俺の娘が、俺の嫁になった話

公開日: 夫婦 | 子供 | 家族 | 心温まる話 | 長編

ウェディングドレスの女性(フリー写真)

俺には、嫁がいない。

正確に言えば、嫁はいたのだが、病気で先立ってしまった。

ただ、俺には10歳の娘がいる。

娘は本当にヤンチャで、しょっちゅうケンカして帰って来る。

もう良い年だっていうのに、小学校低学年みたいな理由でケンカして帰って来る。

何やってんだ。

そう言えば、娘が最近料理をやり始めた。

普段から料理は全部嫁さんに任せていたからてんでダメで、俺の下手くそな料理が気にいらないんだと。

口の減らないガキだな。

まぁ、めんどかったから良かったけど。

そのせいか、最近いつもやたら早く帰って来る。

友達いないんか、こいつは。

しかも、いちいち「一緒にご飯食べよ!」とか、「一緒に寝よ!」とか、ガキかてめえは。

あ、ガキだったな。

そんな娘が25歳になった。

何かよ、結婚するんだと。

まぁ当然俺も呼ばれるわな。

バージンロード、一緒に歩いて欲しいとか、そんなんしんどいわ。

まぁ、でもこれでようやく娘が離れてくれる。

この15年間。

料理は私が作るとか言い出してから早15年経つわけだ。

いつもいつも俺に料理なんか作って、一緒に食べて、一緒の部屋なんかに寝て、正直鬱陶しいと思う連続だったわ。

まぁ退屈はしなかったが、せいせいするわ。

華やかに彩られた式場。

煌びやかな衣装を身にまとった娘。

父へ贈る言葉。

「母さんへ」

って、母さんにかい。

「約束は守ったよ」

はい?

「母さんがいなくなってから、母さんの代わりに毎日ご飯作ったり、一緒に寝たり。

そうそう、父さんは面倒くさがり屋さんだから、ムッとしてても気にしなくてもいいって言ってたの、本当だったね。

最初は不安だったけど、ある時、ふと不意に覗いて見たらにやけているのを見ました」

見られてたんかい。

「父さんね。口では、めんどくさい、しんどい、って言っていても、なんだかんだ付き合ってくれるし。ちゃんと私のこと見ていてくれるし。

口は悪いけど、欲しい時に欲しい言葉、ちゃんとくれたよ。

私のご飯、最初は全然おいしくなかったのに、食べる度に美味い、美味いって沢山言ってくれた。

あの初めて作った肉ジャガとかひどかったのにね。

母さんが父さんに惚れた理由が解りました」

やめろ、恥ずかしい。

「私も父さんが大好きです。

だからかな。

母さんが最後に私にお願いした、私が結婚に行くまでは父さんのお嫁さんになってあげてってこと、守って行けました。

父さんは寂しがり屋だから、一緒にいてあげないとダメダメだからって。

まぁ、大人みたいにキスするとか、恥ずかしくて出来なかったけど、それ以外の嫁っぽいことは沢山してあげれたよ。

だから、うん、いつも一緒にいたから、寂しくなさそうだったよ」

あぁ、退屈はしなかったな。

「そういえば隠してたけど、たまに、父さんの事、片親だーってバカにしている人もいたけど、その度、ケンカしました。

ボコボコにして言ってやりましたよ、私が嫁だからいーのって」

だからよくボロボロになって帰って来てたんかい。

「何か、周りから変な目で見られたり、バカにされ続けたけど、全然辛くなかった。何せ、私の父さんは、自慢の旦那だったからね」

旦那言うな。

「でも、

でもね。

もう、一緒にいてあげられないよ。

もう一人、大好きな人ができました」

……。

「私はこの人と一緒に生きます。だから、母さんとの約束はここまでだね。

本当は離れたくない、離れたくないよ。

ずっと一緒にいたいよ。

でもね、ごめんね。

ごめん…ごめっ…」

バカやろう。

「父さん、私、お嫁に行っちゃうよ!

行っちゃうからね!

約束守ったからね!!」

ああ。

「だから、私がいなくてもちゃんと料理作るんだよ!コンビニの惣菜ばっかじゃダメだからね!」

えー、めんどくさいな。

「私がいないからって、暑い時にクーラーをガンガンにかけて寝ちゃダメだよ!風邪ひいちゃうからね!」

それはしんどいな。

「あとね、あとね…。

あれ、なんでだろ。

涙が止まらないや。

止まらないよっ…。

父さんっ…」

あの、バカやろう…!

