命があるということ

山からの眺め(フリー写真)

普通に生きて来ただけなのに、いつの間にか取り返しのつかないガンになっていた。

先月の26日に、あと三ヶ月くらいしか生きられないと言われた。

今は無理を言って退院し、色々な人に会いに行っている。

湿っぽくなるのが嫌だから事情は話さず、体調の良い日は友達やお世話になった人と、いつもと変わらない感じでご飯を食べに行っている。

昨日は高校時代の恩師と行った。

その人は私にバイクに乗らないかと薦めてくれた人で、夏になると一緒にツーリングへ行っていた。

バイクはもう乗れないから、その人に譲ろうと思っていた。先生はその日もやはりバイクで来ていて、かなり羨ましかった。

ご飯を食べながら、色々話した。高校時代のことや、卒業してからも様々な相談に乗ってもらって、凄く嬉しかったということ。

そしたら、

「お前(私)が最近、他の奴ら(当時からの付き合いの友達など)とそういう話をしていて、様子がおかしいって聞いた。何かあったか?」

と聞かれた。

絶対に他の奴らには言わないで欲しいとお願いして、病気のことと余命のことを話した。

そして、先生にバイクを譲るということも言った。

大事に乗り続けると約束してくれた。

店を出てから、先生に

「まだ元気あるか?」

と聞かれた。

「座ってる分には大丈夫」

と答えると、

「ちょっと待ってて」

と言って、バイクで颯爽と走り去った。

何だか解らないけど、泣けた。

暫く店の駐車場で待っていたら、先生がホームセンターでメットを買って来た。

それを私にくれて、

「後ろ乗って」

と言った。

先生の腰に回した私の手は凄く頼りなくなっていて、すぐに振り落とされそうだった。

「乗りたいけどムリですわ」

と私が言うと、先生が着ていたTシャツを脱ぎ、私の手を括り付けてくれた。

先生も泣いていた。

それから初めて一緒に走った。近くの登山道へ行った。

凄くゆっくりなスピードだったけど。

展望台のようになっている所にバイク停め、ベンチで休んだ。

先生は、

「この後、凄く苦しむかもしれないし、辛いことも一杯あると思う。

その時は呼んでくれれば行くから。

生きてて良かったと思えることを、まだまだ作ろう。

まだ○○(私)は生きてるよ。諦めるな」

と言ってくれた。二人して号泣した。

誰に話して良いか分からないから、ここに書かせてもらいました。

週明けに病院へ戻ることに決めました。

正直、昨日告知されてから初めて、まだ生きていたいと思えたから。

分からないけど、もう少し足掻いてみます。

自己満足な文章でごめんなさい。

行って来ます。

友人の方からの投稿

ここの掲示板に上の文章を書いたのは、私の友達です。

『涙が出るほどいい話3.0』という板に書いてあるのだけど、見た人はまだここに居るのかな。居ないかも。

でも、そいつが亡くなって今日で丸三年。長文だけど書かせてもらう。

亡くなった後、そいつのパソコンを見たらデスクトップにテキストファイルがあった。

そこには彼女の書き込みと、それに対するレスがコピペして保存されていた。

ファイルのタイトルは『涙が出るほどいい話3.0』。

彼女が亡くなる数日前にお見舞いへ行った時、

「掲示板が見たい」

と言っていた理由が解った。

私たちは、

「大変な時に何言ってんだよ」

と笑い飛ばしたんだけど。

彼女はレスに励まされたんだと思う。

きっと感謝を書き込みたかったんだろうと思う。

そのテキストファイルを読んで、私は泣いた。

だから、彼女の代わりに言わせてもらう。

あの時、レスをくれた方々、ありがとうございました。

彼女は意識混濁状態にまでなりましたが、最期まで足掻き続けました。

皆さまに温かい励ましをいただいたおかげだと思います。

本当に、ありがとうございました。

彼女に代わり、お礼を申し上げます。

手を繋ぐカップル(フリー写真)

彼女に宛てた手紙

ゆいへ なあ、俺もうダメみてぇだ。 何でだ? お前に出会うまでは死にたいぐらい毎日が退屈だった。 でも今は俺すげえ生きたい。 何で病気に勝てねえんだろ? …

野球ボール(フリー写真)

父と息子のキャッチボール

私の父は高校の時、野球部の投手として甲子園を目指したそうです。 「地区大会の決勝で9回に逆転され、あと一歩のところで甲子園に出ることができなかった」 と、小さい頃によく聞か…

お手玉(フリー写真)

私のこと忘れないでね

遠い昔、私が小学4年生の頃の話です。 当時の僕は人見知りで臆病で、積極的に話しかけたりするのが出来ない性格でした。 休み時間、みんなは外に出て遊んでいても、僕は教室の椅子…

夏休みの情景(フリー写真)

バス停の女の子

俺が小学3年生の夏休みの話。 今の今までマジで忘れていた。 小学校の夏休みとか、遊びまくった覚えしかない。 俺は近所の男子と夏休み中、開放されていた学校の校庭で、午後…

電車内から見る駅のホーム(フリー写真)

おとうさんという言葉

その日は約束の時間ぎりぎりに、舞浜駅のホームから階段を降りた。 雑踏の中には元妻と、ミニリュックを背負った小学3年生の息子が待っていた。 半年ほど見ない間に一回り大きくなっ…

高校生(フリー写真)

ほら、笑いなよ!

高校2年生の夏、僕は恋をした。 好きで好きで堪らなかった。 その相手を好きになった切っ掛けは、僕がクラスで虐めに遭い落ち込んでいた頃、生きる意味すら分からなくなり教室で一人…

手を繋ぐ母と娘(フリー写真)

最高のママ

もう十年も前の話。 妻が他界して一年が経った頃、当時八歳の娘と三歳の息子がいた。 妻がいなくなったことをまだ理解出来ないでいる息子に対し、私はどう接してやれば良いのか、父親…

駅のホーム(フリー写真)

花束を持ったおじいちゃん

7時16分。 私は毎日、その電車に乗って通学する。 今から話すのは、私が高校生の時に出会った、あるおじいちゃんとのお話です。 ※ その日は7時16分の電車に乗るまでまだ…

空(フリー写真)

生まれつき

私は生まれつき足に大きな痣があり、それが自分自身でも大嫌いでした。 更に小学生の頃、不注意からやかんの熱湯をひっくり返してしまい、両足に酷い火傷を負ってしまいました。 それ…

夫婦(フリー写真)

幸せなことは何度でもある

結婚5年目に、ようやく待ちに待った子供が産まれた。 2年経って子供に障害があることが判明し、何もかもが嫌になって子供と死のうと思った。 そしたら旦那がメールが届いた。 ※…