当たり前の日常

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

砂浜を歩くカップル(フリー写真)

小さな頃から、私と彼はいつも一緒でした。

周りがカップルに間違えるほどの仲でした。

私が彼に恋愛感情を抱いていると気付いたのは、高校3年生の時です。

今思うと、その前から恋愛感情を抱いていたように思います。

恋人ではないものの、近過ぎた距離と今の関係…。彼にとって特別な存在である自分の立場を壊したくないという思いから、気付かない振りをしていたのだと思います。

私が自分の気持ちに気付いた切っ掛けは、友達が私に彼の事が好きだと打ち明け、今まで二人きりだった登下校に友達が入って来てからです。

何故だか解らないけど、二人が楽しそうに話している様子を見るとイライラし、二人で居る時間が少なくなったなと思う度に胸が痛くなり、寂しくなる。

自分でも最低だと感じるような事を思ったりしていました。

決定的だったのは、友達の告白を彼が断った時、ホッとした自分を感じてからです。

この時から私は彼を幼馴染としてではなく、好きな人として意識して行きました。

ずっと気持ちを伝えられず、私は大阪に進学。彼は地元で就職と、お互いに離れる時期になってしまいました。

もう少しで大阪に行かなければならないという時期、私達は私が向こうに行く前に会う約束をしていました。

私にとって最後のチャンス。気持ちを伝えようと思っていました。

約束の日、待っていた私を見つけた彼は、手を振りながら走って来ました。

だけど次の瞬間、彼の姿は私の目の前から消えていました。

ハッとした時、彼は頭から血を流しながら横たわっていたのです。

頭が真っ白になり、状況に付いて行けませんでした。

その場に立ち尽くす事しか出来ず、状況に頭が付いて行った時には、人目も気にせず泣く事しか出来ずにいました。

彼の名前を必死に呼び、泣いていた事しか覚えていません。

彼は病院に運ばれ、お医者さんのおかげで命は助かりました。

だけど、意識は戻りませんでした。

目を瞑った彼の傍に居る時、看護師の方が私に小さな紙袋を渡して来ました。

中身は私への誕生日プレゼントとメッセージカードでした。

彼はその日から、目を覚ます事はありませんでした。

そして私が専門学校を卒業する春に、彼は息を引き取りました。

カードには、

『H、誕生日おめでとう。Hに伝えたい事があります。俺はずっと前からHが大好きです。

幼馴染のようにしか思ってないかもしれないから、突然で驚いていると思う。

でも、もし同じ気持ちだったら、28日に今日の待ち合わせ場所と同じ場所に、今日と同じ時間に来てください。

その時は、手紙じゃなくて言葉にして伝えます』

と書かれていました。

私は現在でも、28日には彼との待ち合わせ場所へ行き、お供えの花束と彼への想いを綴った手紙を添えています。

当たり前だと思っている日常は当たり前ではない。

一日一日を、今日が最後かもしれない、伝えられるのは今日が最後かもしれないと思い、一日を過ごせた感謝をしながら生きて行かなければならないと感じました。

私の想いは、あの頃から変わりません。

いつまで経っても、あなたは私の特別な存在です。

私の想いが遠いあなたに届きますように。

家族の手(フリー写真)

いつかの日曜日

私が4歳の時、父と母は離婚した。 当時は祖父母と同居していたため、父が私を引き取った。 母は出て行く日に私を実家へ連れて行った。 家具や荷物が沢山置いてあって、叔母の…

沖縄のビーチ(フリー写真)

母の唯一のワガママ

「沖縄に行かない?」 いきなり母が電話で聞いて来た。 当時は大学三年生で、就活で大変な時期だったため、 「忙しいから駄目」 と言ったのだが、母はなかなか諦めない…

ジッポ(フリー写真)

ジッポとメンソール

俺は煙草は嫌いだ。でも、俺の部屋には一個のジッポがある。 ハートをあしらったデザインは俺の部屋には合わないけど、俺はこのジッポを捨てる事は無いだろう。 一年前。いわゆる合コ…

婚約指輪(フリー写真)

玩具の指輪

高校生の頃の話。 小さな頃から幼馴染の女がいるのだが、その子とは本当に仲が良かった。 小学生の頃、親父が左手の薬指に着けていた指輪が気になって、 「何でずっと着けてる…

キャンドル(フリー写真)

キャンドルに懸けた想い

僕は24歳の時、当時勤めていた会社を退職して独立しました。 会社の駐車場で寝泊まりし、お子さんの寝顔以外は殆ど見ることが無いと言う上司の姿に、未来の自分の姿を重ねて怖くなったこと…

レトロなサイダー瓶(フリー写真)

子供時代の夏

大昔は、8月上旬は30℃を超えるのが夏だった。朝晩は涼しかった。 8月の下旬には、もう夕方の風が寂しくて秋の気配がした。 泥だらけになって遊びから帰って来ると、まず玄関に入…

夕日とカップル(フリー写真)

優しい貴方へ

元気ですか。 今、何処に居ますか。 生きていますか。 悪い事はもうしていませんか。 貴方と離れてから7年が経ちました。 貴方は私に言いました。 「沢…

通帳(フリー写真)

ばあちゃんの封筒

糖尿病を患っていて、目が見えなかったばあちゃん。 一番家が近くて、よく遊びに来る私を随分可愛がってくれた。 思えば、小さい頃の記憶は、殆どばあちゃんと一緒に居た気がする(母…

炊き込みご飯(フリー写真)

母の炊き込みご飯

俺は小学生の頃、母の作った炊き込みご飯が大好物だった。 特にそれを口に出して伝えた事は無かったけど、母はちゃんと解っていて、誕生日や何かの記念日には、我が家の夕食は必ず炊き込みご…

父と子のシルエット(フリー写真)

親父からのタスキ

小さい頃、よく親父に連れられて街中を走ったものだった。 生まれた町は田舎だったので交通量が少なく、そして自然が多く、晴れた日にはとても気持ちの良い空気が漂っていた。 ※ 親父…