可愛い一人娘

公開日: 子供 | 家族 | 心温まる話

ウェディングドレス姿の女性(フリー写真)

この前、一人娘が嫁に行った。

目に入れても痛くないと断言できる一人娘が嫁に行った。

結婚式で「お父さん、今までありがとう。大好きです」と言われた。

相手側の親も居たし、嫁の旦那も居た。

何より笑顔で送ってやりたいと思っていた。

だから俺は泣かなかった。

涙と鼻水を流して笑った。我ながら情けないと思った。

しわくちゃの顔で俺を見て泣いた娘。

立とうとして転んで泣いた娘。

背中よりもでっかいランドセル背負って、カメラの画面いっぱいに笑顔を見せた娘。

手が隠れるぐらいの制服に身を包んだ娘。

お父さんのと一緒に洗わないでと嫁に怒鳴った娘。

嫁がこの世を離れた時、病室の窓ガラスがビリビリ鳴るくらい泣いた娘。

三回に一回美味しい料理を作ってくれた娘(今は三回が三回とも美味しい。断言する)。

頬を染めて、でも緊張しながら男(現旦那)を連れて来た娘。

「大好きです」と言って、笑い泣きしている娘。

嫁に似て笑顔の似合う娘が嫁に行ったよ。

娘のウェディングドレス姿、とても綺麗だったよ。

若い頃の嫁にそっくりだったよ。

俺も娘も元気にやっているから、心配するなよ。

野球道具(フリー写真)

野球と夢

一球投げる度、脱げそうになる帽子を被り直す。 岩瀬・真壁・筑波の連合チームの田中康太(筑波2年)は同点の七回、3番手でマウンドに上がった。 1点勝ち越されたが、味方が追い付…

桜吹雪(フリー写真)

母さんのふり

結構前、家の固定電話に電話がかかってきた。 『固定電話にかけてくるなんて、誰かなぁ』 と思いながらも、電話に出てみた。 そしたら、 「もしもし? 俺だけど母さん…

夕日(フリー写真)

自衛隊の方への感謝

被災した時、俺はまだ中学生でした。 家は全壊しましたが、たまたま通りに近い部屋で寝ていたので腕の骨折だけで済み、自力で脱出することが出来ました。 奥の部屋で寝ていたオカンと…

手を握る(フリー写真)

仲直り

金持ちで顔もまあまあ。 何より明るくて突っ込みが上手く、ボケた方が 「俺、笑いの才能あるんじゃね」 と勘違いするほど(笑)。 彼の周りには常に笑いが絶えなかった…

父と子(フリー写真)

身体を大事にしろ

今日は父親の13回忌だ。 うちの父は僕が高校生の時に他界している。 死因は末期の膵臓癌だった。 最初に父が身体の不調を訴えて病院で検査を受けた時、肺に水が溜まっていた…

靴を持つ夫婦(フリー写真)

二つの指輪

「もう死にたい…。もうやだよ…。つらいよ…」 妻は産婦人科の待合室で、人目もはばからず泣いていた。 前回の流産の時、私の妹が妻に言った言葉…。 「中絶経験があったりす…

コーヒーのドリップ(フリー写真)

店長さんの嘘

俺がまだ受験生だった頃の話。 当時、塾の自習室にはどうにも居辛くて、自習室代わりによく利用している喫茶店があった。 普段は20時前には自習室に戻っていたんだけど、そこの店長…

渓流(フリー写真)

お母さんと呼んだ日

私がまだ小学2年生の頃、継母が父の後妻として一緒に住むことになった。 特に苛められたとかそういうことは無かったのだけど、何だか馴染めなくて、いつまで経っても「お母さん」と呼べない…

老夫婦(フリー写真)

夫婦の最期の時間

福岡市の臨海地区にある総合病院。 周囲の繁華街はクリスマス商戦の真っ只中でしたが、病院の玄関には大陸からの冷たい寒気が、潮風となって吹き込んでいたと思います。 そんな夕暮れ…

空(フリー写真)

生まれつき

私は生まれつき足に大きな痣があり、それが自分自身でも大嫌いでした。 更に小学生の頃、不注意からやかんの熱湯をひっくり返してしまい、両足に酷い火傷を負ってしまいました。 それ…