モンロヴィアへ

公開日: 心温まる話

機関車(フリー写真)

太平洋戦争が終わって間もない頃、彼女は単身ニューヨークに留学しました。

ところが、待っていたのは人種差別…。

栄養失調と精神的プレッシャーが重なり、肺結核に罹ってしまったのです。

医者に、

「すぐに手術を受けなければ、手遅れになる。

モンロヴィアにアメリカで一番のサナトリウムがあるから、そこへ行きなさい」

と言われましたが、その旅費さえありません。

何とかしてモンロヴィアへの旅費をカンパなどで集め、旅立ちます。

巨大なアメリカ大陸を、東から西への特急列車。五泊車中で過ごす長旅。高熱と吐き気のある病人にとっては苛酷な旅です。

彼女の持参した食物も三日で無くなり、車掌さんにジュースを頼みました。

その車掌さんは彼女をじーっと見て、

「あんたは病気だね、どこが悪い?」

と尋ねました。暫くしてジュースを持って来て、

「お金はいらないよ」

と言い、立ち去って行きました。

明くる日の朝食の時、またジュースとサンドイッチを持って来て、

「お金はいらいないよ」

とただ一言。そして、

「どこへ行く?」

と聞かれたので、終点のロサンゼルスから1時間以上、バスに乗ってモンロヴィアの病院へ行くと彼女は告げました。

あくる日の夕刻、終点のロサンゼルスに着く予定の列車でした。

「みなさま、この列車にモンロヴィアの病院へ行く、日本人学生が乗っています。

彼女は病気です。

ワシントン鉄道省に電報し話し合ったところ、臨時停車せよということになりました。

明日一番に停車するのは、ロスではなくモンロヴィアです」

と突然、車掌さんのアナウンスが流れました。

その夜、車掌さんは沢山の重い荷物を手早くまとめてくれ、降車口に運んで下さったそうです。

翌朝、夜明けと共にモンロヴィアに到着すると、車椅子が用意されていました。

そして、列車の一等、二等、窓と言う窓から、顔、顔、顔…。

名刺や電話番号、住所を書いたメモ、何十ドルかの札が投げられ、

「必ず治るよ、頑張って!困ったら、連絡しなさいよ!」

口々にそんな言葉が贈られました。

彼女は涙が溢れて視界が見えなくなり、いつまでもいつまでも列車を見送ったと言います。

そして、闘病生活3年の間、見舞い客が絶えることなく来てくれたそうです。

その見舞い客とは、列車で一緒になった人々でした。

更に手術や入院費などの莫大な費用は、彼女の知らないうちに、誰かの手によって支払われていました。

たんぽぽを持つ手(フリー写真)

あした

私の甥っ子は、母親である妹が病気で入院した時に、暫くパパママと離れて実家の父母の家に預けられていました。 「ままがびょうきだから、おとまりさせてね」 と言いながら、小さな体…

ロールケーキ(フリー写真)

ケーキ屋の親友の話

俺の親友テツヤは小さい頃からの大親友。良いことも悪いことも一緒に経験した親友。 中学の時、ケーキ屋を経営しているテツヤのオヤジが脳梗塞で倒れた。 幸い一命を取り留めたが、…

チューリップ(フリー写真)

立派なお義母さん

結婚当初は姑と上手く噛み合わず、会うと気疲れしていた。 意地悪されたりはしなかったけど、気さくでよく大声で笑う実母に比べ、足を悪くするまでずっと看護士として働いていた姑は喜怒哀楽…

飲食店の席(フリー写真)

ファミレスの父娘

ファミレスで一人ご飯を食べていたら、前のテーブルからおっさんと女子高生の会話が聞こえて来た。 おっさんはスーツ姿で普通の中年。痩せていて、東幹久さんに似た雰囲気。会話の流れから父…

カップル(フリー写真)

二人の幸せ

私は現在20歳です。 今付き合っている彼氏とは、去年の夏にナンパされて知り合った。 彼氏の見た目はいわゆるチャラ男で、それなりに遊んでいる感じ。 絶対好きになんてなら…

三毛猫(フリー写真)

幸せな猫の一生

僕はご主人様に拾われました。 毎日、おいしいご飯をくれました。 外で汚れたら、お風呂で洗ってくれました。 いつもいっぱい遊んでくれました。 たまにイタズラして怒…

赤ちゃんの手を握る母(フリー写真)

お母さんありがとう

昨日、午前4時22分に母が亡くなった。 風邪ひとつ引かない元気な母だった。 僕が幼稚園に入る頃には、もう父は居なかった。 借金を作って逃げたらしい。 母は早朝4…

夫婦の重ねる手(フリー写真)

妻からの初メール

不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。 ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れて行った。 ずる賢く立ち回ったこともあり…

虹(フリー写真)

人生

1960年に私は生まれて、今まで生きてきた。 いたずらっ子だった小学生時代。 落ちこぼれだった中学生時代。 レスリングに出会い、スポーツが何たるかを学んだ高校時代。 …

美しい人生(フリー写真)

お帰りなさい

マニュエル・ガルシアは元気で頼もしく、近所でも働き者と評判の父親だった。 妻に、子供に、仕事に、将来、全て計画通りに運んでいた。 ある日、マニュエル・ガルシアは腹の痛みを訴…