最高の両親

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 | |

手を繋ぐ夫婦(フリー写真)

ある女性が学生の頃に暴行されました。

男性不信になった彼女はずっと男性を避けていましたが、会社勤めをしているうちに、そんな彼女に熱烈にアタックしてくる人がいました。

その男性の優しさや『こんな自分でも愛してくれるんだ』という気持ちから、彼と交際を始めました。

そして交際を重ねて二年、ずっと清い交際を続けてきた彼が、彼女をホテルに誘いました。

彼女は『大好きな人とできるのだから怖くない』と自分に言い聞かせましたが、やはりベッドの上でパニックを起こしてしまったそうです。

その時、彼は彼女が泣きながら切れ切れに語る辛かった過去を辛抱強く穏やかに聞き、最後に泣き伏してしまった彼女に

「ずっと大変な事を一人で抱えてきたんだね」

と頭を撫でたそうです。

そして彼女の頭を一晩中撫で続けながら、彼女に語りかけていたそうです。

「これからはずっと俺が守るから。もう怖い思いはさせないから。

焦る事はないよ、ゆっくりと解り合おう。

君はとても綺麗だよ、ちっとも汚れてなんかいないよ」

「ごめんなさい」

と繰り返す彼女に彼は一晩中優しく語り掛け、

「いつか、君が僕との子供が欲しいと思う時まで、心で深く解り合って行こうよ。僕が欲しいのは君の体じゃなくて君自身だよ」

と言い、その後、彼女と結婚するまでの五年間、おでこにキスくらいまでの清い交際を続けました。

結婚してからも焦る事なく、ようやく初夜を迎えることができたのは、結婚後二年が経ってからだったそうです。

そして、私と弟が生まれました。

弟が二十歳になるのを待って、母が初めて子供二人に語ってくれた話でした。

その話を聞いた時、母の苦しみや父の愛情、そしてそれに母がどれだけ癒されたのか、今ここに自分の生がある事の有り難さを知って、ボロボロと泣きました。

お父さん、お母さん、愛し合ってくれてありがとう。

更にその後、父とその件について話した事があったのですが、ホテルでの一件の後、父は結婚してから母を一人にする事のないように、自営業を始めるため五年間貯金をしたそうです。

開業資金、結婚資金が貯まって、母にプロポーズをした時も『一生子供が作れなくてもいい』と思っていたそうです。

実際、振り返ってみても、父と母はいつも一緒にいたところしか思い出せません。

そんな両親も今はこの世にはいません。

二年前に母がすい臓ガンで、昨年父が脳卒中でこの世を去りました。

母の命日に位牌を抱いたまま冷たくなっていた父を見て、弟と二人号泣しました。

「お父さん、本当にお母さんのことが大好きだったんだね」

と、大の大人が葬式でわあわあ泣きました。

法事まで母を一人にできなくて、同じ日に亡くなったのでしょうか。

私たちを叱る時、精一杯厳しくしようとして、出来なくて、目に涙を浮かべながら一生懸命大きな声を出していた父と、大きくなって「恥ずかしいよ」と文句を言っても、私たちの頭をよく撫でてくれた母。

本当に最高の両親でした。

ベンチに座る老夫婦(フリー写真)

最初で最後のラブレター

脳梗塞で入退院を繰り返していた祖父。 私たち家族は以前からの本人の希望通り、医師から余命があと僅かであることを知らされていたが、祖父には告知しないでいた。 「元気になって、…

手紙(フリー写真)

連絡帳の約束

俺が小学五年生の時、寝たきりで滅多に学校に来なかった女の子と同じクラスになったんだ。 その子は偶に学校に来たと思ったらすぐに早退してしまうし、最初はあいつだけズルイなあ…なんて思…

巣鴨の歩行者天国(フリー写真)

とげぬき地蔵様

私は小さい頃から中耳炎で、しょっちゅう耳が痛くなっては、治療のために耳鼻科へ行っていました。 小学校に入ると、私が耳鼻科に行くために学校を休んだり早退したりすると、クラスの子に …

ワイン(フリー写真)

ワイン好きの父

いまいち仲が良くなかった父が、入院する前夜にワインを取り出し、 「まあいつまで入院するか分からないけど、一応、別れの杯だ」 なんて冗談めかして言ったんだ。 こんなのは…

ビール(フリー写真)

恐かった父

私の父は無口で頑固で本当に恐くて、親戚中が一目置いている人でした。 家に行ってもいつもお酒を飲んでいて、その横で母が忙しなく動いていた記憶があります。 ※ 私が結婚する事にな…

ハンバーグ(フリー写真)

お母さんの弁当

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父が作っていた。 でも遠足などで弁当が必要な時は、母さんが頑張って作ってくれていた。 ※ 小学六年生の…

病院のベッド(フリー写真)

貴重な家族写真

俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある。 見た目は普通の写真なのだけど、実はその時父が難病を宣告され、それほど持たないだろうと言われ、入院前に今生最後の写真はせめて家族と…と撮っ…

家族の手(フリー写真)

幸せな家族

私は長女が3歳になった時に長男を出産した。 長男が生まれるまで、私と長女は殆どずっと一緒に居た。 夫が居ない平日の昼間は、二人だけの時間だった。 でも子供が二人になる…

チューリップ(フリー写真)

立派なお義母さん

結婚当初は姑と上手く噛み合わず、会うと気疲れしていた。 意地悪されたりはしなかったけど、気さくでよく大声で笑う実母に比べ、足を悪くするまでずっと看護士として働いていた姑は喜怒哀楽…

子供たち(フリー写真)

子ども達への無償の愛

『40年かけて35人の道に捨てられた子どもを拾い救って来た女性』 ある一人の女性に隠されたストーリーが、世界中に感動を与えている。 その女性とは、中国の楼小英(ロウ シャオ…