娘を思う父の心

公開日: 子供 | 家族 | 心温まる話 | 長編

桜(フリー写真)

この前、娘が大学受けたんですよ、初めてね。

で、生まれて初めて娘の合格発表を迎えた訳ですわ。正直、最初は合格発表を見に行った娘の電話を待つのなんて簡単だと思ってたのよ。みんな普通に待ってるからさ。

あのね、俺が間違ってた。あれは普通の親が待つもんじゃない。裏口入学者の親だね、合格確実な親だけが安心して待てるものだよ。

最初に受話器を上げる時さ、めちゃめちゃびびって受話器をそろ~って握って、そのままそろ~っと耳に当てたのよ。10秒くらいかけてさ。

で、何か怖くなって戻そうとしちゃったのさ。

そしたら電話の向こうで娘がさ、

「ちょっとお父さん聞いて!」

とか言ってんの。

同じ過ちは二度繰り返さないのが俺よ。

だから、

「どうだった?」

って聞いたのさ。えぇ、そりゃもう聞きましたとも。全てを忘れて聞いたよ。

高校一年生の時から決めていた第一志望だとか、強気な娘は滑り止めを受けていないとか、もし受かっていたら彼女は一人暮らしを始めると決まっている事とか色々忘れてね。

だって娘が聞けって言ったからね。

そしたらエライ事になった。

もうすごい合格。すごいサクラサク。満開過ぎて涙が出てくるくらい。遠山の金さんなら肌色が見えなくなってる。

それで横を見たら、鏡の中の俺がすごい勢いで涙堪えてんの。ホントごめんなさい。

正直『良い父親なら娘との距離は適度に取るべきだぜ!』なんて見栄張らないで、素直にもっともっと色んな話をしときゃ良かったと思ったよ。

心の底から、娘との会話が減っていた日頃の自分を恨んだね。

でも妻の実家へ行って義理の両親に、

「これで一段落ですよ!これからは少しは一人の人生楽しもうかな」

とか言っちゃってんの。

ホント俺ってダメ人間。

娘よ、偶には帰って来て下さい。

この前、娘の結婚式に出たんですよ、初めてね。

で、生まれて初めて娘と腕組んでバージンロードを歩いた訳ですわ。正直、最初はバージンロードを歩くのなんて簡単だと思ってたのよ。みんな普通に歩いてるからさ。

あのね、俺が間違ってた。あれは父親が歩くとこじゃない。新郎だね、どうせ連れてっちゃうなら最初から新郎が腕組んで歩けばいいんだよ。

最初に歩き始める時さ、めちゃめちゃびびって右足をそろ~って踏み出して、左足をそろ~っと揃えたのよ。10秒くらいかけてさ。

で、何か不安になって娘の方を見たのさ。

そしたら娘がさ、

「お父さんしっかりして!ロボットみたいだよ」

とか言うの。

同じ過ちは二度繰り返さないのが俺よ。

だから堂々と歩いたのさ。えぇ、そりゃもう歩きましたとも。全てを忘れて歩いたよ。

娘のドレス姿が眩し過ぎるとか、今からでも回り右してやりたいとか、娘が時折励ますように組んでいる手に力を入れて来る事とか色々忘れてね。

だって娘がしっかりしろって言ったからね。

そんで新郎のとこに辿り着いたらエライ事になった。

もうすごいキス。すごい突然頬にキス。しかも、

「私からの最後っ屁じゃ!」

って囁きながら。何だよ、それ。俺を泣かせたいのか、笑わせたいのか、泣いてやるよ。

それで横見たら新郎がすごい神妙な顔で俺の事見てんの。ホント幸せにしないとぶっ殺す。

正直『男なら余裕持って娘を送り出すぜ!』なんて見栄張らないで、素直に新郎を十発くらいぶん殴りゃ良かったと思ったよ。

心の底から笑顔で送り出した事を後悔したね。

でも式場を出て娘に、

「お前の世話も大変だったよ!これから暫くはお母さんとの思い出に浸るぜ」

とか言っちゃってんの。

『お母さん』で居てくれた時間が短すぎて、名前で呼んだ事の方が多かったな、翠。

僕はいつも君と一緒にあの子を育てて来たつもりだ。

もう何年かしたら胸を張って君に会いに行きます。誉めて下さい。

通帳(フリー写真)

ばあちゃんの封筒

糖尿病を患っていて、目が見えなかったばあちゃん。 一番家が近くて、よく遊びに来る私を随分可愛がってくれた。 思えば、小さい頃の記憶は、殆どばあちゃんと一緒に居た気がする(母…

秘密

豊かさの秘密

アメリカのとある大富豪が、十人のエージェントにある事を世界中で調査するように命じました。 それは「貧乏人が必ず金持ちになる方法はあるか」「金持ちが金持ちで居続けることができる方…

乾杯(フリー写真)

俺の夢

僕達兄弟には元々親が居らず、養護施設で育ちました。 3つ上の兄は、中学を出るとすぐに鳶の住み込みで見習いになり、その給料は全て貯金していました。 そのお金で僕は私立の高校を…

野球(フリー写真)

甲子園の約束

十年前、彼女が死んだ。 当時、俺達は高校3年生。同じ高校に通い、同じ部活だった。 野球部だった。 俺と彼女は近所に住む幼馴染で、俺は小さな頃から、野球が好きな両親に野…

駄菓子屋(フリー写真)

駄菓子屋に集結したヒーロー

近所に古い駄菓子屋がある。 経営しているのは、お婆ちゃん一人だけ(お爺ちゃんは5年程前に病気で亡くなってしまった)。 いつもニコニコしていて、とても優しいお婆ちゃんで、お金…

菜の花畑(フリー写真)

本当の豊かさ

中国のとある大富豪の男性が、自分の息子を田舎の土地に送りました。 裕福な生活を当たり前と思っている息子に、一度『貧しさ』というものを体験してもらい、自分たちの生活がどれだけ幸せな…

放課後の教室

恩師の愛情

私は高校2年生の時にうつ病になった。 切っ掛けは、2年半付き合った彼氏に振られたことと、友達から仲間はずれにされるようになったことだと思う。 毎日、泣いていた。 プ…

病院(フリー素材)

大好きなおじいちゃん

私は昔、いらんことばっかりしてたね。 私は兵庫県で、おじいちゃんは鹿児島に住んどった。 盆休みやお正月の長い連休は、よく遊びに行ってたね。 毎回遊びに帰る度にいっつ…

カルテを持つ医師(フリー写真)

医者になれ

高校一年生の夏休みに、両親から 「大事な話がある」 と居間に呼び出された。 親父が癌で、もう手術では治り切らない状態であると。 暑さとショックで頭がボーっとして…

セイコーマート(フリー写真)

小さな子供達の友情

俺はセイコーマートで働いて三年目になる。 いつも買い物に来る小さな子の話を一つ。 その子は生まれつき目が見えないらしく、白い杖をついて母親と一緒に週二、三度うちの店を訪れる…