望まれた存在

公開日: 子供 | 家族 | 心温まる話 | |

赤ちゃん(フリー写真)

君がママのお腹にいるとわかったとき、ママの目は涙で溢れていた。

僕が妊娠の報せを聞いたとき、クールに「そうか」と言おうと思っていた。

しかし、その言葉が出る前に、僕の目からは涙が溢れていた。

実は、ママは子供を授からないことで自分を責めていた。それを僕は決して口にしなかった。

涙はふつふつと溢れ、止めることはできなかった。

君がまだ生まれる前から、ただママのお腹にいるだけで、僕たちは幸せを感じていた。

その後の十月十日、僕たちの心は君に向けられていた。

ママは厳しい食事制限を守り、運動を控え、人混みを避けていた。

ママが外出を自粛するなんて、想像できるだろうか?

そして、君のための準備が進んだ。

君の服を選び、家を清潔に保ち、君の場所を作るために家具を変え、車まで買い換えた。

僕が手を洗わないでトイレに行くような男だったが、君のために毎日うがいと手洗いを始めた。

最初の三ヶ月間は不安だった。

僕は知らなかった。早期流産の割合が15%もあるなんて。

病院での検査報告を受け取るたび、僕の心は震えていた。

でも、エコーの写真を見ること、君の心臓の音を聞くことは、僕たちにとって大きな喜びだった。

つわりのせいで、ママの全身に湿疹が出たこともあった。

ママの腕や腿は、ひどい状態になるほど湿疹が広がった。

強い薬が使えないから、夜中でも痒さに眠れないこともあった。

辛そうなママを見て、僕は初めて根拠のない嘘をついた。

「大丈夫、絶対に良くなるよ」と。

その時、僕はこれが半年以上続くなら耐えられないと思った。

でも、ママは信じられないほどの意志の強さでつわりを乗り切った。

それでも、君がお腹にいることで僕たちは幸せを感じていた。

おじいちゃんやおばあちゃんも、とても幸せそうだった。

僕たちは顔を合わせるたびに、君のことを話していた。

君の体重がどうなったか、性別はわかったか、名前を決めたかとかね。

君の体重が1グラム増えるだけで、僕たちは喜んでいた。

そして、君の家族はみんな、君が生まれることを1年近く心から待ち望んでいた。

ついに君が生まれた瞬間、僕たちはみんな涙を流した。

うれしさで溢れ、うれしさで。

君が生まれてきたことがうれしくて、僕もママも、おじいちゃんもおばあちゃんも、ひいおばあちゃんまでもが泣いた。

君の出産中、僕はあまりに懸念事項が多すぎてうろたえていた。

院長先生に「パパしっかり」と言われて、やっと声を出して「がんばれ」とママに言った。

生んだのはママだった。ママは本当にすごかった。

僕が言いたいのは、君が何かを達成しなくても、何か努力しなくても、君は価値ある存在なんだ。

君が生まれただけで、神に感謝して涙を流した人が少なくとも8人もいる。

そして、君が生まれることを通じて、僕自身も生きていることが許されていると感じることができた。

もし君が自信をなくしたり、不安を感じることがあるなら、この話を思い出してほしい。

君は生まれてきただけで、本当に価値がある存在なんだ。

本当に生まれてきてくれて、ありがとう。

関連記事

太陽(フリー写真)

一身独立

私が小さな建築関係のメーカーの担当営業をしていた頃の話です。 私の担当区域には、小さな個人商店がありました。 先代の社長を亡くし、若くして社長になった社長には二人の男の子が…

教室(フリー背景素材)

同級生の思いやり

うちの中学は新興住宅地で殆どが持ち家、お母さんは専業主婦という恵まれた家庭が多かった。 育ちが良いのか、虐めや仲間はずれなどは皆無。 クラスに一人だけ、貧乏を公言する男子が…

放課後の教室

恩師の愛情

私は高校2年生の時にうつ病になった。 切っ掛けは、2年半付き合った彼氏に振られたことと、友達から仲間はずれにされるようになったことだと思う。 毎日、泣いていた。 プ…

花嫁(フリー写真)

兄として、父として

最近、私は友人の娘の結婚式に参加しました。 その友人とは高校時代からの長い付き合いで、その娘のこともよく知っています。 彼女の結婚式の案内を受けて、私は喜んで出席すること…

ブーケを持つ花嫁(フリー写真)

手渡しのブーケ

私はウエディングプランナーの仕事をしています。 これまで沢山の幸せのお手伝いをさせていただきましたが、忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の十代で、可愛らし…

朝焼け(フリー写真)

天国の祖父へ

大正生まれの祖父は、妻である祖母が認知症になってもたった一人で介護をし、祖母が亡くなって暫くは一人で暮らしていた。 私が12歳の時に、祖父は我が家で同居することになった。 …

高校野球のボール(フリー写真)

本当の優しさ

大阪の藤井寺に住んで居られる原田さんというお母さんの話です。 息子さんは高校三年生。阪南大高校の野球部に入り、レギュラーを目指して頑張って来ました。 ※ 大阪府予選…

三毛猫(フリー写真)

幸せな猫の一生

僕はご主人様に拾われました。 毎日、おいしいご飯をくれました。 外で汚れたら、お風呂で洗ってくれました。 いつもいっぱい遊んでくれました。 たまにイタズラして怒…

色鉛筆で描かれた線(フリー写真)

弟の物語

私の家族は、父、母、私、弟の四人家族。 弟がまだ六歳の時の話。 弟と私は十二才も歳が離れている。凄く可愛い弟。 だけど私は遊び盛りだったし、家に居れば父と母の取っ組み…

ベンチに座る老夫婦(フリー写真)

最初で最後のラブレター

脳梗塞で入退院を繰り返していた祖父。 私たち家族は以前からの本人の希望通り、医師から余命があと僅かであることを知らされていたが、祖父には告知しないでいた。 「元気になって、…