当たり前の日常

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

砂浜を歩くカップル(フリー写真)

小さな頃から、私と彼はいつも一緒でした。

周りがカップルに間違えるほどの仲でした。

私が彼に恋愛感情を抱いていると気付いたのは、高校3年生の時です。

今思うと、その前から恋愛感情を抱いていたように思います。

恋人ではないものの、近過ぎた距離と今の関係…。彼にとって特別な存在である自分の立場を壊したくないという思いから、気付かない振りをしていたのだと思います。

私が自分の気持ちに気付いた切っ掛けは、友達が私に彼の事が好きだと打ち明け、今まで二人きりだった登下校に友達が入って来てからです。

何故だか解らないけど、二人が楽しそうに話している様子を見るとイライラし、二人で居る時間が少なくなったなと思う度に胸が痛くなり、寂しくなる。

自分でも最低だと感じるような事を思ったりしていました。

決定的だったのは、友達の告白を彼が断った時、ホッとした自分を感じてからです。

この時から私は彼を幼馴染としてではなく、好きな人として意識して行きました。

ずっと気持ちを伝えられず、私は大阪に進学。彼は地元で就職と、お互いに離れる時期になってしまいました。

もう少しで大阪に行かなければならないという時期、私達は私が向こうに行く前に会う約束をしていました。

私にとって最後のチャンス。気持ちを伝えようと思っていました。

約束の日、待っていた私を見つけた彼は、手を振りながら走って来ました。

だけど次の瞬間、彼の姿は私の目の前から消えていました。

ハッとした時、彼は頭から血を流しながら横たわっていたのです。

頭が真っ白になり、状況に付いて行けませんでした。

その場に立ち尽くす事しか出来ず、状況に頭が付いて行った時には、人目も気にせず泣く事しか出来ずにいました。

彼の名前を必死に呼び、泣いていた事しか覚えていません。

彼は病院に運ばれ、お医者さんのおかげで命は助かりました。

だけど、意識は戻りませんでした。

目を瞑った彼の傍に居る時、看護師の方が私に小さな紙袋を渡して来ました。

中身は私への誕生日プレゼントとメッセージカードでした。

彼はその日から、目を覚ます事はありませんでした。

そして私が専門学校を卒業する春に、彼は息を引き取りました。

カードには、

『H、誕生日おめでとう。Hに伝えたい事があります。俺はずっと前からHが大好きです。

幼馴染のようにしか思ってないかもしれないから、突然で驚いていると思う。

でも、もし同じ気持ちだったら、28日に今日の待ち合わせ場所と同じ場所に、今日と同じ時間に来てください。

その時は、手紙じゃなくて言葉にして伝えます』

と書かれていました。

私は現在でも、28日には彼との待ち合わせ場所へ行き、お供えの花束と彼への想いを綴った手紙を添えています。

当たり前だと思っている日常は当たり前ではない。

一日一日を、今日が最後かもしれない、伝えられるのは今日が最後かもしれないと思い、一日を過ごせた感謝をしながら生きて行かなければならないと感じました。

私の想いは、あの頃から変わりません。

いつまで経っても、あなたは私の特別な存在です。

私の想いが遠いあなたに届きますように。

ブランコ(フリー写真)

母ちゃんの記憶

母ちゃんは俺が4歳の時、病気で死んだんだ。 ぼんやりと憶えている事が一つ。 俺はいつも公園で遊んでいたのだが、夕方になるとみんなの母ちゃんが迎えに来るんだ。 うちの母…

恋人同士(フリー写真)

抱き締められなかった背中

私が中学生の時の話です。 当時、私には恋人のような人が居た。 『ような』というのは、付き合う約束はしていたけど、まだ付き合い始めていない状況だったため。 子供ながらに…

カップル(フリー写真)

秘密で手話を

待ち合わせた彼女を待っていて見かけたのは、大学生風のカップルだった。 男の子が女の子の正面に立って、何かしきりに手を動かしていた。手話だ。 彼はやっと手話を覚えたこと、覚え…

夕焼け(フリー素材)

大きな下り坂

夏休みに自転車でどこまで行けるかと小旅行。計画も、地図も、お金も、何も持たずに。 国道をただひたすら進んでいた。途中に大きな下り坂があって、自転車はひとりでに進む。 ペダル…

天国(フリー素材)

天国のおかあちゃんへ

もう伝わらないのは解っているけど、生きている内に伝えられなかった事を今、伝えるね。 まずは長い闘病生活、お疲れ様。最後まで絶対に諦めなかったおかあちゃんの姿、格好良かったよ。 …

猫(フリー写真)

鳴かない猫

昔話だけど。 実家の猫は赤ちゃんの時、空き地で目も潰れて放置され、泣き喚いていたところを保護したんだ。 正直、化け猫のようで触るのも躊躇するほどの悲惨さだった。 目は…

ラブラドール(フリー写真)

最期の見送り

もう数年前の話。 私が小学5年生の時に、ラブラドールを飼った。 母はその犬に『サーブ』と名付けた。 ※ 飽き性だった私は、散歩も父に任せきになり、餌やり当番だけを続けた…

ダイビング(フリー写真)

海中の恋

一年前から行きたかったダイビング体験ツアーに行くことになった。 本当は彼女と行きたかったのだが、春が来る前に別れてしまった。 だから仕方なく、男三人で南国へ向かった。 ※…

親子の手(フリー写真)

親父の思い出

ある日、おふくろから一本の電話があった。 「お父さんが…死んでたって…」 死んだじゃなくて、死んでた? 親父とおふくろは俺が小さい頃に離婚していて、まともに会話すらし…

ケーキカット(フリー写真)

思い出のスプーン

私は不妊治療の末にようやく産まれた子供だったそうです。 幼い頃から本当に可愛がられて育ちました。 もちろんただ甘やかすだけではなく、叱られることもありました。 でも常…