本当に価値がある存在

公開日: 子供 | 家族 | 心温まる話 | 長編

赤ちゃん(フリー写真)

君がママのお腹に居ると判った時、ママは涙ぐんでいた。

妊娠したと聞いて僕は、

「おーそうか」

なんて冷静に言おうとしたけど、すぐに涙が出たんだ。

決して口には出さなかったけど、なかなか子供を授からないことで、ママは自分を責めていた。

僕はそれには気が付かない振りをしてきたから、泣いたらダメだったんだけど、我慢出来なかったんだ。

君は生まれる前から、ただママのお腹に居ただけで、僕達二人を幸せにしてくれたんだよ。

それからのパパとママは、十月十日の毎日、ずっと君のことを考えていたんだ。

ママはお酒もカフェインも生ものも制限して生活していたし、激しい運動はもちろん、人混みなども避けて生活したんだ。

あのママが外出を控えるだなんて、信じられないだろう?

そして君の服を買ったり、家を清潔にしたり、家具を変えて君の場所を作って、無理して車まで買い換えて、全てが君を中心に動き始めたんだ。

トイレに行っても手を洗わないような僕が、毎日うがいと手洗いをしたのも、ママに風邪を染さないためだったんだよ。

最初の三ヶ月間はとても不安だった。

僕は誰にでも早期流産の割合が15%もあるなんて知らなかったんだ。

病院で検査があって、ママからの報告メールがある度、本当にビクビクしながら開封していた。

だけど検査の時にもらえるエコーの写真はとても楽しみだった。心臓の音なんかも聞かせてもらったよ。

つわりで体中に湿疹が出来たこともあった。

ママの腕や腿は正常な皮膚が見えなくなるほど酷い状態にまでなったけど、刺激の強い薬が使えないから痒くて眠れない夜もあった。

あまりに辛そうなママを見て、僕はママに

「大丈夫、絶対に良くなるよ」

と初めて根拠のない嘘を吐いたんだよ。

あの時、僕はこんな日が半年以上も続くなら無理だと思ったけど、君のママは信じられない意志の強さでつわりを乗り切ったんだ。

そんな辛いこともあったけど、君がお腹に居ることで、僕はもちろん、おじいちゃんやおばあちゃんたちもとても幸せだった。

僕らは顔を合わせる度に君の話をしたんだ。

君の体重がどうなったとか、性別は判ったのか、名前を決めたのかとかね。

君の体重が1グラム増えるだけで幸せだったんだ。信じられないだろう?

そして君の家族はみんな君が生まれることを一年近くも心の底から願っていた。

僕たちは君に会えるのを本当に楽しみにしていた。

ついに君が生まれた瞬間は、もちろんみんな泣いた。嬉しくて。嬉しくて。生まれて来たことが嬉しくて。

僕もママも、おじいちゃん、おばあちゃん、ひいおばあちゃんまでが泣いたんだ。

これはあまり伝えたくないけど、僕は君の出産中、あまりに懸かっているものが大き過ぎて狼狽えていた。

院長先生に

「パパしっかり」

と言われてやっと、か細く二回だけ

「がんばれ」

とママに言ったんだよ。

生んだのはママだ。ママは凄い。

こんなことを綴って結局何が言いたいかというと、要は君は何かを成したりしなくても、何か努力しなくても意味がある存在だってことだ。

君が生まれるだけで神に感謝し、涙を流した人を少なくとも僕は八人も知ってる。

そして実は、君が生まれることを通じて僕自身も生まれて初めて、自分は生きていて良いんだと感じることが出来た。

もし君が自信を失くしていたり、不安を感じることがあったら、このお話を思い出して欲しい。

君は生まれてきただけで、本当に価値がある存在なんだ。

本当に生まれて来てくれてありがとう。

関連記事

柴犬(フリー写真)

犬が結んだ家族の絆

昔、うちでは一匹の犬を飼っていた。 名前はナオ。 ご近所の家で産まれた犬を、妹がみんなに相談もしないで貰って来たのだ。 当時うちの妹は中学生、俺は高校を卒業して働いて…

カップル(フリー写真)

秘密で手話を

待ち合わせた彼女を待っていて見かけたのは、大学生風のカップルだった。 男の子が女の子の正面に立って、何かしきりに手を動かしていた。手話だ。 彼はやっと手話を覚えたこと、覚え…

ワイン(フリー写真)

ワイン好きの父

いまいち仲が良くなかった父が、入院する前夜にワインを取り出し、 「まあいつまで入院するか分からないけど、一応、別れの杯だ」 なんて冗談めかして言ったんだ。 こんなのは…

日記(フリー写真)

最後の日記

小学校の時、虐められていた。 消しゴムを勝手に使われたので怒ったら、相手が学年のボス格の女子。 それ以来、クラスから無視された。 それが中学に入っても変わらず、真剣に…

結婚式

父娘の絆

土曜日の太陽が、一人娘の結婚式を温かく照らしていた。 私が彼女たち母娘と出会ったのは、私が25歳の時でした。妻は33歳、娘は13歳というスタートでした。 事実、彼女は私の…

手を繋いで夕日を眺めるカップル(フリー写真)

ずっと並んで歩こうよ

交通事故に遭ってから左半身に少し麻痺が残り、日常生活に困るほどではないけれど、歩くとおかしいのがばれる。 付き合い始めの頃、それを気にして一歩下がるように歩いていた私に気付き、手…

犬(フリー写真)

大切な家族

家で可愛がっていた犬が亡くなって、もう何年経っただろう…。 まだ私も子育て中で、小さい子供を2人育てていたので毎日がバタバタだった時のことだ。 旦那が、番犬になるし子供たち…

丸まるキジトラ猫(フリー写真)

猫のたま

病弱な母がとても猫好きで、母が寝ているベッドの足元にはいつも猫が丸まっていた。 小さな頃は、母の側で寝られる猫が羨ましくて、私も猫を押し退けては母の足元で丸まっていた。 『…

犬(フリー写真)

天国のアビーへ

米国の4歳の女の子が愛犬の死を受け、神様に手紙を送ったという話が、米ニュースサイトのニュースバインで紹介された。 このエピソードは、女の子の母親から送られて来たメールを見た記者…

窓辺(フリー写真)

失われた家族

妻と娘が一ヶ月前に交通事故で命を落としました。 独りで運転していた車が大破したそうです。 その知らせを受けたとき、私は出張先の根室にいました。 帰るのは一苦労でした…