命があるということ

山からの眺め(フリー写真)

普通に生きて来ただけなのに、いつの間にか取り返しのつかないガンになっていた。

先月の26日に、あと三ヶ月くらいしか生きられないと言われた。

今は無理を言って退院し、色々な人に会いに行っている。

湿っぽくなるのが嫌だから事情は話さず、体調の良い日は友達やお世話になった人と、いつもと変わらない感じでご飯を食べに行っている。

昨日は高校時代の恩師と行った。

その人は私にバイクに乗らないかと薦めてくれた人で、夏になると一緒にツーリングへ行っていた。

バイクはもう乗れないから、その人に譲ろうと思っていた。先生はその日もやはりバイクで来ていて、かなり羨ましかった。

ご飯を食べながら、色々話した。高校時代のことや、卒業してからも様々な相談に乗ってもらって、凄く嬉しかったということ。

そしたら、

「お前(私)が最近、他の奴ら(当時からの付き合いの友達など)とそういう話をしていて、様子がおかしいって聞いた。何かあったか?」

と聞かれた。

絶対に他の奴らには言わないで欲しいとお願いして、病気のことと余命のことを話した。

そして、先生にバイクを譲るということも言った。

大事に乗り続けると約束してくれた。

店を出てから、先生に

「まだ元気あるか?」

と聞かれた。

「座ってる分には大丈夫」

と答えると、

「ちょっと待ってて」

と言って、バイクで颯爽と走り去った。

何だか解らないけど、泣けた。

暫く店の駐車場で待っていたら、先生がホームセンターでメットを買って来た。

それを私にくれて、

「後ろ乗って」

と言った。

先生の腰に回した私の手は凄く頼りなくなっていて、すぐに振り落とされそうだった。

「乗りたいけどムリですわ」

と私が言うと、先生が着ていたTシャツを脱ぎ、私の手を括り付けてくれた。

先生も泣いていた。

それから初めて一緒に走った。近くの登山道へ行った。

凄くゆっくりなスピードだったけど。

展望台のようになっている所にバイク停め、ベンチで休んだ。

先生は、

「この後、凄く苦しむかもしれないし、辛いことも一杯あると思う。

その時は呼んでくれれば行くから。

生きてて良かったと思えることを、まだまだ作ろう。

まだ○○(私)は生きてるよ。諦めるな」

と言ってくれた。二人して号泣した。

誰に話して良いか分からないから、ここに書かせてもらいました。

週明けに病院へ戻ることに決めました。

正直、昨日告知されてから初めて、まだ生きていたいと思えたから。

分からないけど、もう少し足掻いてみます。

自己満足な文章でごめんなさい。

行って来ます。

友人の方からの投稿

ここの掲示板に上の文章を書いたのは、私の友達です。

『涙が出るほどいい話3.0』という板に書いてあるのだけど、見た人はまだここに居るのかな。居ないかも。

でも、そいつが亡くなって今日で丸三年。長文だけど書かせてもらう。

亡くなった後、そいつのパソコンを見たらデスクトップにテキストファイルがあった。

そこには彼女の書き込みと、それに対するレスがコピペして保存されていた。

ファイルのタイトルは『涙が出るほどいい話3.0』。

彼女が亡くなる数日前にお見舞いへ行った時、

「掲示板が見たい」

と言っていた理由が解った。

私たちは、

「大変な時に何言ってんだよ」

と笑い飛ばしたんだけど。

彼女はレスに励まされたんだと思う。

きっと感謝を書き込みたかったんだろうと思う。

そのテキストファイルを読んで、私は泣いた。

だから、彼女の代わりに言わせてもらう。

あの時、レスをくれた方々、ありがとうございました。

彼女は意識混濁状態にまでなりましたが、最期まで足掻き続けました。

皆さまに温かい励ましをいただいたおかげだと思います。

本当に、ありがとうございました。

彼女に代わり、お礼を申し上げます。

関連記事

ビーチを歩くカップル(フリー写真)

初恋と友情

親友に第一子が生まれたとメールが届いたので記念に投稿します。 親友の嫁が俺の初恋の相手。 親友も親友の嫁(以下Aとします)も俺も同じ小学校、同じクラスで、Aは小学3年生の時…

手(フリー写真)

無償の愛

おじいちゃんは老いから手足が不自由で、トイレも一人で行くのは厳しい。 だから、いつもはおばあちゃんが下の世話をしていた。 おばあちゃん以外が下の世話をするのを嫌がったからだ…

野球ボール(フリー写真)

少年への優しい嘘

アメリカのとある地方に、野球観戦の大好きな、でも目の見えない少年が居ました。 少年は大リーグ屈指のスラッガーである選手に憧れています。 ※ 少年はその選手へファンレターを綴り…

カップル(フリー写真)

彼女に振られた理由

付き合って3年の彼女に唐突に振られた。 「他に好きな男が出来たんだー、じゃーねー」 就職して2年、そろそろ結婚とかも真剣に考えてたっつーのに、目の前が真っ暗になった。 …

婚約指輪(フリー写真)

脳内フィアンセ

もう十年も前の話。 俺が京都の大学生だった頃、男二人、女二人の四人組でいつも一緒に遊んでいた。 そんな俺たちが四回生になり、めでたく全員就職先も決まった。 「もうこう…

結婚指輪(フリー写真)

ずっと笑っていてね

去年の夏、彼女が逝きました。 ある日、体調が優れないので病院へ。 検査の結果、癌。 余命半年と診断されました。 最期まで「もっと生きたい」「死にたくない」とは言…

手編みのマフラー(フリー写真)

オカンがしてくれたこと

俺の家は貧乏だった。 運動会の日も授業参観の日さえも、オカンは働きに行っていた。 そんな家だった。 ※ そんな俺の15歳の誕生日。 オカンが顔に微笑みを浮かべて、…

彼女(フリー写真)

忘れられない暗証番号

元号が昭和から平成に変わろうとしていた頃の話です。 当時、私は二十代半ば。彼女も同じ年でした。 いよいよ付き合おうかという時期に、彼女から私に泣きながらの電話…。 「…

放課後の黒板(フリー写真)

好きという気持ち

中学1年生の時、仲の良かったO君という男の子が居た。 漫画やCDを貸しっこしたり、放課後一緒に勉強したり、土日も二人で図書館などで会ったりしていた。 中学2年生になる前に、…

マグカップ(フリー写真)

友情の形

友人が亡くなった。 入院の話は聞いていたが、会えばいつも元気一杯だったので、見舞いは控えていた。 棺に眠る友人を見ても、闘病で小さくなった亡骸に実感が湧かなかった。 …