家族三人で過ごした思い出

公開日: 家族 | 心温まる話 | |

散歩する親子(フリー写真)

私の母親は、私が12歳の時に亡くなりました。

ただの風邪だったのに、入院してから1週間後にはもういなくなってしまったのです。

そして、父親も私が20歳の誕生日の1ヶ月後に亡くなりました。

私は20歳の誕生日に、入院中の父親から手紙をもらいました。

黄ばんだ封筒を開けると、セロハンテープの後がくっきりと写っていました。

手紙を読むと、お母さんからの手紙でした。

「パパになったたかしへ」と書かれていました。

手紙には、私が生まれた時のことから、中学校に入学するまでの思い出が綴られていました。

私が生まれたことが本当に嬉しかったこと、

そして短い間でもお母さんと過ごした時間が楽しかったこと、

感謝していることが書かれていました。

しかし、最後には、

「あなたの子供には、あなたと同じ思いをさせないでください」

という言葉がありました。

私は泣きながら手紙を読んでいると、父親が謝りました。

「すまんな」と。

でも、何を謝ることがあるのでしょうか。

お母さんが亡くなってから、

父親は忙しい中でも私のために働いてくれたし、遊びにも連れて行ってくれたし、

反抗期の私に何を言われても黙っていたのです。

私は知っていました。

お母さんが亡くなった直後、父親の手には沢山の包丁傷の跡があったこと、

そして父親がいつの間にかタバコをやめていたことを。

こちらこそ、ごめんなさい。

私がダメな息子で、本当にごめんなさい。

私は普通の人よりも早く両親を亡くしましたが、私はそれでも、他の誰にも負けないほど幸せです。

家族三人で過ごした思い出は、何よりの宝物です。

父さん、母さん、本当にありがとう、感謝しています。

関連記事

カルテを持つ医師(フリー写真)

医者になれ

高校一年生の夏休みに、両親から 「大事な話がある」 と居間に呼び出された。 親父が癌で、もう手術では治り切らない状態であると。 暑さとショックで頭がボーっとして…

夕日が見える町並み(フリー写真)

幸せだった日常

嫁と娘が一ヶ月前に死んだ。 交通事故で大破。 単独でした。 知らせを受けた時、出張先でしかも場所が根室だったから、帰るのに一苦労だった。 でもどうやって帰ったの…

浜辺の母娘(フリー写真)

天国へ持って行きたい記憶

『ワンダフルライフ』という映画を知っていますか? 自分が死んだ時にたった一つ、天国に持って行ける記憶を選ぶ、という内容の映画です。 高校生の頃にこの映画を観て、何の気無しに…

桜(フリー写真)

春一番と親切なカップル

春一番が吹き荒れた日。 本当に物凄い強風で、その日は朝から店の看板が倒れたりトラブル続きで、ずっと落ち着かず疲れ切っていた。 そんな時、若いカップルのレジをしていると、彼氏…

ロールケーキ(フリー写真)

ケーキ屋の親友の話

俺の親友テツヤは小さい頃からの大親友。良いことも悪いことも一緒に経験した親友。 中学の時、ケーキ屋を経営しているテツヤのオヤジが脳梗塞で倒れた。 幸い一命を取り留めたが、…

公衆電話(フリー写真)

十円玉の価値

この話は実話で、私はこの話を読む度に『価値観』や『解釈』は人によって違うことを深く感じます。 ※ その子は、生まれながら知的障害者でした。 幼稚園は近所の子供たちと一緒に通っ…

女の子の後ろ姿

再生の誓い

私が結婚したのは、20歳の若さでした。新妻は僕より一つ年上で、21歳。学生同士の、あふれる希望を抱えた結婚でした。 私たちは、質素ながらも幸せに満ちた日々を過ごしていましたが、…

デジカメを持つ女性(フリー写真)

母がデジカメを買った

機械音痴の母がデジカメを買った。 とても嬉しいらしく、はしゃぎながら色々なものを撮っていた。 ※ 何日か経った頃、メモリが一杯で写せなくなったらしく 「どうすればいいの…

お味噌汁(フリー写真)

これで仲直りしよう

昨日の朝、女房と喧嘩した。と言うか酷いことをした。 原因は、夜更かしして寝不足だった俺の寝起き悪さのせいだった。 「仕事行くの嫌だよな」 と呟く俺。 そこで女房…

クリスマスプレゼント(フリー写真)

サンタさんから頼まれた

※編注: このお話は、東日本大震災発生から5日後の3月16日に2ちゃんねるに書き込まれました。 ※ 当方、宮城県民。 朝からスーパーに並んでいたのだが、私の前に母親と泣きべそ…