流行っていた時期のことだ。 俺は車と軽く接触し、入院していた。 同じ病室には、ひろ兄という患者が居た。 ひろ兄は俺と積極…

マグカップ(フリー写真)

友人の棺

友人が亡くなった。 入院の話は聞いていたが、会えばいつも元気一杯だったので見舞いは控えていた。 棺に眠る友人を見ても、闘病で小さくなった亡骸に実感が湧かなかった。 …

手紙(フリー写真)

連絡帳の約束

俺が小学五年生の時、寝たきりで滅多に学校に来なかった女の子と同じクラスになったんだ。 その子は偶に学校に来たと思ったらすぐに早退してしまうし、最初はあいつだけズルイなあ…なんて思…

手をつなぐカップル(フリー写真)

もう一度会いたい

かつて、私には愛すべき彼女がいた。 彼女は素直で、容姿も整っていた。しかし周りからは常に皮肉を言われていた。 「あの女と付き合ってるの? お幸せにね」 彼女はあまり…

目玉焼き(フリー写真)

彼女とフライパン

一人暮らしを始める時、意気込んでフライパンを買った。 ブランドには疎いが、とにかく28センチの物を一本。 それまで料理なんて全くしなかったのだが、一人暮らしだから自分で作る…

手を繋ぐ親子(フリー写真)

会いたい気持ち

私が4歳の時、父と母は離婚した。 当時は父方の祖父母と同居していたため、父が私を引き取った。 母は出て行く日に私を実家に連れて行った。 家具や荷物がいっぱい置いてあ…

診療所(フリー写真)

今は亡き僕の先生

僕は幼い頃から病弱で、いつも何かしらの病気にか罹っていた。 例えば、喘息、熱、インフルエンザなど。 そのような時はいつも診療所の先生に診ていただいていた。 その先生…