本当に価値がある存在

公開日: 子供 | 家族 | 心温まる話 | 長編

赤ちゃん(フリー写真)

君がママのお腹に居ると判った時、ママは涙ぐんでいた。

妊娠したと聞いて僕は、

「おーそうか」

なんて冷静に言おうとしたけど、すぐに涙が出たんだ。

決して口には出さなかったけど、なかなか子供を授からないことで、ママは自分を責めていた。

僕はそれには気が付かない振りをしてきたから、泣いたらダメだったんだけど、我慢出来なかったんだ。

君は生まれる前から、ただママのお腹に居ただけで、僕達二人を幸せにしてくれたんだよ。

それからのパパとママは、十月十日の毎日、ずっと君のことを考えていたんだ。

ママはお酒もカフェインも生ものも制限して生活していたし、激しい運動はもちろん、人混みなども避けて生活したんだ。

あのママが外出を控えるだなんて、信じられないだろう?

そして君の服を買ったり、家を清潔にしたり、家具を変えて君の場所を作って、無理して車まで買い換えて、全てが君を中心に動き始めたんだ。

トイレに行っても手を洗わないような僕が、毎日うがいと手洗いをしたのも、ママに風邪を染さないためだったんだよ。

最初の三ヶ月間はとても不安だった。

僕は誰にでも早期流産の割合が15%もあるなんて知らなかったんだ。

病院で検査があって、ママからの報告メールがある度、本当にビクビクしながら開封していた。

だけど検査の時にもらえるエコーの写真はとても楽しみだった。心臓の音なんかも聞かせてもらったよ。

つわりで体中に湿疹が出来たこともあった。

ママの腕や腿は正常な皮膚が見えなくなるほど酷い状態にまでなったけど、刺激の強い薬が使えないから痒くて眠れない夜もあった。

あまりに辛そうなママを見て、僕はママに

「大丈夫、絶対に良くなるよ」

と初めて根拠のない嘘を吐いたんだよ。

あの時、僕はこんな日が半年以上も続くなら無理だと思ったけど、君のママは信じられない意志の強さでつわりを乗り切ったんだ。

そんな辛いこともあったけど、君がお腹に居ることで、僕はもちろん、おじいちゃんやおばあちゃんたちもとても幸せだった。

僕らは顔を合わせる度に君の話をしたんだ。

君の体重がどうなったとか、性別は判ったのか、名前を決めたのかとかね。

君の体重が1グラム増えるだけで幸せだったんだ。信じられないだろう?

そして君の家族はみんな君が生まれることを一年近くも心の底から願っていた。

僕たちは君に会えるのを本当に楽しみにしていた。

ついに君が生まれた瞬間は、もちろんみんな泣いた。嬉しくて。嬉しくて。生まれて来たことが嬉しくて。

僕もママも、おじいちゃん、おばあちゃん、ひいおばあちゃんまでが泣いたんだ。

これはあまり伝えたくないけど、僕は君の出産中、あまりに懸かっているものが大き過ぎて狼狽えていた。

院長先生に

「パパしっかり」

と言われてやっと、か細く二回だけ

「がんばれ」

とママに言ったんだよ。

生んだのはママだ。ママは凄い。

こんなことを綴って結局何が言いたいかというと、要は君は何かを成したりしなくても、何か努力しなくても意味がある存在だってことだ。

君が生まれるだけで神に感謝し、涙を流した人を少なくとも僕は八人も知ってる。

そして実は、君が生まれることを通じて僕自身も生まれて初めて、自分は生きていて良いんだと感じることが出来た。

もし君が自信を失くしていたり、不安を感じることがあったら、このお話を思い出して欲しい。

君は生まれてきただけで、本当に価値がある存在なんだ。

本当に生まれて来てくれてありがとう。

関連記事

病院のベッド(フリー写真)

貴重な家族写真

俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある。 見た目は普通の写真なのだけど、実はその時父が難病を宣告され、それほど持たないだろうと言われ、入院前に今生最後の写真はせめて家族と…と撮っ…

オフィス(フリー写真)

秘密のお守り

初めて彼女に会ったのは、内定式の時。同期だった。 聡明を絵に書いたような人。学生時代に書いた論文か何かが賞を獲ったこともあるらしく、期待の新人ということだった。 ただ、ちょ…

教室(フリー背景素材)

同級生の思いやり

うちの中学は新興住宅地で殆どが持ち家、お母さんは専業主婦という恵まれた家庭が多かった。 育ちが良いのか、虐めや仲間はずれなどは皆無。 クラスに一人だけ、貧乏を公言する男子が…

赤ちゃんの足を持つ手(フリー写真)

ママの最後の魔法

サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 その時、サキちゃんはまだ2歳だった。 「あなた、サキのためにビデオを3本残します。 このビ…

桜吹雪(フリー写真)

母さんのふり

結構前、家の固定電話に電話がかかってきた。 『固定電話にかけてくるなんて、誰かなぁ』 と思いながらも、電話に出てみた。 そしたら、 「もしもし? 俺だけど母さん…

ベンチに座る老夫婦(フリー写真)

最初で最後のラブレター

脳梗塞で入退院を繰り返していた祖父。 私たち家族は以前からの本人の希望通り、医師から余命があと僅かであることを知らされていたが、祖父には告知しないでいた。 「元気になって、…

妊婦さんのお腹(フリー写真)

母子手帳

今年の6月に母が亡くなった。火事だった。 同居していた父親は外出していて、弟は無事に逃げる事が出来たのだけど、母親は煙に巻かれて既に駄目だった。 自分は違う地方に住んでいた…

遠足用具(フリー素材)

遠足のおやつ

小学生の頃、母親が入院していた時期があった。 それが俺の遠足の時期と重なってしまい、俺は一人ではおやつも買いに行けず、戸棚に閉まってあった食べかけのお茶菓子などをリュックに詰め込…

夕日が見える町並み(フリー写真)

幸せだった日常

嫁と娘が一ヶ月前に死んだ。 交通事故で大破。 単独でした。 知らせを受けた時、出張先でしかも場所が根室だったから、帰るのに一苦労だった。 でもどうやって帰ったの…

花(フリー写真)

母心

ちょっとした事で母とケンカした。 3月に高校を卒業し、4月から晴れて専門学生となる私は、一人暮らしになる不安からか、ここ最近ずっとピリピリしていた。 「そんなんで本当に一人…