迷惑かけてごめんな

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 | 祖父母

老夫婦(フリー写真)

私のじいちゃんは、私が生まれるまでアルコール中毒だったと聞いた。

酒に酔い潰れ、仕事を休む日も少なくなかったという。

ばあちゃんは何度も離婚を考えたと聞いた。

でも、ばあちゃんは我慢して離婚せず、家を守って来た。

じいちゃんは無口で、あまり自分のことを喋らない性格だ。

だからばあちゃんに対しても冷たそうに見えた。

私が小さい頃も、よく口喧嘩していたのを憶えている。

でも私は、ばあちゃんもじいちゃんも大好きだった。

私が小学校の頃にばあちゃんは乳癌になり、闘病生活が始まった。

全摘しなかったため、治ったと思ったらまた再発した。

私が20歳になったばかりの頃、ばあちゃんは医師からもう長くないと言われた。

じいちゃんは毎日、何回もばあちゃんのお見舞いに行っていた。

でも何も話さず、顔を見て帰る感じだった。

それでも毎日毎日、お見舞いは欠かさなかった。

数週間後、ばあちゃんは静かに息を引き取った。

ばあちゃんを火葬場に運ぶ時、じいちゃんが泣きながら

「○○(ばあちゃんの名前)を連れてかないでくれ」

と言っていた。

私は思わず涙が出た。

葬儀が終わってから、じいちゃんはずっと元気が無かった。

毎日、仏壇の前で何か唱えていた。

こっそり聞いてみたら、

「○○、迷惑かけてごめんな。

俺もいつになるか分からないけど、○○のところに行くから、待っててくれ」

私は涙が止まらなかった。

あんな姿のじいちゃんなんて、見たことが無かった。

それからじいちゃんは少し明るくなった。

いっぱい話すようになった。

じいちゃん、ばあちゃんの分まで生きてください。

関連記事

家族(フリー写真)

娘への遺言

レミオロメンの「3月9日」という曲が流れる度に、私は泣きそうになります。 両親は、私が10歳の時に事故死しました。 あの日は家族旅行に行っていました。 帰り道、高速…

花と手紙(フリー写真)

彼女が遺した手紙

私(晃彦)には幼稚園から連れ添ってきた恋人(美咲)がいる。 私が高校を卒業し、就職してからも同居し、貧乏ながらも支えてくれた掛け替えのない存在。 プロポーズの決心をしてから…

お味噌汁(フリー写真)

これで仲直りしよう

昨日の朝、女房と喧嘩した。と言うか酷いことをした。 原因は、夜更かしして寝不足だった俺の寝起き悪さのせいだった。 「仕事行くの嫌だよな」 と呟く俺。 そこで女房…

母の絵(フリー写真)

欲しかったファミコン

俺の家は母子家庭で貧乏だったから、ファミコンが買えなかった。 ファミコンを持っている同級生が凄く羨ましかったのを憶えている。 小学校でクラスの給食費が無くなった時など、 …

新婦(フリー写真)

父が隠していた物

友人(新郎)の結婚披露宴での出来事。 タイムスケジュールも最後の方、新婦の父親のスピーチ。 ※ 「明子。明子が生まれてすぐ、お前のお母さんは病気で亡くなりました。 お前…

吹雪(フリー写真)

ばあちゃんの手紙

俺の母方のばあちゃんは、いつもニコニコしていて、かわいかった。 生んだ子供は四姉妹。 娘が全員嫁いだ後、長いことじいちゃんと二人暮らしだった。 そして、じいちゃんは2…

水族館

忘れられない君への手紙

あなたは本当に、俺を困らせたよね。 あの日、バスの中でいきなり大声で「付き合ってください!」って言った時から、もう、困ったもんだ。 みんなの視線が痛かったよ。 初デ…

沖縄のビーチ(フリー写真)

母の唯一のワガママ

「沖縄に行かない?」 いきなり母が電話で聞いて来た。 当時は大学三年生で、就活で大変な時期だったため、 「忙しいから駄目」 と言ったのだが、母はなかなか諦めない…

プログラミング(フリー素材)

パパの一時間はいくら

プログラマーの父は、今日も仕事で疲れ切って遅い時間に帰って来た。 すると、彼の5歳になる娘がドアのところで待っていたのである。 彼は驚いて言った。 「まだ起きていた…

母に渡す花(フリー写真)

お母さんの看病がしたいよ

19歳の頃、癌で入院中のお母さんに、泊り込みで付き添っていた。 その頃、私は予備校に行っていた。 お母さんが 「看護婦さんになって欲しい」 と言ったから、一つく…