犬のきなこ

公開日: ちょっと切ない話 | ペット |

柴犬(フリー写真)

10年以上前、友達が一匹の柴犬を飼い始めた。

体の色が似ているからと言って、その犬は『きなこ』という名前になった。

友達は夕方になるとよく『きなこ』を散歩させていた。

『きなこ』は活発で、ぐいぐいと友達を引っ張るようにしていたから、まるで『きなこ』が友達を置いて逃げ出してしまいそうで気が気でなかった。

初めは笑顔で

「新しい家族が増えたんだ~!」

と言っていた友達も、リードを離さないようにするので精一杯で、ちっとも楽しそうじゃなかった。

『きなこ』が友達の家にやって来て半年くらい経った頃には、友達は『きなこ』の話をしなくなっていた。

『きなこ』の散歩も、友達のお母さんやお姉さんがするようになっていた。

私はわざわざ『きなこ』を話題に出すことはしなかったけど、初めはあんなに嬉しそうにしていた友達のことが、少し可哀想だなと思った。

『相性が悪かったのかもしれないね』と、私は勝手に心の中で『きなこ』と友達のことをそう結論付けた。

10年程経ったある日、『きなこ』が亡くなったと友達から聞いた。

「他の家族と比べて、積極的に遊んだり面倒を見たりはしてなかったけど、死んじゃうとやっぱり悲しいもんだね」

と友達は寂しそうに言った。

そんな友達を放って置けなくて、私はその日、友達の家に泊まりに行った。

その日はちょうど友達の家族が留守で、きっと一人で寂しいだろうと思ったから。

夜、布団に入って横になりながら友達と色々な話をした。

勿論、『きなこ』のことも。

「きなこはさ、お姉ちゃんにはすごく懐いてたのに、私にはあんまりだったんだよね。多分、私のこと嫌いだったと思う」

そんなことを友達は言っていたけど、私は

「そんなことないよ。あんたと『きなこ』は家族だったんだから」

と言った。

そうだ、相性が悪かろうが何だろうが、家族は家族だ。

だって友達はあんなにも寂しそうに『きなこ』のことを話していたから…。

友達は、

「ええ、そうかな?」

と笑い、暫くして私たちは眠りに就いた。

枕が変わってもぐっすり眠れる私だけど、夜中、小さな音が聞こえて目が覚めた。

暗い部屋の中でゆっくり目を開けると、隣で友達が嗚咽を堪えながら泣いていた。

私は体を起こして友達に近付いたけど、友達は泣きながらも微笑んでこう言った。

「『きなこ』がね、夢に出てきたの。夢の中で『もっと一緒に遊びたかったのにごめんね』って言ってた」

そして友達は、私にしがみついてわんわんと泣いた。

私が『きなこ』を散歩させている友達を見た日、家に帰ってから友達は『きなこ』を叱っていたらしい。

「どうして言うこと聞かないの!」

と…。

すると『きなこ』は友達の右手を噛み、友達はそのことが切っ掛けで、あまり『きなこ』に近付かなくなってしまったらしい。

「あの時、噛んじゃってごめんね。一緒に色んな所に行きたくて、散歩ではしゃぎ過ぎちゃってごめんね」

夢の中で『きなこ』がそう謝って来たと、友達は言った。

それはあくまで友達の夢の中の出来事で、彼女が自分に都合の良いように『きなこ』のことを解釈しているだけかもしれない。

だけど私は、家族が留守で一人で寂しがっている友達を心配し、『きなこ』が会いに来てくれたのだろうと思った。

だって、私の腕を掴む友達の右手が、まるで犬に舐められた後のように温かかったから。

関連記事

白猫(フリー写真)

白猫のミーコ

私が生まれる前から、私の家にはミーコという猫が居た。 白くて、ふわふわで、温かかった。 私はミーコが大好きだった。 ミーコもそんな私に懐いてくれた。 ※ 父が入院…

可愛い犬(フリー写真)

ボロという犬の話

小学3年生の時、親父が仕事帰りに雑種の小犬を拾って来た。 黒くて目がまん丸で、コロコロとした可愛い奴。 でも野良なので、小汚くて毛がボロボロに抜けていた。 そんな風貌…

蛍(フリー写真)

蛍は亡くなった人の魂

祖父が死んで、もう12年になる。 幼い頃から、 「蛍は亡くなった人の魂だから、粗末に扱うな」 と祖父に教えられてきた。 ※ 去年の8月15日の夜、父と俺とで家族総…

結婚式(フリー写真)

一生忘れない結婚式

本人から聞いたのか共通の友人から聞いたのかあやふやだけど、その子は物心付く前にお母さんが亡くなって、父親に育てられたという話は耳にした事があった。 結婚式後に聞いた話だけど、何か…

結婚指輪(フリー写真)

ずっと笑っていてね

去年の夏、彼女が逝きました。 ある日、体調が優れないので病院へ。 検査の結果、癌。 余命半年と診断されました。 最期まで「もっと生きたい」「死にたくない」とは言…

放課後の黒板(フリー写真)

好きという気持ち

中学1年生の時、仲の良かったO君という男の子が居た。 漫画やCDを貸しっこしたり、放課後一緒に勉強したり、土日も二人で図書館などで会ったりしていた。 中学2年生になる前に、…

お味噌汁(フリー写真)

これで仲直りしよう

昨日の朝、女房と喧嘩した。と言うか酷いことをした。 原因は、夜更かしして寝不足だった俺の寝起き悪さのせいだった。 「仕事行くの嫌だよな」 と呟く俺。 そこで女房…

黒猫(フリー写真)

黒猫の赤ちゃん

小学校の時、裏門の所に小さな黒猫の赤ちゃんが捨てられていた。 両目とも膿でくっついていて、見えていない様子。 どうしても無視できなくて家へ持って帰ったら、やはり飼っては駄目…

夕陽(フリー写真)

親父からの感謝の言葉

俺の親父は我儘な人だった 小遣いは母親から好きな時に好きなだけ貰い、そのくせ下手なギャンブルでスっては不機嫌な様子で家に帰って来て、酒を飲みまくり暴れるような人だった。 幸…

スケッチブック(フリー写真)

手作りのアルバム

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった。 だから写真の代わりに、母さんが色鉛筆で俺の絵を描いてアルバムにしていた。 絵は決して上手ではない。 た…