俺は嫁に駆け寄って、全力で抱き締めてやった。

旦那が驚いて見てやがる。

今日だけは許せ。

「あのなぁ、これから人様の嫁になるって言うのに、こんなことでなに泣いてやがるんだよ。

母さんがいなくなった時だって、泣いてなかったくせに。

前だけ見やがれ。

旦那が心配するだろ。

お前には輝かしい未来があるんだ。

俺なんかと一緒にいるよりも輝かしい未来が。

誇りに思えよ、こんな物臭野郎の嫁を15年もやってたんだ。

誰とだって上手くいく。

幸せになれる。

お前にはその権利があるんだ。

だから、早く幸せになっちまえ」

でも、父さんが一人に…。

「バカやろうが。

俺は一人だって生きて行ける。

中年おっさんを舐めるなよ。

ほら、旦那が見てるだろ。

早く泣きやめ」

周りの連中が沈黙で俺たちを見守っている。

恥ずかしい。

ただ、言わなきゃならないことができた。

旦那の前に立つ。

「この通り、俺みたいな野郎のためにすぐ泣くがな。

15年も一途に俺みたいな野郎に尽くす、できた女だ。

他にはなかなかいないぜ。

すごいだろ。

そんなできた女を、旦那、お前にやる。

感謝しろよ。

ただし、

一つだけ約束しろ。

いいな。

これだけは絶対に破るな。

幸せにしてやってくれ。

全力で幸せにしてやってくれ。

こいつは、色んなものを犠牲にし過ぎた。

本来味わえるはずだった、輝かしい青春時代。

全部、俺にくれた。

こいつはもう、幸せになっていいはずだ。

だから、

頼むから、

頼むから、必ず、幸せにしてやってくれ…!」

俺は生まれて初めて全力で頭を下げた。

旦那は、力強く頷いた。

よし、もう思い残すことはない。

何か、色々やらかして恥ずかしいので、退散することにしよう。

俺は式場を後にした。

勢いで出てきちまったけど、この後どうするかな?

まぁ、取り敢えず夕飯のこと考えるか。

そうだな。

献立は、

嫁が初めての手料理で作ってくれた、肉ジャガにするか。

投稿者: Noyaさん

虹(フリー写真)

人生

1960年に私は生まれて、今まで生きてきた。 いたずらっ子だった小学生時代。 落ちこぼれだった中学生時代。 レスリングに出会い、スポーツが何たるかを学んだ高校時代。 …

インドネシアの朝焼け(フリー写真)

インドネシア建国の神話

1602年、オランダはジャワ島に東インド会社を設立し、植民地経営を始めました。 首都のジャヤカルタはバタヴィアに改称され、以降350年間に渡って、オランダは東ティモール以外の領…

子供たち(フリー写真)

子ども達への無償の愛

『40年かけて35人の道に捨てられた子どもを拾い救って来た女性』 ある一人の女性に隠されたストーリーが、世界中に感動を与えている。 その女性とは、中国の楼小英(ロウ シャオ…

母に渡す花(フリー写真)

お母さんの看病がしたいよ

19歳の頃、癌で入院中のお母さんに、泊り込みで付き添っていた。 その頃、私は予備校に行っていた。 お母さんが 「看護婦さんになって欲しい」 と言ったから、一つく…

3508 かしま(出典: 海上自衛隊ギャラリー)

かしま艦長の見事な対応

2000年7月4日、20世紀最後のアメリカ独立記念日を祝う洋上式典に参加するため、世界各国の帆船170隻、海軍の艦艇70隻がニューヨーク港に集結した。 翌日の5日に英国の豪華客船…

ピンクのチューリップ(フリー写真)

親指姫

6年程前の今頃は花屋に勤めていて、毎日エプロンを着け店先に立っていた。 ある日、小学校1年生ぐらいの女の子が、一人で花を買いに来た。 淡いベージュのセーターに、ピンクのチェ…

飛行機の座席(フリー写真)

ファーストクラス

「ちょっとスチュワーデスさん!席を変えてちょうだい」 ヨハネスブルグ発の混んだ飛行機の中で、白人中年女性の乗客が叫んだ。 「何かありましたか?」 「あなた、解らないの…

バラの花束(フリー写真)

大きなバラの花束

接客を何年か担当してくれていた優秀な女性スタッフが、その店を辞めることになった。 店長は、一生懸命仕事をしてくれた彼女に何かお礼がしたかった。 いよいよ彼女の最後の出勤の日…

ラーメン(フリー写真)

大好きなパパへ

私の両親は私が小さい頃に離婚し、私はずっとお父さんと生きて来た。 お母さんとお父さん。 どっちに行こうか迷っていた時、お父さんは 「ここに残りなよ」 と言ってく…

教室(フリー写真)

先生の決心

俺のばあちゃんから聞いた、ばあちゃんの小学生時代の話をする。 ばあちゃんが小学5年生の時の担任の先生、島田先生はとても良い先生だったそうだ。 とても熱心で生徒思いの先生だ…