俺の娘が、俺の嫁になった話

公開日: 夫婦 | 子供 | 家族 | 心温まる話 | 長編

ウェディングドレスの女性(フリー写真)

俺には、嫁がいない。

正確に言えば、嫁はいたのだが、病気で先立ってしまった。

ただ、俺には10歳の娘がいる。

娘は本当にヤンチャで、しょっちゅうケンカして帰って来る。

もう良い年だっていうのに、小学校低学年みたいな理由でケンカして帰って来る。

何やってんだ。

そう言えば、娘が最近料理をやり始めた。

普段から料理は全部嫁さんに任せていたからてんでダメで、俺の下手くそな料理が気にいらないんだと。

口の減らないガキだな。

まぁ、めんどかったから良かったけど。

そのせいか、最近いつもやたら早く帰って来る。

友達いないんか、こいつは。

しかも、いちいち「一緒にご飯食べよ!」とか、「一緒に寝よ!」とか、ガキかてめえは。

あ、ガキだったな。

そんな娘が25歳になった。

何かよ、結婚するんだと。

まぁ当然俺も呼ばれるわな。

バージンロード、一緒に歩いて欲しいとか、そんなんしんどいわ。

まぁ、でもこれでようやく娘が離れてくれる。

この15年間。

料理は私が作るとか言い出してから早15年経つわけだ。

いつもいつも俺に料理なんか作って、一緒に食べて、一緒の部屋なんかに寝て、正直鬱陶しいと思う連続だったわ。

まぁ退屈はしなかったが、せいせいするわ。

華やかに彩られた式場。

煌びやかな衣装を身にまとった娘。

父へ贈る言葉。

「母さんへ」

って、母さんにかい。

「約束は守ったよ」

はい?

「母さんがいなくなってから、母さんの代わりに毎日ご飯作ったり、一緒に寝たり。

そうそう、父さんは面倒くさがり屋さんだから、ムッとしてても気にしなくてもいいって言ってたの、本当だったね。

最初は不安だったけど、ある時、ふと不意に覗いて見たらにやけているのを見ました」

見られてたんかい。

「父さんね。口では、めんどくさい、しんどい、って言っていても、なんだかんだ付き合ってくれるし。ちゃんと私のこと見ていてくれるし。

口は悪いけど、欲しい時に欲しい言葉、ちゃんとくれたよ。

私のご飯、最初は全然おいしくなかったのに、食べる度に美味い、美味いって沢山言ってくれた。

あの初めて作った肉ジャガとかひどかったのにね。

母さんが父さんに惚れた理由が解りました」

やめろ、恥ずかしい。

「私も父さんが大好きです。

だからかな。

母さんが最後に私にお願いした、私が結婚に行くまでは父さんのお嫁さんになってあげてってこと、守って行けました。

父さんは寂しがり屋だから、一緒にいてあげないとダメダメだからって。

まぁ、大人みたいにキスするとか、恥ずかしくて出来なかったけど、それ以外の嫁っぽいことは沢山してあげれたよ。

だから、うん、いつも一緒にいたから、寂しくなさそうだったよ」

あぁ、退屈はしなかったな。

「そういえば隠してたけど、たまに、父さんの事、片親だーってバカにしている人もいたけど、その度、ケンカしました。

ボコボコにして言ってやりましたよ、私が嫁だからいーのって」

だからよくボロボロになって帰って来てたんかい。

「何か、周りから変な目で見られたり、バカにされ続けたけど、全然辛くなかった。何せ、私の父さんは、自慢の旦那だったからね」

旦那言うな。

「でも、

でもね。

もう、一緒にいてあげられないよ。

もう一人、大好きな人ができました」

……。

「私はこの人と一緒に生きます。だから、母さんとの約束はここまでだね。

本当は離れたくない、離れたくないよ。

ずっと一緒にいたいよ。

でもね、ごめんね。

ごめん…ごめっ…」

バカやろう。

「父さん、私、お嫁に行っちゃうよ!

行っちゃうからね!

約束守ったからね!!」

ああ。

「だから、私がいなくてもちゃんと料理作るんだよ!コンビニの惣菜ばっかじゃダメだからね!」

えー、めんどくさいな。

「私がいないからって、暑い時にクーラーをガンガンにかけて寝ちゃダメだよ!風邪ひいちゃうからね!」

それはしんどいな。

「あとね、あとね…。

あれ、なんでだろ。

涙が止まらないや。

止まらないよっ…。

父さんっ…」

あの、バカやろう…!

