当たり前の日常

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

砂浜を歩くカップル(フリー写真)

小さな頃から、私と彼はいつも一緒でした。

周りがカップルに間違えるほどの仲でした。

私が彼に恋愛感情を抱いていると気付いたのは、高校3年生の時です。

今思うと、その前から恋愛感情を抱いていたように思います。

恋人ではないものの、近過ぎた距離と今の関係…。彼にとって特別な存在である自分の立場を壊したくないという思いから、気付かない振りをしていたのだと思います。

私が自分の気持ちに気付いた切っ掛けは、友達が私に彼の事が好きだと打ち明け、今まで二人きりだった登下校に友達が入って来てからです。

何故だか解らないけど、二人が楽しそうに話している様子を見るとイライラし、二人で居る時間が少なくなったなと思う度に胸が痛くなり、寂しくなる。

自分でも最低だと感じるような事を思ったりしていました。

決定的だったのは、友達の告白を彼が断った時、ホッとした自分を感じてからです。

この時から私は彼を幼馴染としてではなく、好きな人として意識して行きました。

ずっと気持ちを伝えられず、私は大阪に進学。彼は地元で就職と、お互いに離れる時期になってしまいました。

もう少しで大阪に行かなければならないという時期、私達は私が向こうに行く前に会う約束をしていました。

私にとって最後のチャンス。気持ちを伝えようと思っていました。

約束の日、待っていた私を見つけた彼は、手を振りながら走って来ました。

だけど次の瞬間、彼の姿は私の目の前から消えていました。

ハッとした時、彼は頭から血を流しながら横たわっていたのです。

頭が真っ白になり、状況に付いて行けませんでした。

その場に立ち尽くす事しか出来ず、状況に頭が付いて行った時には、人目も気にせず泣く事しか出来ずにいました。

彼の名前を必死に呼び、泣いていた事しか覚えていません。

彼は病院に運ばれ、お医者さんのおかげで命は助かりました。

だけど、意識は戻りませんでした。

目を瞑った彼の傍に居る時、看護師の方が私に小さな紙袋を渡して来ました。

中身は私への誕生日プレゼントとメッセージカードでした。

彼はその日から、目を覚ます事はありませんでした。

そして私が専門学校を卒業する春に、彼は息を引き取りました。

カードには、

『H、誕生日おめでとう。Hに伝えたい事があります。俺はずっと前からHが大好きです。

幼馴染のようにしか思ってないかもしれないから、突然で驚いていると思う。

でも、もし同じ気持ちだったら、28日に今日の待ち合わせ場所と同じ場所に、今日と同じ時間に来てください。

その時は、手紙じゃなくて言葉にして伝えます』

と書かれていました。

私は現在でも、28日には彼との待ち合わせ場所へ行き、お供えの花束と彼への想いを綴った手紙を添えています。

当たり前だと思っている日常は当たり前ではない。

一日一日を、今日が最後かもしれない、伝えられるのは今日が最後かもしれないと思い、一日を過ごせた感謝をしながら生きて行かなければならないと感じました。

私の想いは、あの頃から変わりません。

いつまで経っても、あなたは私の特別な存在です。

私の想いが遠いあなたに届きますように。

関連記事

コスモスの花(フリー写真)

余命半年の彼女

今日、彼女と別れた。 原因は彼女の病気、癌だった。 最初に聞いた時、冗談だと思った。 つい昨日まで普通に遊んで、喋って、ご飯を食べて、笑っていたのに。 俺は、 …

結婚指輪(フリー写真)

ずっと笑っていてね

去年の夏、彼女が逝きました。 ある日、体調が優れないので病院へ。 検査の結果、癌。 余命半年と診断されました。 最期まで「もっと生きたい」「死にたくない」とは言…

野球のグローブ(フリー写真)

カーブ!

今はお通夜の最中です。兄貴が死にました。 4つ年上の兄貴は40歳の若さで、この世を去りました。胃癌でした。 私の家は母子家庭でした。だから初めて野球を教えてくれたのは、親父…

病院(フリー背景素材)

二つ目のセーブデータ

ゲームボーイの『Sa・Ga2 秘宝伝説(以下、サガ2)』は思い出のソフトなんだ…。 今でもよく思い出しては切なくなっています。 ※ 俺さ、生まれた時から酷い小児喘息だったのよ…

東京ドーム(フリー写真)

野球、ごめんね

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。 学も無く技術も無かった母は、個人商店の手伝いのような仕事で生計を立てていた。 それでも当時住んでいた土地にはまだ人…

空(フリー写真)

4歳の約束

7ヶ月前、妻が他界して初めての娘の4歳の誕生日。 今日は休みを取って、朝から娘と二人、妻の墓参りに出掛けて来た。 妻の死後はあんなに、 「ママにあいたい」 「…

父と子(フリー写真)

俺には母親がいない。 俺を産んですぐ事故で死んでしまったらしい。 産まれた時から耳が聞こえなかった俺は、物心ついた時にはもう既に簡単な手話を使っていた。 耳が聞こえな…

婚約指輪(フリー写真)

例外の入籍手続き

彼は肺がんで入院していて、余命宣告されていました。 本人は退院後の仕事の予定も入れ、これからの人生に気力を振り絞っていました。 私と彼は半同棲状態、彼はバツイチ、そして大分…

キャンドル

灯り続ける希望の光

24歳の時、僕は会社を退職し、独立を決意しました。上司の姿から自分の未来を映し出し、恐れを感じたからです。しかし現実は甘くなく、厳しい毎日が始まりました。25歳で月収7万円、食事は白…

女子高生(フリー写真)

一緒に生きる覚悟

妻が亡くなる前、闘病の際に「私が死んでも泣かないで」と娘二人は言われていました。 それから数日後、妻は息を引き取りました。 通夜の晩は私が会場で妻に付き添うこととし、当時…