迷惑かけてごめんな

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 | 祖父母

老夫婦(フリー写真)

私のじいちゃんは、私が生まれるまでアルコール中毒だったと聞いた。

酒に酔い潰れ、仕事を休む日も少なくなかったという。

ばあちゃんは何度も離婚を考えたと聞いた。

でも、ばあちゃんは我慢して離婚せず、家を守って来た。

じいちゃんは無口で、あまり自分のことを喋らない性格だ。

だからばあちゃんに対しても冷たそうに見えた。

私が小さい頃も、よく口喧嘩していたのを憶えている。

でも私は、ばあちゃんもじいちゃんも大好きだった。

私が小学校の頃にばあちゃんは乳癌になり、闘病生活が始まった。

全摘しなかったため、治ったと思ったらまた再発した。

私が20歳になったばかりの頃、ばあちゃんは医師からもう長くないと言われた。

じいちゃんは毎日、何回もばあちゃんのお見舞いに行っていた。

でも何も話さず、顔を見て帰る感じだった。

それでも毎日毎日、お見舞いは欠かさなかった。

数週間後、ばあちゃんは静かに息を引き取った。

ばあちゃんを火葬場に運ぶ時、じいちゃんが泣きながら

「○○(ばあちゃんの名前)を連れてかないでくれ」

と言っていた。

私は思わず涙が出た。

葬儀が終わってから、じいちゃんはずっと元気が無かった。

毎日、仏壇の前で何か唱えていた。

こっそり聞いてみたら、

「○○、迷惑かけてごめんな。

俺もいつになるか分からないけど、○○のところに行くから、待っててくれ」

私は涙が止まらなかった。

あんな姿のじいちゃんなんて、見たことが無かった。

それからじいちゃんは少し明るくなった。

いっぱい話すようになった。

じいちゃん、ばあちゃんの分まで生きてください。

ゴルフ場(フリー写真)

数奇な恋の話

俺が惚れた子の話をします。 俺はもう既に40歳前を迎えた独身男だ。 彼女も5年近く居ない。 そんな俺が去年の5月頃に友人に誘われ、ゴルフを始めた。 ゴルフなんて…

ケーキカット(フリー写真)

思い出のスプーン

私は不妊治療の末にようやく産まれた子供だったそうです。 幼い頃から本当に可愛がられて育ちました。 もちろんただ甘やかすだけではなく、叱られることもありました。 でも常…

卵焼き(フリー写真)

親父の弁当を捨てた

小学1年生の秋に、母親が男を作って家を出て行き、俺は親父の飯で育てられた。 当時は親父の下手な料理が嫌で堪らず、また母親が突然居なくなった寂しさも相まって、俺は飯の度に癇癪を起こ…

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…

自衛隊員の方々(フリー写真)

直立不動の敬礼

2年前、旅行先での駐屯地祭での事。 例によって変な団体が来て、私は嫌な気分になっていた。 するとその集団に向かって、一人の女子高生とおぼしき少女が向かって行く。 少女…

父の手(フリー写真)

受け継がれた情熱

俺の親父は消防士だった。 いつ何があってもおかしくない仕事だから、よく母に 「俺に何かあっても、お前らが苦労しないようにはしてる」 と言っていたのを憶えている。 ※…

青い花(フリー写真)

ママの棺

この間、1歳半の息子を連れて友人の家へ行った時に、友人の祖母から聞いた話です。 ※ 友人がちょうど1歳半の時、お母さんが癌になったそうです。 気付いた時にはもう手遅れで、一ヶ…

クレヨンで描いたハート(フリー写真)

姉の思いやり

当時4歳の長女が、幼稚園の行事の参加記念品で箱に入ったクレヨンのセットを貰って来た。 ところが、事もあろうにその日の夕方、見事に全部折っちゃった。 当然、うちの嫁は激怒。叱…

梅干し(フリー写真)

憧れた世界

飲んだくれの親父のせいで貧乏育ち。だから小さい頃は遠足の弁当が嫌いだった。 麦の混ざったご飯に梅干しと佃煮。 恥ずかしいから、 「見て~!俺オッサン弁当!父ちゃんが『…

旧日本兵の方(フリー写真)

やっと戦争が終わった

祖父が満州に行っていたことは知っていたが、シベリア行きが確定してしまった時に、友人と逃亡したのは知らなかった。 何でも2、3日は友人たちと逃亡生活を過ごしていたが、人数が居ると目…