天使の誕生日に

公開日: 仕事 | 子供 | 家族 | 心温まる話

観覧車

秋の深まりを感じながら、私たちは数年ぶりにディズニーランドを訪れました。ディズニーランドのスタッフの皆様、いつも夢のような時間をありがとうございます。

この日は、特別な日でした。一年前に亡くなった私たちの天使、娘の誕生日であり命日でもありました。生まれつき体が弱く、この世に長く留まることができなかった娘。私たちは彼女に何もしてあげられなかったことを、今も深く悔やんでいます。

生まれてきたら、一緒にディズニーランドに行こうと夢見ていた私たち。その夢も叶わぬまま、今日、娘を偲びながらこの場所に来ました。

事前に調べたガイドブックで、子供向けの可愛いランチがあることを知り、娘のためにそれを食べさせてあげたいと思いました。イーストサイド・カフェでのことです。お店の方に事情を話すと、快く受け入れてくださいました。

さらに驚いたのは、隣のテーブルに子供用の椅子を用意し、まるで娘がそこにいるかのように接してくださったことです。娘と共に楽しむかのような心遣いに、主人と私は感激のあまり涙が溢れました。

こうして私たちは、まるで娘がそばにいるかのような幸せな時間を過ごせました。お店の方々の温かいもてなしのおかげで、大切な娘の供養ができたと感じています。

娘は天国へと旅立ちましたが、私たちにとってはかけがえのない宝物です。この愛を胸に、私たちはこれからも一緒に生きていこうと思います。

スタッフの皆様、寒い日が続きますが、どうかお体を大切にしてください。また、娘を連れてディズニーランドに遊びに行く日を心待ちにしています。

娘の誕生日に、夢のような一日を提供してくださり、心より感謝申し上げます。

関連記事

駅のホームに座る女性(フリー写真)

貴女には明日があるのよ

彼女には親が居なかった。 物心ついた時には施設に居た。 親が生きているのか死んでいるのかも分からない。 グレたりもせず、普通に育って普通に生きていた。 彼女には…

夫婦の手(フリー写真)

大事なメール

嫁が風呂に入っている時に携帯を見てしまった。 メールボックスには俺が送った『今から帰る』というような、くだらないメールばかり。 でもフォルダがあって、そこにメールが一杯貯ま…

病院

父の願いと医者への道

高校一年生の夏休み、両親から「大事な話がある」と呼び出されたとき、父が癌で余命宣告されていることを知りました。 私たち家族は商売をしており、借金も多く、父が亡くなれば高校に通う…

月明かり(フリー写真)

お月さんの下で

昨日、彼女の家の犬が死んだ。 彼女の家は昔、彼女の兄貴が高校生という若さで自殺してから、両親も彼女もうつ病になって酷い状態だったらしい。 そんな時に引き取って来た犬だったそ…

ベトナムの夕日(フリー写真)

あの子は僕の友達なんです

ベトナムの村にある宣教師たちの運営する孤児院が、爆撃を受けてしまいました。 宣教師達と二人の子供達が即死し、その他の者も重傷を負いました。 重傷になった者達の中でも、8才の…

乾杯(フリー写真)

変わらないもの

今まですれ違いが多くて、なかなか時間を取って話す機会のなかった父。 そんな父と時間を取って話す機会を得たのは、恥ずかしながら仕事でミスを連発して会社から叱責を何度も受けていた時…

婚約指輪(フリー写真)

例外の入籍手続き

彼は肺がんで入院していて、余命宣告されていました。 本人は退院後の仕事の予定も入れ、これからの人生に気力を振り絞っていました。 私と彼は半同棲状態、彼はバツイチ、そして大分…

プログラミング(フリー素材)

パパの一時間はいくら

プログラマーの父は、今日も仕事で疲れ切って遅い時間に帰って来た。 すると、彼の5歳になる娘がドアのところで待っていたのである。 彼は驚いて言った。 「まだ起きていた…

オムライス(フリー写真)

本当の友達

二十年ほど前の話。 当時、俺の家は片親で凄く貧乏だった。 子供三人を養うために、母ちゃんは夜も寝ないで働いていた。 それでもどん底の生活だった…。 俺は中学を卒…

通帳(フリー写真)

ばあちゃんの封筒

糖尿病を患っていて、目が見えなかったばあちゃん。 一番家が近くて、よく遊びに来る私を随分可愛がってくれた。 思えば、小さい頃の記憶は、殆どばあちゃんと一緒に居た気がする(母…