ばあちゃんの手紙

公開日: 家族 | 心温まる話 | 戦時中の話 | 祖父母

吹雪(フリー写真)

俺の母方のばあちゃんは、いつもニコニコしていて、かわいかった。

生んだ子供は四姉妹。

娘が全員嫁いだ後、長いことじいちゃんと二人暮らしだった。

そして、じいちゃんは20年前に亡くなり、そこから17年ほど一人暮らしだった。

ばあちゃんは3年前に亡くなった。92歳だった。

長い間、一人で寂しかったと思う。

でも、いつもニコニコしていて、弱音は聞いたことがなかった。

火葬が終わり、親戚一同で遺品の整理をしている時に、古い手紙の束が見つかった。

母たちは宛名を見て、

「戦時中の父さん(俺のじいちゃん)への手紙だ」

と騒いでいた。

親戚一同で、じいちゃんへのラブレターみたいなものだと思い、やいのやいのと冷やかした。

俺の母がそのうちの一通を音読し始めた。

『○○(じいちゃんの名前)さんへ。

今日、△△(俺のおばちゃん・母の姉の名前)が風邪をひきました。

豪雪で腰まで雪が積もり、電車も動かないので隣町(余裕で10キロ以上ある)まで背負って行きましたが、お医者様はお休みでした。

大事な娘を診てもらう事すら出来ないのでしょうか。

このような戦争は早く終わって欲しいです』

母さん、最後の方、声が掠れて読めなかった。

親戚みんなも泣いてた。俺も泣いていた。

そして他の手紙も、全部、全部、娘たちの事ばかりだった。

ばあちゃんが考えていたのは、ずっと自分の子供たち(母達)の事だった。

俺は誓う。

もし俺の子供が風邪をひいたら、豪雪の中だろうと何十キロでも歩くと。

年を取ったらばあちゃんみたいな人間になると。

関連記事

女の子の後ろ姿(フリー写真)

温かい家庭

兄家族が俺達の家にやって来て、長女を押し付け引っ越して行った。 兄も兄嫁も甥っ子だけが生き甲斐みたいなところがあったんだよね。 甥っ子は本当に頭が良かったんだ。 勉強…

バスの車内(フリー写真)

乗客全員の拍手

今から16年程前、12月も半ばを過ぎた頃の話です。 私は体調を壊し、東京にある中野坂上の病院へ週二回、通院していました。 その日は今にも雪が降り出しそうな空で、とても寒い日…

初期の携帯電話(フリー写真)

母と携帯電話

15年前の話です。 今でもそうだが人付き合いの苦手な俺は、会社を辞め一人で仕事を始めた。 車に工具を積み、出張で電気製品の修理や取り付けをする仕事だ。 当時はまだ携帯…

桜(フリー写真)

進学を願ってくれた母

僕の家は兄弟三人の母子家庭です。 母子家庭という事もあり、母は何も言わなかったけど家庭は火の車でした。 電気が止まった時も。 ガスが止まった時も。 中学の校納金…

兄弟(フリー写真)

最強最高の兄ちゃん

両親は俺が中学2年生の時、交通事故で死んだ。 俺には4つ上の兄と、5つ下の妹が居る。 両親の死後、俺は母方の親戚に、妹は父方に引き取られて、兄は母方の祖父母と住んでいた。 …

従軍(フリー写真)

祖父の傷跡

俺の爺さんは戦地で足を撃たれたらしい。 撤退命令が出て皆急いで撤退していたのだが、爺さんは歩けなかった。 隊長に、 「自分は歩けない。足手まといになるから置いて行って…

絵馬(フリー写真)

絵馬に書かれた願い

この前、近くの神社まで散歩したんだ。 絵馬が沢山あって、 『あまり良い趣味じゃないな』 と思いながらも、他人の色々な願い事を見ていたんだ。 「大学に合格しますよ…

ちゃぶ台(フリー写真)

色褪せた家族写真

一昨年、ばあちゃんが死んだ。 最後に会ったのは、俺が中学生の時だったかな。 葬式の為に20年越しで、ばあちゃんの住んでいた田舎に行った。 次の日、遺品の整理をする為に…

ハンバーグ(フリー写真)

幸せな食卓

結婚して子供が出来て、ホカホカした食卓にみんな笑顔で並んでたりして、時々泣きそうなほどの幸せを噛み締める。 荒みじんの玉葱が入ったでっかいハンバーグや、大皿一杯の散らし寿司。妻と…

ドーベルマン(フリー写真)

リードを噛み千切り

普段は俺のことをバカにしまくっているドーベルマンのロッキー。 しかし小学生の時、ロッキーは俺を助けてくれた。 ※ お袋の実家に帰省していた時、近所の大きな川にロッキーと一緒に…