俺は嫁に駆け寄って、全力で抱き締めてやった。

旦那が驚いて見てやがる。

今日だけは許せ。

「あのなぁ、これから人様の嫁になるって言うのに、こんなことでなに泣いてやがるんだよ。

母さんがいなくなった時だって、泣いてなかったくせに。

前だけ見やがれ。

旦那が心配するだろ。

お前には輝かしい未来があるんだ。

俺なんかと一緒にいるよりも輝かしい未来が。

誇りに思えよ、こんな物臭野郎の嫁を15年もやってたんだ。

誰とだって上手くいく。

幸せになれる。

お前にはその権利があるんだ。

だから、早く幸せになっちまえ」

でも、父さんが一人に…。

「バカやろうが。

俺は一人だって生きて行ける。

中年おっさんを舐めるなよ。

ほら、旦那が見てるだろ。

早く泣きやめ」

周りの連中が沈黙で俺たちを見守っている。

恥ずかしい。

ただ、言わなきゃならないことができた。

旦那の前に立つ。

「この通り、俺みたいな野郎のためにすぐ泣くがな。

15年も一途に俺みたいな野郎に尽くす、できた女だ。

他にはなかなかいないぜ。

すごいだろ。

そんなできた女を、旦那、お前にやる。

感謝しろよ。

ただし、

一つだけ約束しろ。

いいな。

これだけは絶対に破るな。

幸せにしてやってくれ。

全力で幸せにしてやってくれ。

こいつは、色んなものを犠牲にし過ぎた。

本来味わえるはずだった、輝かしい青春時代。

全部、俺にくれた。

こいつはもう、幸せになっていいはずだ。

だから、

頼むから、

頼むから、必ず、幸せにしてやってくれ…!」

俺は生まれて初めて全力で頭を下げた。

旦那は、力強く頷いた。

よし、もう思い残すことはない。

何か、色々やらかして恥ずかしいので、退散することにしよう。

俺は式場を後にした。

勢いで出てきちまったけど、この後どうするかな?

まぁ、取り敢えず夕飯のこと考えるか。

そうだな。

献立は、

嫁が初めての手料理で作ってくれた、肉ジャガにするか。

投稿者: Noyaさん

公園(フリー写真)

一緒に遊んでくれた女の子

これは私が小学三年生の頃の話です。 両親が離婚して母子家庭となり、一人で居るのが怖かった私は、しょっちゅう児童館へ行っていました。 学童保育という手もあったのですが、当時は…

空(フリー写真)

才能の代わりに

小学生の時、少し知恵遅れのA君が居た。 足し算、引き算などの計算や、会話のテンポが少し遅い。でも、絵がとても上手な子だった。 彼はよく空の絵を描いた。抜けるような色合いには…

カーネーション(フリー写真)

親心

もう5年も前の話かな。 人前では殆ど泣いたことのない俺が、生涯で一番泣いたのはお袋が死んだ時だった。 お袋は元々ちょっと頭が弱く、よく家族を困らせていた。 思春期の…

手を繋ぐ友人同士(フリー写真)

メロンカップの盃

小学6年生の時の事。 親友と一緒に先生の資料整理の手伝いをしていた時、親友が 「あっ」 と小さく叫んだのでそちらを見たら、名簿の私の名前の後ろに『養女』と書いてあった…

カップル(フリー写真)

書けなかった婚姻届

彼女とはバイト先で知り合った。 彼女の方が年上で、入った時から気にはなっていた。 「付き合ってる人は居ないの?」 「居ないよ…彼氏は欲しいんだけど」 「じゃあ俺…

手を繋いで歩く夫婦(フリー写真)

たった一つの記憶

私の夫は、結婚する前に脳の病気で倒れてしまい、死の淵を彷徨いました。 私がそれを知ったのは、倒れてから5日も経ってからでした。 夫の家族が病院に駆け付け、携帯電話を見て私の…

ディズニーランド(フリー写真)

親子三人で

秋も大分深まってまいりました。 ディズニーランドのスタッフの皆様、いつも私たちに素敵な夢をありがとうございます。 今月、数年ぶりに主人とディズニーランドに遊びに行かせていた…

おにぎり(フリー写真)

二人の母

俺の母親は、俺が5歳の時に癌で亡くなった。 それから2年間、父と2歳年上の姉と三人暮らしをしていた。 俺が小学1年生の時のある日曜日、父が俺と姉に向かって 「今から二…

タクシーの後部座席(フリー写真)

母の気持ち

実家に帰省して、また帰る時の事。 俺は母子家庭で仕送りを貰っている癖に、冗談めかしに帰りのタクシー代と電車賃を頂戴と母にせがんだ。 すると母は、 「何言ってんの!うち…

父と子のシルエット(フリー写真)

親父からのタスキ

小さい頃、よく親父に連れられて街中を走ったものだった。 生まれた町は田舎だったので交通量が少なく、そして自然が多く、晴れた日にはとても気持ちの良い空気が漂っていた。 ※ 親父…